こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

社長への商標権使用料支払いは別税金換算?

こんにちは、

現在会社の経理をしているものなのですが、
現在、私の会社では以下の状況です。

 「社長は月額報酬をもらっている(損金換算するため一定の金額です)」

 「社長はある商標権を持っており、
  それを会社が使用していて、売上の3%を商標使用料として支払っている
  (厳密に言えば社長の父親が商標を持っていたのですが、
   お亡くなりになり、商標を譲渡されました)」

以前は、「社長」と「社長の父親」は別だったので、
 社長には「報酬」に対して源泉徴収
 社長の父親には「3%」の使用料に対して10%の源泉徴収
をとっていたのですが、同一人物になった場合
どのような処理をすればよろしいのでしょうか?

1)給料と使用料は別扱いでそれぞれ源泉をとる

でよろしかったのでしょうか?
またその際に、給与以外に社長に金額を支払うのですが、
全額損金換算
(給与も一定なので損金ですし、商標使用料も損金換算している)
という考えでよかったでしょうか?

詳しい方、よろしくお願いいたします。

 

投稿日時 - 2013-11-11 17:49:35

QNo.8343287

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

 商標権の使用料は、所謂役員報酬とは別物です。

 また、支払先が変わったからと言って、その処理が変わる事はないでしょう。
 
 従って、お考えの通りの処理でよろしいかと存じます。

 例えば、社長個人所有の土地を会社が借りていれば、賃借料としてお支払いしますでしょ?

 この場合、役員報酬(一定の要件の元)も賃借料も損金経理されます。



 

投稿日時 - 2013-11-12 09:01:47

あなたにオススメの質問