こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

初めてのMac

ずっとWindowsを使ってきましたが最近Mac Airのスタイリッシュな形に惚れ、買いたい衝動に駆
られています。しかし何せMacは未体験で何も分かりません。以下教えて頂けたら助かります。
1.普通に購入すればOfficeに代わるワープロソフトや表計算ソフトが入っているのでしょうか。
2.MacにもWindowsがインストール出来るとは知りましたが、折角のMacですからそのままのOSを
 使ってみたいとも思います。Windowsしか使ったことのない自分にもMacのOSが使いこなせるで
 しょうか。また使えるようになった場合、Windowsと比べて使い易さはどうでしょうか。
購入検討機種:MacBook Air 1300/13.3 MD761 J/A
幼稚な質問で恥ずかしいですがよろしくお願いします。

投稿日時 - 2014-01-22 00:32:31

QNo.8440817

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

MacBook Air 良いですよね^^


1.Officeに代わるアプリについて
Macの最新OSである、OS X 10.9(Mavericks)がインストールされているMacには、ワープロソフト「Pages」、表計算ソフト「Numbers」、プレゼンテーションソフト「Keynote」のフルバージョンを無料で使うことができます。MicrosoftOfficeとの互換性はありますが、完全互換ではないので、マクロが使えなかったり、表示が崩れてしまう場合があります。互換性にこだわるようでしたら、MicrosoftOfficeのMac版も有料ですが販売されています。

なお、購入したMacがOS X 10.9(Mavericks)ではなかった場合、AppStoreから無料でダウンロードすることができますので、ご安心下さい。


2.MacへのWindowsインストールについて
これは、VMware Fusion(有料)や、Parallels Desktop for Mac(有料)といったアプリを使ってMacOS上でWindowsを起動させる方法と、Macの基本アプリであるBootcamp(無料)を使って、MacOSとは別にWindowsOSをインストールする方法があります。

前者は、Macを使いながらWindowsも使えるので便利な反面、CPUやメモリーを共有しますので動作が若干重くなります。
後者は、完全にMacをWindows機としてOSを立ち上げますので、とても快適に動作します。インストールできるWindowsは、最新の8.1まで対応しています。

いずれにしても、WindowsOSをインストールすることでMacOSがなくなってしまうわけではありませんので、ご安心下さい。なお、Windowsをインストールしてしまえば、Windows版のOfficeをインストールすることも、もちろん出来ますよ。

使い勝手に関しましては、人によると思います。慣れている方が使いやすいと感じるでしょうし・・・。ただ、MacとWindowsの両方を使っている私の感覚では、Macの方が数倍使いやすく感じます。特にWindows8とは比べ物になりません。

質問者さんが、素敵なMacライフを送れるように願ってます。

参考URL:http://www.apple.com/jp/osx/

投稿日時 - 2014-01-22 07:05:27

お礼

回答ありがとうございました。
丁寧で分かり易い説明でよく理解出来ました。迷いながらも気持ちは購入に
傾いている為、後押ししてくれるようなアドバイスは大変ありがたいです。
特にOSに関しては知らなかったことが多かったので大変参考になりました。
Macライフを通じてMacファンになれるよう自分に期待したいです。

投稿日時 - 2014-01-22 08:52:00

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

>MacにWindowsをインストールするなどは邪道なのでしょうか。またドライブを持たないAirに今利用のプリンターをセットアップするにはどうしたら良いのでしょう。

MacにWindowsなんてクソOSをインストールするなんてヘドが出るとか言うような偏狭的で狂信的なApple信者でも無い限り邪道でも何でもありません。
それどころかApple自身がWindowsOSをインストールする仕組み(Boot Camp)を用意しているのですから。
プリンターのドライバーはOSが標準で持っていますが、大抵はメーカーのHPにドライバーがあります。
私は現在ディスクドライブを搭載していないMacを約1年ほど使っていますが、これまでにEPSON、Hewlett-Packard、NEC、KONICA MINOLTA等のインクジェット、レーザープリンターや複合機を利用していますがプリンターにしろスキャナーにしろ全てオンラインでドライバーを入手しています。
この期間ほぼディスクドライブを利用していません。
これは飽くまで私の環境であって、どうしてもディスクドライブが必要な人もいるとは思いますが、プリンター利用程度なら無くても問題ないでしょう。

