こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

一般家庭に置ける太陽光発電システムの裏話

ソーラーパネル、一昔前は1kwで百万円だったのが今では50万だの40万だの楽天では30万切ってたとか、昔に比べれば安くなったと思うが、まだ高いめちゃ高い。
元を取るのに約10年と何処のセールスも言うが!
ホンマか?と日本エ〇システム(現伊〇忠)の元社員に聞くと、絶対無理との事、仮にラッキーで
10年で元を取れたとしても、10年後もしくはそれまでに必ず、数十万円のメンテナンス代が必要に
成ってくるとの事!
どういうことかと聞くと、殆どの場合、屋根に設置されている為、屋根にアンカーを打ってそこにソーラーを固定しているとの事。
屋根とアンカーの間には、雨除け水の浸入を防ぐ為にパッキンやコーキング剤を施しているが、どんなに優れた部材を使おうが、どんなに選れたコーキングを使おうが10年は持たないとの事。
また、屋根が瓦葺だったら最悪だそうだ!絶対、雨漏れするってよ!
それを今、乱売している会社やセールス自身も説明しているところ少ないんじゃないとの事。
更に、夏場の日照時間の長い時期は温度の上昇と伴に発電能力が下がるとの事。

ソーラーを付けているまたは、これから考えている人へ
リスクやランニングコストも業者からよくよく聞いてますか?
また、今後益々太陽光発電のシェアー率が上がれば上がるほど
電気代が高くなると可笑しな現象を生むのですが、あたなが
付けたソーラー代を回収出来るまで国が再生エネの高価買取を
実施すると信じているのですか?

投稿日時 - 2013-09-12 19:59:59

QNo.8261055

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

同感です。

鉄筋コンクリートのマンションや社屋などであれば、耐用性,安定性は期待出来ると思いますが。
戸建て住宅では、信頼性は低いですし。

また、企業レベルでキチンとFSとかベンダー選定をやれば別ですが、個人レベルでなまじイニシアルコストなどで選べば、そのツケは当然、設置業者のコストダウンなど、悪い言い方をすれば「手抜き」の方向性で、跳ね返ってきますね。

モチロン、中には悪徳,悪質な業者なども含まれるでしょうし・・
悪徳じゃなくても、成熟した事業では無いので、新規参入業者なども多く、当たりハズレが大きいことは間違いありません。

今後10年か、それ以前に、設置面での各種の問題が発生するでしょうね。

一方の買取額は、少なくとも現在の「総括原価方式」である間は、国や電力事業者は「どうでも良い」ので、少なくとも特定契約(金額,期間)は担保されるでしょう。

10kW以上の20年契約でもすりゃ、大きなトラブルは無ければ、多少のメンテ費が出ても、充分に儲けは出るとは思いますよ。

でも・・・逆に10年契約だと、その10年で「運が良くてトントン」ですかね?
契約単価も現状は下がる一方だし、契約更新時、旧価格の維持はしない方が良いかと。
そもそも、契約更新してくれるかどうかも怪しいし、経済的にも「契約更新しない方が得」も有り得るし。

世界的にも、「シェールガス革命」で、エネルギーコストは低減の方向に進む可能性が大です。
と言うか、日本の様な産業立国では、エネルギーコスト競争に勝ち残らなければ、製品の価格競争力を損ない、倒産するか、さもなきゃエネルギーコストか人件費が安い国へ、海外移転するしかありません。

そうなりゃ国内の電力需要は低下して、やはり太陽高発電の買取価格が下がるか、買取しなくなるか・・。
どう考えても、現状維持は有り得ないですね。

設置費だって、10kWと20kWでは、倍になるワケでは無いので、小規模ほど割高になるのが原則論です。

即ち、太陽光発電は、小規模の「戸建て」には、全く向かない仕組みでは?とは思います。

そこそも経済的に余裕のあるエコロジストが、趣味的に設置するのは良いけど。
金銭目的や小遣い稼ぎで、年に一度の家族旅行でもを目論むと、「こんなハズではなかった・・」と言う可能性が、低からずありそうです。

もっと言えば、太陽光発電設備を作るにも、資源やエネルギーを使うので。
企業レベルのメガソーラーなどであれば、将来の廃棄なども含め、それなりにキチンと運用や処置されるとは思いますが。
10年か20年も経過すれば、残骸と化すかも知れない物品を、むやみに設置するのは、エコかどうかも怪しい?

