こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

Thunderbird 添付ファイル 空

先日、以前から使用しているメールソフトのThunderbirdで、メールが受信トレイに溜まってきたのでメッセージフィルタをかけて、受信トレイに入ってきたメールを自分で作成したフォルダに振り分けるように設定をしました。
しかし、受信トレイから各フォルダにメール自体は移動されているのですが、そのメールに添付されているエクセルやパワーポイントなどの資料を見ることができません。
本文はきちんと読むことができます。
添付ファイルを開こうとすると「この添付ファイルは空です」と警告されます。
また名前をつけて保存をしても、保存先のフォルダ内にファイルは保存できていませんでした。
しかし、そのメールを受信トレイに移動してやると受信トレイ内では添付ファイルを開くことができます。
当方のThunderbirdのバージョンは17.0.8です。
何か設定をすることにより、振り分け先のフォルダ内でも添付ファイルを開くことができる方法はないでしょうか?
ご教授お願いいたします。

投稿日時 - 2013-10-08 10:36:25

QNo.8296757

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

POPアカウントで、ESR版や最新の24.0でフィルタで振り分けをしていますが、添付ファイルもちゃんと開けますし、「すべて保存」などから添付ファイルの保存もできます。

受信トレイのmboxファイルには添付ファイルも一体になってメールが受信(ダウンロード)できているようですが、フィルターで移動を始めた以後のメールがそのような現象になったわけではないですね?
その場合は、メールの移動先を別のフォルダを作成してフィルター処理をしても改善しないですか?

また、アカウントの種類は何ですか?
IMAPアカウントもフィルターが効きますから、そのあたりが気になります。
IMAPの場合でもOKのはずですが、アカウント設定の「同期とディスク領域」の右上の詳細ボタンで開くウィンドウでダウンロード対象のフォルダを設定しますが、関係ないですか?

さらに、POPアカウントとして、アカウント設定の「サーバー設定」にある「メッセージを自動的にダウンロードする」は有効ですね?

過去に聞いたことのない不具合ですが、添付ファイルのデータのみがフィルターの移動処理で効かないというのも理解できないですね。
場合によっては、メールデータやアドレス帳などのデータをバックアップして、プロファイルを新規に作成するかどうかですね。

投稿日時 - 2013-10-08 11:07:40

お礼

プロファイルを新規作成したところ、新規に受信されたメールが各フォルダに振り分けられてからでも添付を開けるようになりました。原因はよく分かりませんが、解決したので一安心です。ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-10-24 12:38:31

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問