これまでの私の回答はどちらかと言うとApple寄りの様に感じるかも知れませんが、前に回答したようにこの手のMacに興味を持ったから欲しいと言う質問に対してこれまでもMacを強く勧める事はありませんでした。
場合によっては「やめとけ」と言うスタンスです。
人によってはMacに馴染む人と馴染まない人もいますから。
しかし、Macに対して一目惚れしたとか、どうしても気になるとか、そう言った感情を持ってしまうと、ここの様なところで質問してその回答がネガティブなものしか無くて結果としてWindowsPCを使い続けたとしても心のどこかに「Macってどうなんだろう」と言う感情がくすぶり続けると思うのです。
つまり買って後悔するか、買わずに後悔するかなのです。

投稿日時 - 2014-01-24 00:17:55

お礼

質問にお答え頂き、大変感謝致します。
Windows利用、プリンターセットアップに関してまたしてもハードルを越えることが
出来ました。一方、冷静で客観的な姿勢もお持ちで、どうしてもMac欲しさに視野が狭くなりがちな自分が一歩引いてMacを眺める立場にも立つ事が出来たのはアドバイスのお蔭と本当にありがたいです。ベータとVHS戦争,プラズマと液晶戦争、選択に悩みつつ結局両方を使ってきた体験がまたしてもWinとMacに言えそうです。
それにしても「買って後悔するか、買わずに後悔するか・・・」はグッと背中を押された思いです。(笑)

投稿日時 - 2014-01-24 09:09:26

ANo.5

ちょっと補足です。

MacはOSのバージョンを上げるとソフトや周辺機器が対応出来なくなると言う話がありますが、実際は極々一部の話で、大半は問題なく動作します。
私は20年以上のMac歴がありますが、一般的に販売されているプリンターやスキャナー、或いはビデオカメラでOSをバージョンアップしたからと言って使えなくなったものは一つもありません。
極くたまに10年以上前のOS9の頃のドライバーしかない特殊な装置であるとか、音楽系のものが対応していない場合がある様ですが、これらを利用しないのであれば何の影響もありません。

ソフトに関してもそうです。
動作しなくなるのは解っているものが大半です。
例えばかなり古い話だとMotorola68kのCPUを搭載していたSystemとか日本語版は漢字Talkと呼ばれていた頃からもっと性能の良いIBM、Motorola、Appleの共同開発のPowerPCに移行した頃、Appleは旧来のソフトが使えるような仕組みを用意していました。
その後、これまでのOSではジリ貧である事は火を見るより明らかで、現在のOSXを開発しました。
根幹から違うOSですからこれまでのソフトは全く使えません。
しかしAppleは「Classic環境」と言うエミュレーション環境を用意して、これまでのソフトが使えるようにしていました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Classic
これはOSX10.0から始まって、10.4まで搭載されていました。
10.4の頃にIntelのCPUを搭載したMacが登場しましたが、流石にこれはOSもCPUも違うのでこれにはClassic環境は搭載されていませんでした。
しばらくの間このPPCMacとIntelMacが併売されていました。
これもCPUが違うのでこれまでのPPCMac用のソフトはIntelMacでは使えません。
ここでもAppleは「Rosetta」と言う仕組みで対応していました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Rosetta
これも10.7から廃止されましたが、上記のように突然使えなくなったのでは無くAppleはちゃんと移行への猶予期間を何年も設けていたのです。

昔はMac専門誌で、現在ならネットでもこれらの情報が入手出来ます。
このへんをちゃんと調べておけば騒ぐ事はありません。

フロッピーディスクやPS/2等のマウス等が使えるように古いインターフェイスをずっと搭載していたり、昔の資産を使う人が最後の一人になるまで残しておくのがWindowsの文化なら、常に良いものを求めて足枷となる古いものはバッサリと切り捨てる文化がMacなのです。
その文化の違いを楽しめればあなたのMACLIFEはより良いものとなるでしょう。

投稿日時 - 2014-01-23 00:15:16

お礼

補足説明ありがとうございます。
不安がまた一つ減りました。いろいろアドバイスを聞く上で気になってきたことは
MacにWindowsをインストールするなどは邪道なのでしょうか。またドライブを持たないAirに今利用のプリンターをセットアップするにはどうしたら良いのでしょう。

投稿日時 - 2014-01-23 09:04:50

ANo.4

Macのシェアは、ウェブサイトアクセスの記録から推算した数字で9%程度(日本)
ですから、11人に一人くらいはMacを使っていける程度に、普通に使えます。

もともと、Windowsのユーザーインターフェイス(UI)は
対応ハードウェアのシェアの上に普及してきたものです。
当時のPCの世帯普及率は1割に満たないものでしたが
その中で、糞のように高価すぎたMacに比べて、
のちのWindowsPCとなったIBM PC/AT互換機は、圧倒的なシェアを持っていました。

