こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

マイコンからFPGAへの置き換え時の入力回路

約80Hzのフォトマイクロセンサの出力をカウントする回路をPIC16F690(DC5V動作、ST入力)で製作しました。センサの出力は、10kΩでプルアップして、マイコンのポートに直接接続しています。

次に、同様の機能の回路をFPGA(Cyclone2)で製作しようとしています。
PICで製作した回路では正確にセンサ出力をカウント出来ています。
FPGAでも同様に接続してみましたが、通常よりも何倍もカウントしてしまいます。
センサ --> FPGA間に74HC245を入れてみましたが、改善されませんでした。
このような場合は、どのような回路にすれば改善可能でしょうか?

お分かりになられる方がいらっしゃいましたら、ご教授宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2013-10-03 20:42:29

QNo.8290453

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

FPGAにどの様な回路を組んでいるのか解らず、センサの型番も解らなければ
アドバイスは出来ないと思うのですが…?

想像で回答してみますが…
もし、センサの出力にノイズが乗っていなければ、センサの立ち上がりか
立ち下がりのエッジを別クロックで微分してあげれば数えられると
思いますよ。

センサの出力信号の状態もきちんとモニタした方が良いかもしれませんね。

投稿日時 - 2013-10-04 00:11:33

お礼

ご回答ありがとうございます。
センサ出力のノイズが原因のようでした。
微分回路を通すことで改善されました。

投稿日時 - 2013-10-07 11:25:51

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

正確にはオシロスコープで波形を観測しないとわからないですが、恐らくファンアウトの問題もあるかも知れません。
トライステートの74HC245 を使われた理由は何かありますか? もしかしたら100KΩ程度のプルアップを追加するか、単なるバッファーにしてみるかでは無いでしょうか?
詳細が分からないのでこの程度の推測しか出来ませんが。

投稿日時 - 2013-10-05 10:01:33

お礼

ご回答ありがとうございます。
オシロで波形を観測したところ、センサ出力時にノイズがのっておりました。
微分回路で対応できました。

投稿日時 - 2013-10-07 11:26:59

あなたにオススメの質問