こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

格安simを使ったスマホについて

現在ドコモの携帯を使用しています
受信中心に使用しているので、月額約1,300円(無料通話1,000円込み)ほどで済んでいます

スマホに買い換えたいとは思っているのですが、

・現在のガラケーが2年縛りであるため、他者へのMNPが難しいこと
・スマホは月額料金が高すぎる

と感じているため、買い替えに躊躇していました
普段のウェブブラウジングは、主にノートPCを使用しています
(フレッツ光+プロバイダ料金含めて約3,580円)

しかし、将来的に外でウェブブラウジングをする必要性が高くなるため、
「格安sim(OCN モバイル ONE月額980円など)+中古のドコモスマホ」でスマホ導入を考えています
「OCN モバイルONE」ですと、一日30MBまで速度112.5Mbpsで利用可能です
容量を超えると200kbpsまで制限されますが、ウェブページ程度ならまずまず閲覧できると思います

自宅では現在有線LANを使用していますが、無線LANルーターを購入し、
在宅時にはwifiで通信すれば、制限を気にすること無く利用できるかなと思っています


--- 初期費用 ---

中古のドコモスマホ・・・約15,000円
無線LANルーター・・・約4000円

--- 月額費用 ---

格安simの月額料金・・・980円
ガラケーの月額料金・・・約1,300円

これで、2年間使用することを想定すると、ひと月に負担する費用は、
(15,000+4,000)÷24+(980+1,300)=3,071円(無料通話1,000円込み)となります

普通に携帯キャリアで加入すると、月額6,000円程度はかかるため、
かなりお得かなとは思うのですが、皆様のご意見お聞かせ下さい

もっと安い方法がある、もしくは、格安simはやめといたほうが良いなど、
貴重なアドバイスありましたら、教えていただければありがたいです
よろしくお願いします

投稿日時 - 2013-10-06 15:21:37

QNo.8294237

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

 携帯電話の所持をなるべく安くする方法はいくらかあります。かける手間や費用などによって様々ですので、お好きなものを選択してくだださい。


◆方法1:今の携帯キャリアを解約してMVNOに絞る方法(月額980円~)
 あまり電話を使ってない場合、キャリアの契約自体が不要です。OCNモバイルONEなどのデータ通信MVNOを契約して、そのSIMをドコモのスマホに入れてデータ通信用端末とします。OCNモバイルONEはドコモ網を使っているので、ドコモのスマホに入れればそのまま使えます。ただ、この方法はデータ通信が安定していることが最低条件なので、いきなり移行するのではなくしばらく従来のガラケーとの2台持ちで実験してからのほうがいいと思われる。

 OCNモバイルONE(月額980円から)
 http://service.ocn.ne.jp/mobile/one/
 980円から各種プランがありますが、1ヶ月あたり1GBまで高速通信のプランで1260円のが費用対効果が高くておすすめ。場合よっては更に上のプランにしてもいいでしょう。

 白ロムのスマホはヤフオクで買えば1万円程度から買える。F-02Eとかなら新品でも1万5千円程度。デュアルコア機で最も古いタイプのSH-01Dなら中古で7000円程度。シングルコア機の古いものならもっと安く手に入る。携帯を買う際には出品情報を確認して残債がないものを買うこと。
 http://auctions.search.yahoo.co.jp/search?min=&max=15000&price_type=currentprice&ei=UTF-8&p=Docomo+F-02E&n=100&auccat=2084298976&s1=end&o1=a&tab_ex=commerce&slider=0

 電話アプリを使いたい場合は050PLUSやFUSION IP-PHONE SMARTあたりの無料通話アプリを登録するのがいいでしょう。これは050で始まる電話番号が発行され、携帯電話や固定電話にかけられる&受けられるサービスです。通話料金も通常の携帯電話からの発信の半額以下ですみます。電波状況がよほど悪い状態でなければこれでも結構話せます。ただ、昼休み時間帯や繁華街では電波が混み合ってうまく通話できない場合がありますので、連絡にはメール(G-Mail)との併用をおすすめします。

 FUSION IP-PHONE SMART
 http://ip-phone-smart.jp/
 会員登録をするだけで無料で050番号を所得できるのがいい。音質は多少ざらつくような音質でそこそこといった印象だが、会話するには十分なレベル。遅延は0.6~0.7秒と長めだが実用レベルとはいえる。アプリ間の通話は無料なので同じアプリを入れている家族や友人との無料通話に使える。携帯や固定電話の通話も30秒8.4円とかなり安く、通常の携帯からの発信は30秒あたり21円かかることに比べると5分の2程度になる。アプリがプッシュ受信対応なのでアプリを立ち上げてなくても受信が可能のため、プッシュ受信の設定しておけば待受け状態でもバッテリーの消費がほとんど無いのも売りの一つ。Xperia VLで実験した限りではプッシュ受信設定でアプリを入れてない時と大差はなかった。
 http://ip-phone-smart.jp/

 050PLUS
 http://050plus.com/
 050番号を取得するには月額基本料が315円かかるが、番号をあるていど自分で選択できる。音質や遅延はかなり携帯に近いレベルで快適。アプリはプッシュ受信に対応していないため、電池容量の少ない古いスマホだったりすると電池持ちが厳しいかも。場合によってはSIPアプリを公式アプリではなくAcrobits Softphoneなどに変えた方がいいかもしれない。料金については携帯電話への発信はFUSIONと同じ30秒で8.4円だが、固定電話への発信は3分で8.4円と激安。もちろんアプリ間通話は無料だし、プロバイダ系IP電話網の多くと提携しているため無料通話の出来る相手が非常に多いのも特徴の一つ。このように固定電話系に強いのが050PLUSの特徴。
 http://www.ocn.ne.jp/voip/phone/service2/
 