それゆれに、そのIBM PC/AT互換機でWindows3.1は、糞のようなUIながら
市場に浸透していき、95,98,Me,XP,7,Vista,8と続き 現在に至ります。
MicrosoftがデザインするUIが優れているわけではありません。
それは、Windows8のUIにアレルギーを起こしている人の多さからもわかるでしょう。
Vistaに限らず、7はXP,XPも2000と比較されて、よけいな重いGUIになったと蔑まれたりもしたのです。


Macは、高価なハードウェア、シェアの低さを上回る魅力を
UIと、ハードウェアデザインなどによって実現し
同様のintel系CPUを使うようになってからは、性能の不安を払拭し、シェアを伸ばしてきました。

それだけ、優れたUIがありますし、Microsoft社やApple社が無かったころからある
伝統的なUNIXを基礎としたMacOSXは、堅牢性も高く、技術者の支持をも得るようになりました。
未だにMacOSXになるまえの旧世代のMacを愛する人もいますけどね…


ただ、それでも、逆にシェアが9%程度しか無いのも事実です。
その問題がどこにあるか?を考えれば、リーズナブルであるかどうか?という点にあるでしょう。
OSの比較ではなく、パソコン本体の運用コストという視点がMacのシェア拡大を阻んでいます。

割高感のある価格でも…「高くてもいい物を買えば、長く使える」
コンピューターに限らず、いろんな分野でよく言われることです。

そういった考え方で、高価だからこそMacに安心を感じている人もいるでしょう。


ただ、それが、実際に結果として納得のいくものであるかどうかは、個人差も大きなものです。
たとえば、つい先日の記事で、こういう報道があります。
http://gigazine.net/news/20140120-macbook-pro-gpu-glitch/

MacBookProは、Macの主力モデルとも言えるものですが
これが3年ほどで、重大なトラブルを起こす事例が多いだなんて噂が立つようでは
「3年で買い換える前提で考えるべきでは無いか?」という話になります。

3年で買い換える前提の価格として、それが妥当に感じられるかどうか?
そこを充分に考える必要があるでしょう。


もちろん、Macも標準の保証を、AppleCare Hardware Protectionを購入(契約)することで
3年に延長し、自然故障については充分な保証が得られます。

ただ、ThinkPadやLet'snoteなどに用意されている
過失事故や天災などによる破損についての保証が、AppleCare Hardware Protectionでは得られません。

Airを選ぶ人の多くは、持ち歩くことを想定しているでしょうから
過失事故による破損が、起きないという考え方は難しいでしょう。


過失事故や水没に備える保証が無いのは、ラップトップを主力とするメーカーでは少数派です。

ThinkPad,Let'snoteなどの堅牢を売りとしてきたブランドに限らず
VersaPro,dynabook,VAIOなどにも、そういった偶発的な事故に備える保証があります。
(全機種に追加できるようになっているかどうかまでは確認していません)

こういうサービスは、コスト上の仕組みから、自社で提供していなければ
サードパーティーから提供されることは普通ありません。


3年あるいは4年までは、落っことしても、急な大雨でずぶ濡れになっても
保証で無償ないし安く修理できるという安心感を…

とりたてて必要なものと考えない人は、安心してMacを選んでいいでしょう。


Macを使う上で、慣れないための問題がおきることはあるでしょう。
しかし、それがWindowsに慣れていなかったころの苦労に比べて大きくなることはありません。

あるとしたら、Windows特有の常識を、パソコンの常識と勘違いした時くらいのものです。
それには、WindowsでしかできないことをMacでできないという戸惑いも含まれます。


まぁ、昔Windowsしか使ったことが無い人が、Windows95登場に浮かれて
当時の、マウスのボタンが一つで、右クリックが存在しない旧世代のMacを見て
「右クリックがあるWindows95は優れている」と勘違いした話がありました。

ですが、Windows95が1995年に実現した右クリックによるコンテクストメニューは
Macが1980年代から使ってきた、プレス操作によるコンテクストメニューと大差ありませんでした。

携帯電話の長押し、スマフォでのロングタップは、旧世代のMacのプレス操作の焼き直しですが
そのくらい、教わらなくてもなんとなく扱えたという人は多いと思います。良いUIデザインなのでしょう。


また、Windows95よりずっと前に、UNIXでは3つボタンのマウスが当たり前で
それと同様のことをWindowsパソコンでやるためには
二つのボタンを同時に押す"中ボタンエミュレーション"が必要になりました。

