こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

IPAmjフォントの異体字がうまく表示されない

IPAmjフォントの実装について教えてください。

後述の手順でIPAmjフォントを実装したのですが、
あと一歩のところでうまくいきません。しんにょうの下の方が表示されません。
この解決方法や原因は何なのでしょう?


わたなべ(邉の異体字)を入力したいのですが、
やはり外字エディタを使うしかないのでしょうか・・・(*_*)


【実装の手順】

IPAmjフォントのインストール(IPAより)

Unicode IVS Add-in for Microsoft Office 2010(Microsoftより)
※Microsoft Word 2010のバージョンから32bit 版だとわかったので、Add-inはx86を選びました。

.NET Framework 4.0のインストール(Mcrosoftより)

サンプルファイルの確認
http://ivsaddin.codeplex.com/ (copylite:2006-2013 Microsoft CodePlex)より)

投稿日時 - 2013-12-07 19:56:24

QNo.8377160

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

外字エディターでの作字について:
デフォルトでは64×64の方眼ですので、ゴシック系以外ではきれいな字が作れません。
これを128×128にすると、いくらかましになります。
ただマス目の数が4倍になりますから、シンボルマークのようなものを白紙の状態から作字する場合には、手間がかかります。
また256×256はディスプレイが大画面でないと、マス目が点のようになって、作字や修整が困難です。
このBitmapSizeの変更は、XPでは eudcedit.ini の書き替えでできたのですが、Vista / 7 ではレジストリの編集によらなければなりません。
下記Webページの最後に記載されています。
http://www10.plala.or.jp/koin/oboegaki.html
なおまだ1字も外字を登録していない段階では
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\eudcedit
のeudceditがありません。
BitmapSize=64のままでシフトJIS:#9040にダミーの外字を登録すると、eudceditが出現します。
BitmapSize=128に変更してから外字エディターを起動し、#9040に正式に登録したい字を編集して「同じコードに保存」

参考画像:
BitmapSize=128 で仮に作ってみました。
合成したままではなく、横画は太くなりがちなので1列減らすなどの修整を加えています。

投稿日時 - 2013-12-15 06:33:38

お礼

お付き合い頂きありがとうございます。
そして、またまたお礼が遅くなってしましました。

今この度の当方の“わたなべ問題”は外字エディタを使って対処しました。

外字エディタについて、編集画面の画素数を変更できるのですね。
レジストリに手を加えることに対してはビクビクするPC初心者ですが、
コンピュータは奥が深いなぁと、感じています。

なべ、きれいですね!
外字エディタではフォント毎に編集する必要があり、
(↑それは当然だということはよくわかります)
フォントを作成している方々の並々ならぬ苦労が垣間見えます。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-12-25 00:05:26

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

#2にミスがありました。
「邉」の最後、デフォルトのJIS字体のまま変換されていません。
#1のメモ帳のようになります。
ATOK2013です。

投稿日時 - 2013-12-08 04:48:13

お礼

お礼が遅くなりました。

garamondさんの回答を参考にして、
word以外でも試してみました。
私の場合は、
wordやexcelではやはり下の部分が表示されませんでした。
しかし、ワードパットでサンプルファイルを開くと、
きちんと表示されました。

だから、フォント自体はもちろんインストールされて
処理する機構は整ったけれど、ソフトによっては
(wordやexcelでは)表示の処理にまだ問題あり

ということなのかなぁと感じています。


仕方がないので外字エディタの使用を検討していますが、
“下の方がほんの少し”というのはなぜ?
はがゆさが残ります。


丁寧に回答、検証までしていただきありがとうございました。

投稿日時 - 2013-12-13 23:30:18

ANo.2

#1です。
『一太郎2013 玄』では、メモ帳同様、アドインなどは不要で、異体字選択子補助 (Microsoft IMEでは「バリエーション セレクター補助」)により変換されます。

投稿日時 - 2013-12-08 04:13:09

お礼

ありがとうございます。

#3にてお礼させていただきます。

投稿日時 - 2013-12-13 23:32:01

ANo.1

実際にリストの中の必要な異体字を選択して、入力してごらんになったでしょうか。
私はWord+アドインの検証はしていませんが、Windows 7のメモ帳で、添附画像のように表示でき、PDFにしてもその通りに表示されています。

投稿日時 - 2013-12-08 03:18:03

お礼

ありがとうございます。

#3にてお礼させていただきます。

投稿日時 - 2013-12-13 23:32:18

あなたにオススメの質問