こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ネイティブは熟語をどのように?

ネイティブは熟語をどのように認識するのでしょうか?

I am running.だとすぐわかりますよね?
I am running for President.だと、一瞬あれ?ってなって、
あ、そうそう、run forってあったよなぁ、って感じになる日本人もいるかと思います。
元の意味から離れる熟語って、前から英語を読んでいると、熟語であることを忘れやすい?組み合わせってありますよね。
ネイティブは、I am runningの時点で、走っている、とは思わないのでしょうか?
紙で隠してまえから1語ずつ見せたら、どうなると思いますか?
視野が広い、と言うのは聞きますので、その回答を求めてはいません。
まえから1語ずつ読んだ場合の認識の仕組みが知りたいなあと思いました。
やはり、forを見て、0.1秒くらいで認識が変わるのでしょうか?

投稿日時 - 2013-11-17 22:24:16

QNo.8351512

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

ネイティブでなくても、長年英語で考え、英語を使ってきた私のような者でも、I'm running for President. を瞬時に意味を捕えることができますが、それを説明してみましょう。

まず、あなたの言うような、run forなどという捕え方はしません。むしろ、I'm running と言った後、for Presidentと付け加え、その瞬間、move very fastという意味であり、具体的にはon footのような意味合が出るrunのon footの部分がとれ(それは抽象化されるということ)、for President(presidentを求める)と連動して、
president(冠詞がないので、その役職につくことを求めてrunするーーすなわち、大統領になることを求めて、選挙運動を推し進め、「突っ走っていく」、アメリカの大統領選挙であれば、選挙キャンペーンを「推し進めていく」みたいな捕え方になると思います。あるいは、学生であれば、生徒会の選挙など、ポスターを貼ったり、立候補・立ち会い演説会をしたり、そういうことをして選挙当日までrunするというイメージがあります。
run forで「立候補する」という別の意味に変容するという感覚はなく、むしろ、具体的な意味→抽象的な意味というような変換があるというのが、ネイティブの感覚です。

1つ、あなたの考え方で気になるのは、run for=熟語ーーという見方です。これは、切り具合がネイティブの感覚とずれている気がします。ネイティブはrun / for . . . と、あくまでここで切るという感覚です。

たとえば、中学生が初期段階で習う"look at" "listen to"なんていう「熟語」の感覚も、実は、look atとかlisten toとかいう括りではないのです。
look = 目を使う(use eyes)であり、その目の「焦点があたるところ」がatで示されるので、atを使ってat the treeとなるのです。look して、「木に焦点を当てる」みたいな感覚です。ですから、Look at the tree!と言えば、まず、Lookで、目を使いなさいーーという意味なので、目を使ってきょろきょろ見ることになります。背後を見るのか、上を見るのか、足下を見るのか、とにかく目を使う。そして、その目の焦点を合わせるべきところが、お互いにあれだとわかる(theの意味)木だというわけです。

listenは、こんどは耳を使う、耳をすますーーということになります。聞こえてくる音が、17m向こうの木だーーというわけにはいきません。音の場合は、視覚的な映像と違い、主に方角で関知します。そこで、耳を使っていて、その聞こえてくる音をとらえ、どの音かな、ああ、木の方角に耳をやれば、木の方角から音がしている。Listen to the tree.ということになります。(木にカラスがいて鳴いているとか)。

つまり、ネイティブは決してlook at. . .とかlisten to . . . という感覚でなく、look / at . . . とかlisten / to . . . という感覚が根底にある(ただし、look とat, listen とtoは強く結びついて意味を形成するということは、その通り、あくまで意味の括りとしての切り方の問題)のです。

★ネイティブは、I am runningの時点で、走っている、とは思わないのでしょうか?
→runの意味が、具体的なmove fast using feetのようなものから、using feetがとれて、抽象的な意味になるーーというのが繰り返しになりますが、ネイティブの感覚です。

★紙で隠してまえから1語ずつ見せたら、どうなると思いますか?
→とりたてて困ることや、意味を変えてしまうことは、ありません。runの後に自然にfor Presidentと持ってくれば、それを自然に、抽象度が高い表現として受け止めるだけのことです。

以上、ご参考になればと思います。

投稿日時 - 2013-11-18 01:50:55

お礼

lookやlistenの感覚は、私も自然と身に付いていたので、ご説明が良くわかります。私の感覚が正しい事も認識で来てうれしかったです。
しかし今回のrun forは、まだあんまり見慣れていなかったせいか、完全に日本人英語の感覚しかありませんでした。
runningでいったん切っても分かるようにならないといけなかったのですね。
英語の根本の意味と言うか、改めて頭の使い方を認識させられるご回答でした。とても参考になりました。
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-11-19 20:16:16