Wheel付きマウスが広まり、その後でやっと中ボタンが備わったわけで
Windowsパソコンは、他のOS環境に比べて、進化が遅れた面も多々あるわけdす。


Windowsしか使ったことが無い人は、Windowsの常識が
パソコンの常識かのように錯覚し、違うアプローチがあることを知らないことも多いのです。


そういった違いがあることを前提にMacに触れることは
外国人と付き合うのと、似たようなところがあると思います。

まったく違うOSでも、慣れれば、良い奴だったりするものです。

投稿日時 - 2014-01-22 21:40:05

お礼

回答ありがとうございました。
なかなか深い考察で、こういう方向のアドバイスが得られるとは思っていませんでした。MacとWindows・・・これからも永遠のテーマかも知れません。でも大分MacOSにも期待したい気持ちになりました。

投稿日時 - 2014-01-23 08:53:45

ANo.3

じゃあ、止めときなさい派?のアドバイスです (^_^;

1.のような、というソフトはあります、officeのデータも読み込めますが、officeとは完全互換ではありませんので、読めない場合もあります、こちらで作ったデータを他の人とやり取りするのであればMac用のofficeを別途購入したほうがいいですよ

2.有料の方法と無料の方法がありますが、インストールができるソフトと出来ないソフトがあるので、注意が必要です、またwindowsよりも遅くなるソフトもあります

MacのOSのままで使う場合はMac用のソフトを新たに買い求める必要があります。

Macのバージョンアップは、動かなくなるソフトや機器があるので注意が必要

1つのOSを使い続けるのであればいいのですが、バージョンアップするとプリンターが使えなくなるとかソフトが動かなくなると言う事がよくあります、また購入した周辺機器が次のバージョンでは使えなくなる事もあります

そして最近のMacはモニターの色がバラバラですから、ハズレの製品を買ったらなきます。

あと、Windowsと同性能なら、購入価格が高いです。

周りにMac使いの人がいますか?判らない事がすぐ聞ける人が居ないと大変不便ですから

投稿日時 - 2014-01-22 10:24:53

お礼

回答ありがとうございました。
う~ん、厳し目のご意見ですねえ。でもこういうアドバイスも大切で、謙虚に
受け止めたいと思います。実は購入希望に至る動機の一つにiPadの利用で
Apple製品を身近に感じるようになったことがあります。iPad2,iPadmini,iPadmini Retinaと買い換えてきたのですが2台目のiPadminiでひどい目に会いました。
不具合が直らず新品取替えまでしたのですが取り替えた方も同じ症状が出て・・。
そういう体験でApple製品に少し「?マーク」が点っていましたのでueshita123さんの
ご意見がすごく良く理解出来ます。タブレット以外にも製品の問題があるのですね。
今は欲しい欲しいで視野が狭くなっていますが、一度冷静に考える時間も持ちたい
と思います。

投稿日時 - 2014-01-22 16:02:44

ANo.1

まぁ何と言うかMacintoshカテではFAQと化している質問です。
過去ログにあなたと同じ様にMacが気になるとか恰好良いから欲しいとか言う方の質問が沢山ありますから一読されてください。

まとめると、Windowsにどっぷりの人はどうしてもWindowsの作法でMacを操作しようとしてドツボにはまる。
逆に柔軟な方ならMacとWindowsの違いを楽しめる。
Macの場合何故か古い情報を今でも信じている人が多く、役に立たない回答もあるので注意。

1.Mac版のMSOfficeはあるが互換性は完全では無い。
MacにはiWorkがある。
http://www.apple.com/jp/support/iwork/
※確かこれまでは有料だったのが、新しくMacを買うとバンドルされていた筈。

2.上記のようにあなた次第。
そもそも使い易いかどうかは個人個人で違うものです。
私なんか支給されたWindowsのあまりの使い難さに自腹でMacを購入して会社で使っているほどです。
逆にMacにどうにもこうにも馴染めない人もいるでしょう。

Windowsからのスイッチユーザに紹介しているサイトです。
http://nmuta.fri.macserver.jp/wintomac-index.html
若干古いものですが、大筋では今でも変わっていません。

投稿日時 - 2014-01-22 01:29:14

お礼

回答ありがとうございました。
日頃過去ログはよく見る方なのですが、今回はつい的確な情報が知りたく、
質問してしまいました。大変冷静で客観的なご意見を頂き、感謝しております。
スイッチユーザーのサイト紹介等大変参考になりそうでこれからゆっくり
拝見させて頂きます。

投稿日時 - 2014-01-22 08:38:12

あなたにオススメの質問