こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

父を亡くした寂しさ

父ががんで亡くなり一週間が経ちました。
最初は辛くて涙流すばっかりでしたが、今は
辛いってより寂しくて堪りません。
家に居ても、外に居ても父の影が消えません。

浮かぶたびに寂しくて淋しくて…

本当いつになれば、少しは楽になれるのだろうか?

投稿日時 - 2013-11-04 13:13:38

QNo.8333501

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

私は20年前に父をがんで亡くしました。突然その日がやってきました。
今も記憶は飛び飛びです。お葬式までの間、お葬式から後のこと、あまり思い出せません。身内の葬儀なので、親戚達の相手もしなくてはならなかったので、哀しくてもあまり一人で考える時間もありませんでした。

1週間経つとぽかりと穴ができました。そして、後悔や寂しさ。トイレ、お風呂、家、会社問わず、一人になるとどっかりと気持ちが襲ってきました。まだ病院にいるような感覚さえすることがありました。そして、入院中の何か思い出すきっかけ(病院の最寄り駅、遺体を家に連れて帰った日の朝の空気など)があると、何とも言えない空気が来ます。それは時間が後になればなるほど強くなりましたが、少しづつ反芻をするかのように、自分のお腹の中へ降りて行きました。

未だに寂しい時があります。もっとこうしてあげたかった、と思うこともあります。でも、父がしてくれた事に感謝をすることも多くなりました。

大事な方を亡くされたので、しばらくは寂しくて、それが辛くてたまらないと思いますが、我慢せずに泣いたり、誰かに話したりして気持ちの出るままにして下さい。
ただ、寒くなる時期なので、身体にだけは気をつけて下さい。

投稿日時 - 2013-11-04 17:27:00

お礼

ありがとうございました。本当にその通りです。未だに現実とは
思えなくて、父はまだ入院中って気がしてるんです。

投稿日時 - 2013-11-04 22:47:12

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

悲しさ、辛さ、寂しさ等は全て時間が解決します。死んだら無です霊も魂もそんなものはこの世に存在しません弱い人間のたわごとです惑わされてはいけません、強くなるのです悲しんでいる貴方を亡父が喜んでいると思いますか?そんな事は絶対にありません。これからも何度も辛い悲しい事に出会いますその度に乗り越えて強くなることで人生を知るはずです、生きている貴方は今を大事に無駄のない人生を送る事を教えてくれているのです。青空をみて散歩でもしながら新たな気持ちで前に進みましょう、留まってはいけません。人は誰かの為に生きているのです自分が旅立つまでその役割を果たして行けば後悔する事も無く全うできるはずです。亡父も後悔はしていないと思います、短くても長くてもそれが人の一生ですから。

投稿日時 - 2013-11-04 16:48:03

お礼

父も後悔していない って言葉に救われました。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-11-04 22:49:23

ANo.3

肉体のお父様は、亡くなり姿は見えませんが、

人間は霊体ですから、お父さんは、貴女がお父さんのことを思い出すたびに、

貴女の側におられます。

お父さんの声や姿はみえないでしょうが、お父さんの魂は、24時間、常に

貴女の側におられて、貴女を見守っておられますよ。

ただ、現実の寂しさは、3年ほど続くと思います。

投稿日時 - 2013-11-04 15:47:56

お礼

3年は長いですね…姿はもう見えることも触ることも出来ないのが
本当に淋しくて…
でも姿や声はずーと心の内にあります。

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2013-11-06 21:58:36

ANo.2

私も二年前に父を亡くしました。寂しい気持ちは消えることはありませんが、時間がクスリになると思います。
お父様を沢山思い出してあげてください。

投稿日時 - 2013-11-04 13:36:51

ANo.1

それほど愛された父君であれば多分永久に消えることはありません。私の母は18年前に逝きましたが、未だに夢の中では「生きているもの」として出てきます。もうすぐ私の実年齢が近づいているので、もはや「母」というイメージではありません。

投稿日時 - 2013-11-04 13:30:48

お礼

ご回答ありがとうございます。
父が生きてた時は全然大切な存在だって気づくことができなく、
実際亡くなってから、こんなに淋しいんだって気づきました。

遅いですよね…

投稿日時 - 2013-11-06 22:02:16

あなたにオススメの質問