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

一文を紙で隠して一語ずつ見せるのなら、別に外国人でも母国語として話す人でも特に差はありません。ご自身が日本語で一区切りずつ見せられた事を考えていただければ理解できると思います。勿論 I am running の後に for が来れば何に立候補するかとすぐに予期しますが。

どの言語にも拘らず、また読む、聞くに関係無く、reader/listener はその前の情報、context (文脈/脈絡) で意識にはのぼっていなくても、ある程度次のフレーズ、言葉を予期する事が多々あります。ですから話者がある単語を思いつかなくて口ごもっている時に「xxxでは?」とご自身が言った事はありませんか?同じ様に小説を読んでいたり、話を聞いていれば、I am running と目にまたは耳にしても、走る事が関係しているかいないかはもう分かっていますし、政治家、世相の話であれば、全文を読む、聞く前に薄々は予期していると思います。

でもご質問には一つの文を隠して一語ずつ、とあるので、それでは文脈も、その前の背景も分からないので、それを読んでいる人物の母国語に違いはあっても、反応にはあまり大きな違いは無いと思います。

投稿日時 - 2013-11-18 02:52:51

お礼

文脈があるとおっしゃるように推測してますね。日本語。
英語だとまだ推測するほどの余裕がないのかもしれません。
突然、意味不明に陥りました。なぜ走る? あ、そっちか。みたいな。(笑)
今後はもっと頭を使って読まないといけないのかもしれませんね。
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-11-19 20:19:16

ANo.3

「選挙に出る」「大会に出る」「外に出る」「旅に出る」「(~が)表に出る」「顔に出る」「世に出る」「口に出る」・・・

たぶん「に出る」という部分は文法的に同じ使い方なはずです
でも各々意味は違います

英語でも同じことです

投稿日時 - 2013-11-18 00:11:53

お礼

なるほど。
出る、と言う意味で考えると共通するみたいですね。
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-11-19 20:08:19

ANo.2

I am running の時点で、「走っている」と当然思うでしょう。しかし、これが奇妙に響くのは、「走っている」と"running"の意味範囲が同じでないためです。

「走っている」が「出馬」を含む意味を持っていると想定して考えてみれば、これは奇妙なことではないと思えるでしょう。

日本語の「せる・させる」は、英語から考えれば、非常に広範な意味を含んでいます。なぜなら、make, have, let, getをすべて含んでいます。私の知り合いの日本語学習者は、この峻別が難しいといっていました。しかし当の日本人である我々は、日本語基準で考えるために、それが広範な意味を含むとは考えず、make, have, let, getをすべて含んでいるといわれても、この4つの単語に共通している部分を日本人はみているので、分割することを面倒に感じるのです。

running と「走っている」もこれと同じことです。running はそもそも潜在的に「出馬」の意味を含んでいて、後に for、そして選挙関連の特定の名詞が続けば、それが「出馬」のことだとわかる訳です。英語ネイティブのひとはきっと、「走る」と「出馬」は分割することを難しいとまでは感じなくても、そもそも共通する部分をみているので、分割する必要性は感じないでしょう。

はじめに便宜的に「走っている」と思うだろうと書きましたが、これはより正確には「”running”なのだ、とおもうだろう」ということです。

以上が私の理解です。

投稿日時 - 2013-11-17 23:33:03

お礼

なるほど。意味の分割の必要がないほどに通った、
または同一視出来てしまう内容と言うことなんですね。
出馬は、競走馬のイメージを持てば、誰が一等になるかは、
選挙の出馬に似てますね。
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-11-19 20:07:05

ANo.1

日本語だと述語や動詞が文の最後なので、これが出たらはい、おしまいとなりますが、英語では動詞の後にダラダラ続くのが普通ですから耳を凝らして待っているんだと思うのです。

runningだけで終わることは二歳児でなければ珍しく、場所や時間や副詞や形容動詞などが後に続きます。

なので、前から見て行くという近視眼的でなく、最後まで徐々に加えて行く距離感を持った見方と解釈なのでしょう。

投稿日時 - 2013-11-17 23:13:40

お礼

なるほど。
私がまだ2歳児程度の文を期待していると言うことかもしれませんね。
もっと凝った会話を期待すると、柔軟に対応できそうですね。
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-11-19 20:01:41

あなたにオススメの質問