こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

死後数週間での発見

親戚の遺体が発見されました。
警察や医者の見解によると、死後3週間以上を経過しているとの事。
解剖もしていないので、死因もはっきりとはしません。

死亡診断書によると、内因性急死。事件の可能性は無いとの事でしたので
近親者の希望でもあり、解剖しての死因の特定はしていないです。

遺体の発見時、ベッドの上に上半身、膝から下はベットの下へだらんと足を伸ばした状態。
顏は茶色に変色、眼球はペッタンコ....不謹慎な例えかもですが
牛乳瓶のせん....みたくなっていました。
発見者によると、膝から下はかなり水分を含んで膨張していたそうですが
上半身の膨張はなかったとの事。

不思議なのは、腐乱していない?素人判断ですけど...腐っていなかったように思えます。
臭いもほとんど感じられず....ベッドに敷いたマットと敷き布団に、少しばかり体液のような物が
しみている後はありましたけど....さほどでもなく、布団なども特別臭いませんでした。

解剖をしていないので死因の特定は難しいと思いますが
可能性のある死因とは何でしょうか?
高血圧以外の持病は特にありませんでした。

また、死後数週間も経つのに、腐乱もせず、臭いもほとんどしない...なんて事があるのでしょうか?

不思議でしかたありませんので、何か参考までにお聞かせいただけないでしょうか....。

投稿日時 - 2013-11-26 00:22:02

QNo.8362127

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

法医学の専門家ではないので何とも言えませんが、部屋の気温、湿度、バクテリア、昆虫の有無などで相当変わってくるようですね。経過した時間は、見た目では判断できないのが実情のようです。

ひょっとすると、足を下にたらしていたことで、水分が下へ移動し、上半身の腐敗が防げたのかもしれません。

投稿日時 - 2013-11-26 07:57:03

お礼

死因の特定も出来ず、詳しい事もわからないような
曖昧な質問にお答えいただきありがとうございます。

貴重なご意見をいただきました。

ありがとうございます。

投稿日時 - 2013-11-26 22:56:54

あなたにオススメの質問