こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

和訳 Some

Some foreigners say that when they listen to Japanese people speaking , they are ((1))
to follow their logic and don't even understand what is being discussed .
Why does this happen?
Well western logic in communication is constructed and understood in a different manner than that of Japanese.
A typical western approach for communicating a set of ideas is by saying the main point first.
In ((2)) words , start with the most important idea and then support in with
other points and example.
At last , a conclusion and perhaps a summary are offered.
If you hear the Japanese approach being used, you may find that the first sentences given contain background information and that the main point is often not there at all.
This approach of constructing ideas is called Ki Sho Ten Ketsu ,Ki refers to the starting point mentioned above, when general background information is given .Sho refers to the speech that supports the Ki part.
At this stage,it is still quite difficult in many cases to ascertain when the main point is.
And what's even more confusing is the part known as Ten,which provides a completely
((3)) story or idea from what is grasped through listening to the Ki and Sho parts.
The conclusion is called Ketsu.
When listening to thispart,you will discover that the three parts before it support a main idea,which at last is given in this final part.
In Japanese it is always recommendable to hold onto your questions or comments until the end of what is being said.
Of cとourse,this goes for visitors in Japan,too.
Dont't expect to be interrupted while you're speaking.Remember,silence is considered golden when other people are engage in anything from a presentation to a story.

☆和訳と和訳時の注意点を
分かりやすくお願いできますか?

☆((1))unable ((2))other ((3))easy で
合っていますか?

以上、宜しくお願いします。

投稿日時 - 2014-01-10 10:12:18

QNo.8423067

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

(1) unable (2) other (3) different

日本人が話すのを聞いていると、日本人の論理について行けないし、何が話し合われているのかさえ理解できないという外国人もいます。なぜこうしたことが起こるのでしょうか?西欧のコミュニケーションの論理は、日本人の論理とは異なって構築され理解されるのです。一連の考えを伝える典型的な西欧のやり方は、最初に要点を述べることです。言いかえれば、最も重要な考えから始めて、その後、他の論点や例を使って補強します。最後に、結論と、おそらくは、要約が提示されるでしょう。

日本的なやり方が用いられているのを聞けば、提示される最初の文章には、背景情報が含まれ、要点は、しばしば、そこには全くないことに気づくかもしれません。この様に考え方を構築していくやり方は、「起承転結」と呼ばれます。「起」は、上述の最初の部分を指し、この時に、一般的な背景情報が提示されます。「承」は、「起」の部分を受ける発言を指します。この段階でも、多くの場合、いつ要点が述べられるのか確認することは、まだとても困難です。そして、もっと複雑なのは、「転」として知られている部分です、ここでは、「起」や「承」の部分を聞いて理解したこととは、まったく異なる話や考え方が提示されます。結論は、「結」と呼ばれます。この部分を聞いて、それ以前の3つの部分が、要点を支えていることが分かります、要点は、この最後の部分でようやく提示されるのです。

日本語では、質問や意見は、発言の終わりまで控えることが常に推奨されます。もちろん、このことは、日本を訪問している人にも当てはまります。発言中に、中断させられることを予想してはいけません。忘れないでください、他の人が、発表や話し等をしている時には、沈黙が、金だと考えられているのです。

☆カッコ (3) に関しては、... a completely (3) story or idea 【from】 とありますので、この from から、different を入れるのがよいと思います。

投稿日時 - 2014-01-10 11:07:03

お礼

短時間でご返答を頂けた上に
とても理解しやすい訳だっので
本当に助かりました!
ありがとうございます(^ー^*)

投稿日時 - 2014-01-10 12:41:16

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)