20年後くらいには、太陽光発電設備は、古めの木造住宅の上に「平成の遺物」として、残置されている様な気もしますね。

法整備(発送電分離など)と、蓄電とかコジェネ,リジェネなど、各種技術の向上で、個人レベルの地産地消になれば、太陽光発電も生き残るかも知れません。
ただ、それでも低所得層には困難なので、格差社会の助長原因と言いますか、エネルギー格差問題の発生が、考えられますね。

投稿日時 - 2013-09-13 11:32:03

お礼

エコ小僧、エコ信者の回答が相次ぐと思ったが全然ないよ・・・

『20年後くらいには、太陽光発電設備は、古めの木造住宅の上に
「平成の遺物」として、残置されている様な気もしますね。』
確かに!!(笑)テレビショッピングで衝動買いした健康機器と違って
隠せないからね~^^

投稿日時 - 2013-09-13 14:26:16

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

安普請の木造住宅でも耐用年数50年。
一方の太陽光発電設備は10年保障で長くても15年でしょうかね。

仮に安普請の木造住宅を30年でつぶすにしても、設備の寿命は住宅の寿命の半分です。

たとえば200万円のお金が余って、太陽光設備に回すか、断熱性向上、耐震性向上、防犯性向上など住宅本体の性能向上に費やすかを考えましょう。
明らかに住宅本体の性能向上に費やすのが賢いですね。

建築関係者では当たりまえの考えですが、ソーラー販売業者は全体最適の考えを採用されると商売が上がったり煮になるので、販売対象機器だけの議論に持ってゆこうとしますね。

投稿日時 - 2013-09-13 09:43:48

お礼

『販売対象機器だけの議論に持ってゆこうとしますね。』
核心ですね!

自動車の様な実証実験をソーラーパネルで行って要るのだろうか?
また、使用年数に寄る発電指数の低下の説明は無く、
新品時の効率だけの表示をしていると思われる。

投稿日時 - 2013-09-13 14:22:10

ANo.1

メンテナンスについて一言。
知り合いに、ソーラー設置の業者をしている社長がいますが、
彼の話では、本当にピンからキリまで、技術力はバラバラ
だそうです。

酷い業者に当たると、数年でアウトになるそうです。
で、どうやったら、業者を見分けられるかというと、
素人には無理、とのこと。
なので、高くても、名の通った業者を選ぶしかないとの
ことでした。
名の通った業者ならば、メンテナンスも保障もしっかりしている
とのことです。
10年たっても、20年たっても、会社があるということ。
酷い業者は、安値で請け負って、作るだけ作って、
会社をたたんで逃げる者が、本当にいるそうです。
それでも、成り立つのが、この業界だそうです。

一方、しっかりした業者に施行してもらえば、
20年ぐらい、楽に持つそうです。

さらに言っていたことは、基本は、新築時に組み込むのだそうです。
後付けは、やはり、何かと問題が起きる。
というのは、そもそもの設計が、そんなに重たいものを屋根に
乗っける設計になっていないからだそうです。
しかも、両側ではなく、片側に乗せるから、片側だけに
重量がかかる。
なので、単に乗せるだけでなく、重量に耐えらえるかどうかを
設計図から見直しをしなければならない。
なので、高くなるそうです。

ちなみに、ソーラーパネルの総重量は、数百キロになるそうです。

素人の受け売りなので、表現が正かどうかは、
ご配慮願います。

投稿日時 - 2013-09-12 20:55:48

お礼

名の通った旧日本エ〇システム(現伊〇忠)の元社員が現在の
施工に疑問を抱いている。
新築での家にて設計段階から設置を考えてだったら大丈夫?
バカ言っちゃ~いけない!風に寄る風圧指数や地震や道路の
振動による部材の影響指数などのべーすとなる確固たる数字が
無いのですよ、設備機器が新し過ぎて!!
また、ビルトイン型のソーラーパネルに関しても全く違う素材、
ソーラー本体と屋根材、ここの接合面はコーキングで処理するしか
ないとのこと。太陽光に寄る劣化は免れない。

業者の良し悪し、大いに耐久性に関係して問題が出て来るだろうけど、
始まったばかりの技術、今からどんな問題が出てくるやら・・・

投稿日時 - 2013-09-13 13:06:15

あなたにオススメの質問