 他の電話可能なVOIPサービスにはSkypeなどもありますが、こちらは発信時に相手には非通知として着信しますので、非通知着信拒否設定をしている人が多い日本ではあまり使えない。価格は携帯にかけても1分あたり7円程度、固定電話には月額700円で無制限のかけ放題などのプランもありダントツで安いだけに惜しい。有料の050番号を取得しても半分は非通知で発信されるのは納得行かないところ。

 各VOIPサービス比較記事
 http://iphone.f-tools.net/Two-SmartPhone/Denwa-App-Onshitu.html

 メールはG-Mailで代用します。公式G-Mailアプリなどのプッシュ受信対応アプリで設定してやれば携帯メールと同じリアルタイムでのプッシュ受信が可能。
 http://www.appbank.net/2013/02/20/iphone-application/551003.php


◆方法2:音声契約ガラケーとMVNO契約スマホとの2台持ちの方法(月額1763~円)
 今のキャリア契約を最安の音声通話のみの契約(780~980円)とし、データ通信プランやパケット定額などを解約。このガラケーを音声通話用とします。次にドコモのスマホをヤフオクなどで買い、モバイルONEのSIMを入れてデータ通信用とし、ガラケーとの2台持ちにするのです。電池管理の手間は増えますが音声回線は確保したままで大幅に安くできます。ちなみにキャリアメールが使いたいからといってパケット定額を解約したのにデータ通信契約を残したりすると、意図しないモバイルデータ通信が発生して数万~数百万円の請求が来ることがありますので注意。通話は受信はガラケーで、発信はスマホに入れたFUSION IP-PHONE SMARTなどの格安通話アプリで行うのがいいでしょう。


◆方法3:音声契約スマホとWiMAXルーターとの2台持ちの方法(月額2763円)
 スマホを方法2の音声契約のみとし、データ通信はシェアリーWiMAXを契約。初年度1980円のプランにする。AtermWM3800Rのがおすすめ。ただ、シェアリーWiMAXの1年プランは2年目以降は3880円に費用が跳ね上がるので、1年ごとの更新月には解約と再契約をお忘れなく。
 http://www.shareee.jp/feature/shareeewimax
 WiMAXは歯抜け的に電波が入らない場所(特に屋内)があったりするので、可能ならば契約前にTryWiMAX(15日間無料レンタル)などで自宅や立ち寄り先(特に屋内)が電波圏内で通信状態が良好かどうか長期間実際に使用して調べておくことが望ましい。
 http://www.uqwimax.jp/service/trywimax/
 以上でスマホとルーターは音声通話を確保したまま月額2760円でデータ使い放題環境が出来上がる。しかもWiMAXルーターは転送量制限や速度制限がないうえに10台ほどの機器が同時接続できるので、ゲーム機やパソコンなども繋げられるため、光やADSLを契約している場合はそれらを解約することも可能になるというメリットがあるため、全体の通信費の削減率が最も高い方法。


◆方法4:別キャリアに乗り換える(例:月額2432円)
 キャッシュバックが多めで、一括ゼロ円の物件を探して乗り換える方法。たとえばAUに一括ゼロ円のiPhone5(旧型)でキャッシュバック4万円の物件に乗り換えた場合の2年間の月額費用の計算は以下のとおり。

 LTEプラン 0円(MNP特典で2年間無料)
 LTE NET 315円
 LTEフラット 5460円(LTEフラットスタート割適用)
 ユニバーサルサービス利用料 3円
 iPhone5本体 0円
 毎月割 -1680円
 キャッシュバック -1666円(4万円÷24ヶ月)
 合計 2432円/月
 
 良いMNP物件に関してはTwitterなどで検索する。例↓
 iPhone5(今のところ最大で4万円程度のキャッシュバック。2~3万くらいがメイン)
 https://twitter.com/search?q=%23MNP%20%23iPhone5%E3%80%80%23AU&src=typd
 SHL21(今のところ最大で5.5万円程度のキャッシュバック)
 https://twitter.com/search?q=%23MNP%20%23SHL21%E3%80%80%23AU&src=typd

 ただし2年経過後は7000円まで月額費用が跳ね上がるので、それまでに別のMNP物件を見つけて乗り換えるのを繰り返す必要があるのが面倒だとはいえる。


◆その他
 スマホ電話SIMを始めとした通話とデータ通信がパッケージになっている安いプランがありますが、FUSION、050PLUS、LINEといったVOIPサービスを使用不可能とする規制が入っている場合が多いですので選択肢から外すべきです。VOIP規制がなくても通信速度が遅いサービスの場合も同様です。たとえばSo-net NURO LTE +Talkは非常にデータ通信速度が遅く、通話

投稿日時 - 2013-10-06 18:18:59

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

>中古のドコモスマホ・・・約15,000円
>無線LANルーター・・・約4000円

--- 月額費用 ---

>格安simの月額料金・・・980円
>ガラケーの月額料金・・・約1,300円

月々割って知ってる?
わざわざ中古をお金を出して買ってこれらの料金を毎月出すなら
素直にXiを一括で購入した方が安いと思うよ?

この辺小学生の計算なのでわざわざ言わないがもう少し調べた方が良い

うん

投稿日時 - 2013-10-06 15:36:26

あなたにオススメの質問