こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

市県民税と国保を滞納していました。減額できますか?

閲覧ありがとうございます

只今結婚3ヶ月の新米主婦です

この度結婚のため夫婦2人引越しをし
本日、転居の手続きをしに
市役所へいきました。

それぞれの旧住所は
夫が八潮市で、私は足立区で
新住所は草加市になります。

夫の転居手続きをしに
八潮市役所にいったところ
夫が市県民税と国保を
滞納していたことがわかりました。

滞納期間は1年半くらいです。
金額は延滞金合わせて78万円です。


現在私は妊娠8ヶ月のでき婚で、
結婚当初は貯金がなく
7月から貯金をしていたのですが
引っ越しで出費もかさみ
貯金はあまりありません。

市役所からは来年の5月までに
全額支払うよう言われました。
月10万円くらいずつ
返済しなければなりません。


正直、12月に出産もありますし
月10円はとても払えません。

払ってなかった方が悪いのですが
市県民税や国保の滞納金は
減額などできるのでしょうか?

もしくは今回の引越しを機に
草加市できちんと支払いをすれば
78万円は払わずに住みますでしょうか?

ほかにも、
なにかいいアドレスなどあれば
教えてください。

よろしくお願いします

投稿日時 - 2013-10-02 23:42:46

QNo.8289338

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

まず第一に「かって市民税がそれだけ課税される所得が夫にあった」のです。
夫に、納税するお金は何に使ったのか程度は聞くようにしましょう。
市民税は一年遅れで課税されますので、納税資金を保留しておくような生活をしないと一生「税金に追われて、延滞金をはらう」生活をしなくてはいけません。
必ず督促状が本人に届いてるはずですので、なぜほかっておいたのか、どういうつもりだったのかは「人生のパートナー」なのですから、問いただして、払うべきものは払うように仕向けましょう。

税の未納は、最近その取立てが厳しくなっております。裁判所の許可なく財産差し押さえができる権限を持ってる税務当局に対して「はらわない。無視する」というのは、すでに通用しなくなってます。
失礼ですが、仮に夫にそのような意識があるようでしたら、改心してもらうべき点です。

私が貴方にお説教してはいけませんね。失礼。




現状を税務当局に伝える際に、まずは妊娠してるので、ストレスを避けたい点は述べることです。
その上で、「一括払いは無理」「できたら分納したい」旨を伝えることです。
その際、「払えない」と何回も繰り返す愚をせず(一括で払えない金額であることは、税務当局は充分承知してます)、収入がいくらで支出がいくらでと説明ができる資料を提供するのが有効です。

私が知る限りですが、ただ単純に「払えない」「金がない」を繰り返し、あげくは担当者に大声を張り上げ、「お前らは、税金で食ってる。俺たちの気持ちがわからない」と罵倒してしまう例があります。
全く要領を得てないなと思う次第。

課税された基準つまり課税所得そのものを見直すという手がありますが、これは市役所ではなく、税務署へ「昔の申告内容、あるいは課税が大きかった」として更正の請求(あるいは更正の申出)をしていきます。
社会保険料控除や生命保険料控除を受けてないケースが考えられます。
税務署にて所得の減額が認められれば、それに伴って市民税などの課税が見直しされるというわけです(※)。


滞納してる本税額を減額することは、上記の方法以外はまずないでしょう。
ただし延滞金は減免措置があります。
病気で休職してるので資金がないとか、災害にあって納税どころではないという場合には納税の猶予をうけられます。
その際には猶予中の延滞金は全額あるいは半分免除できる規定があります。

市によってはですが、市長裁量で延滞金の徴収を免除することができるようですので、八潮市の担当者にお願いをすることです。

転居後の草加市にての納税は義務ですので、それをしても八潮市の税金はなくなりません(滞納して他市にいけば、納税しなくてもすむスキームを認めることになります)。


仮に昔の課税所得が減額された場合には、引越しされてるので「昔住んでた市では、それがわからない」状態になりますので、「税務署で減額を認めてくれた」として、更正通知写しを八潮市に送付するなどの処理が必要です。

投稿日時 - 2013-10-03 09:23:11

ANo.3

納税は日本国民の義務ですので、きちんと納めて下さい、旦那さんが。

他の方も回答されていますが、役所に相談することで分割払いなどができる場合があります。
真摯にプランを立てて説明をするのが良いです。

投稿日時 - 2013-10-03 03:18:07

ANo.2

> 払ってなかった方が悪いのですが市県民税や国保の滞納金は減額などできるのでしょうか?

