こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

消滅したメールデータを復元させたい

先日、PC (Lenovo製・Windows 7) に不具合が発生し、メーカーのサポート(有料)を受けました。 その際、それまで使用していた Windows Live Mail のデータが全て消えていました。 Yahoo.(ybb.ne.jp) X 2アカウント と dion(契約終了)のメールです。

A) Ybb のメールアカウントの1つは、Windows Live Mail のページの“電子メールのエクスポート(E)⇒アカウント(A)⇒追加”を辿ることでアカウントも過去のメールも Windows Live Mail に復元できました。 ただ、復元できたのは受信メールと迷惑メールのみで、送信メールは戻ってきませんでした。また、復元されたメールは全て未開封になってました。 さらに、フラッグが消えていていました。

B) もう一方のYbb アカウントは、上記と同じ手順でアカウントは容易に復元できるのですが、過去のメールが、受信・送信・迷惑メールに関わらず全て消滅していました。

C) 上記の2件に加えて、かつて使用していた dion のメールも全て消滅していました。こちらは、既に契約を終了してますが、これまで Windows Live Mail に保存していて、時に閲覧してました。

しかし、これらのデータは、恐らくはその全てがCドライブに保存されているのが後に判りました。 C\User\__\AppData\local\Microsoft\Windows Live Mail に残ってます。

残っていたのでひと安心ではありますが、このままでは過去メールの内容確認はひと苦労です。できれば、これらのメールデータを以前のように Windows Live Mail のページ上で閲覧し、利用したいのです。
どなたか、データを以前のように回復できる方法を教えて下さいませんか? 因みに(A)と(B)間の状態の違いは、設定の違いによるものだと思われます。 (A)のアカウントは外出先からも頻繁に使用するので、Yahoo のサーバーにデータを残し、yahoo.co.jp のドメインにも受信メールを残す設定にしたと担当者に聞いた記憶があります。 (B)のアカウントは、その設定ではないのでしょう。

更に、フラッグの設定も回復できればうれしいのですが。

どうか宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2013-11-01 18:58:52

QNo.8329816

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

現在のストアフォルダがどこになっているのか分かりませんが、データが「ご指摘の場所に残っている」のでしたら、その残っているデータをフォルダの中身全てどこかにコピーしておいて、以下の方法を試してみてください。

オプションの詳細設定でメンテナンス→保存フォルダで示されているフォルダを開き、その中身を全てどこかに保存し、メニューのファイル→インポートでインポートもとの電子メールの形式をWindows Live メールにし、参照先をご指摘の場所にしてデータをインポートしてください。

成功したら、先に保存した両方のファイル群は不要ですので削除してください。
失敗した場合は、先にコピーしておいたファイル群を元のところに書き戻してください。

インポートできない場合には、ご指摘の場所にデータがないということが考えられます。

投稿日時 - 2013-11-01 21:27:02

お礼

ご回答有難うございました。
ご教示いただいた方法でインポートできました。
新しいメールのホルダーとは別個になってしまうのでやや不便ではありますが、何とか利用できます。
フラグの情報も復元はなりませんでしたが、これも何とか対応するつもりです。

投稿日時 - 2013-11-11 18:24:35

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

費用がかかるので答えになってるか分かりませんが、前にAOS社のファイナルデータで復元出来ました。試用版で試しに救出出来るかやってみたらどうでしょうか?ソフト代金やHDD の調べるだけで接続環境次第で何日もかかるかも知れません。直接入れて使用するならもっと早いと思いますが

投稿日時 - 2013-11-01 20:13:32

お礼

ご教示ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-11-11 18:28:04

ANo.2

>C\User\__\AppData\local\Microsoft\Windows Live Mail に残ってます

Windows Liveメールで扱っていたメールは、このフォルダの中にあるStorage Folders(保存フォルダ)や「設定アカウントのサーバー名に似た文字列のフォルダ」の中にあるInbox(受信トレイ)、Sent Items(送信済みアイテム)、Draft(下書き)、Deleted Items(削除済みアイテム)などのフォルダの中に、各通の拡張子がemlのファイルとして保存されるようになっています。

これらのファイルは「eml」の検索でも見つかると思いますが、Windows Liveメールの起動画面の取り込みたいフォルダのメッセージ一覧画面にドラッグ&ドロップしたら取り込んで、復元ができます。

投稿日時 - 2013-11-01 19:31:38

お礼

ご教示頂有難うございました。
インポートすることで、Windows live メールでの一覧が可能になりました。

投稿日時 - 2013-11-11 18:26:41

↓使い物になるかな、 ん~わかんない。


 http://www.gigafree.net/utility/recovery/

投稿日時 - 2013-11-01 19:29:54

お礼

ご教示いただきありがとうございました。

投稿日時 - 2013-11-11 18:25:11

あなたにオススメの質問