そんなことはできません。きっちり支払ってください。

> もしくは今回の引越しを機に草加市できちんと支払いをすれば78万円は払わずに住みますでしょうか?

そんなことはありません。きっちり支払ってください。
しかし,お金がないなら支払えませんから,八潮市役所で真摯に相談してください。
1年半くらいで78万円なら,その当時はちゃんと支払えるだけの収入があったはずです。今の給与がいくらか知りませんが,手取りの1/4くらいは支払いに当ててください。
何もしないでいると延滞金が膨らんでいくばかりです。役所も真剣に支払う気がある人にはちゃんと相談に乗ってくれます。月にいくらまでなら支払えるのかをちゃんと計算してそれを役所に提案してください。いい加減な人にはどんどん厳しくなって,給与の差し押さえまで行くようになります。

投稿日時 - 2013-10-03 01:00:06

ANo.1

法律上の話と交渉の話をさせていただきます。

まず、減額する方法についてですが、確率的には低いですが、
法律上できる手続きをしていなくて、高い税金がかかっていれば、
手続きすることで安くすることが出来る可能性はあります。

たとえば、市民税であれば、
健康保険や生命保険、扶養控除など、申告すれば安くなるにも関わらず申告していない、
という事実があれば、証明書などを添付することで税金を安くできます。
どんな状況なのか、はっきりわからないと思いますので、
八潮市の市民税の担当で、何か控除できる項目があるのに、
申告してなくて控除が漏れてる…という箇所があるか確認してみるのがいいと思います。

 ※伝え方のニュアンスが違ったり、今の資料を全く見ないなど不親切な担当に当たったりで、
  かなり結果がかわると思いますし、普通は何かが漏れてるってことはあまりないので、
  ダメもとと心得てください。


同じく健康保険でも、
無収入であった時に、ちゃんとその申告をすれば安くなるところ、
申告の必要がないと考え、申告していなかったとき、
または、他の保険に入っていたのに、同時に国民健康保険に入っていた、など、
レアケースですが、手続きすることで減額になる方も時々いらっしゃいます。
その事例にあてはまりそうであれば、その事実を確認したうえで、
健康保険の係に相談してみると良いと思います。


上のどちらも、出来る手続きについて、ちゃんと手続きしていなかった場合なので、
可能性は高いとは言えません。
ダメだったときは、あとは納税の担当と分割の交渉をするだけです。
担当によって、または市によってやりかたが違うので、本当に交渉次第だとは思いますが、
私の市では、もっと少ない分割をしていたりもしています。
事情を具体的に聞いたうえで、完全に個別対応です。

それと支払いは、延滞金を最初に払うようなことはせず、
本来の税金を先にすべて払い、最後に延滞金を払うようにしています。
本来の税金は、払わないでいるとどんどん延滞金が増えますが、
延滞金を払わなかったときの延滞金というのはないので、
本来の税金を先に払ったうえで、延滞金を払うのが、一番負担は軽くなります。
この取扱いができるかどうかも、交渉だと思います。


最後に、今の住所でちゃんと税金を払えば、昔の市の分は猶予される的な制度はないので、
遠い役所の手続きで大変だとは思いますが、そこはキッチリやる必要はあります。
とはいえ、今の状態はストレスが良くない時期ですから、
考えすぎずイライラせず、都合の良い時に、ゆとりをもって役所で相談しましょう。

投稿日時 - 2013-10-03 00:37:46

あなたにオススメの質問