こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

海外旅行に行くにあたってクレジットカードを発行

11月頃にヨーロッパに海外旅行へ行きます。
私は既にMasterCardを所持していますが、海外旅行保険が自動付帯のクレジットカードも新たに発行しようと思います。
当初は、リクルートカードプラスというカードの発行を考えておりましたが、JCBしか選ぶことができないということでした。
既にMasterCardを持っているので、海外でも利用しやすいVisaを考えていたのでJCBのカードとなると少し不安です。

ヨーロッパの観光地や付近のお店などでカードを利用する場合、
1.JCBカードが使えないということは有り得ますか?
2.JCBが使えない場合、MasterCardがあれば大丈夫ですか?
3.Visaはやっぱり持っていた方が良いですか?
4.海外保険自動付帯のカードを所持していた場合でも、別の保険会社の海外保険に入った方が良いのでしょうか?

以上、よろしくお願いします。

投稿日時 - 2013-08-27 01:56:24

QNo.8237430

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

ご質問内容から、海外旅行を頻繁にされる方ではないと拝察します。
「これから頻繁にすることになるから」のご質問かもしれませんが。
もし年1~2回程度の海外旅行をする方なら、海外旅行保険は「自動付帯のカード」でなく、個別に加入したほうがよいです。自動付帯の保険内容では保障が足りない場合が多々あるからです。
保障内容が足りているのかどうか、自分で判断できないようでしたらなおさら、自動付帯保険はお勧めできません。多少高くつくと思っても今回はセット保険に加入しましょう。

ヨーロッパでJCBカードが使えるところは、限られます。日本人観光客がたくさん行くところは使える、それ以外は使えないと思っていたほうがよいです。
たとえば、パリのそのへんのカフェでは使えなくても、ギャラリーラファイエットと、モンサンミッシェルの中の小さなお土産店では使える、そんな感じです。
高額の買い物となるブランド品店のようなところでは、JCBも使える可能性が高いです。(日本人の利用が多いから)
なお、Masterカードは、カード支払いOKの店ならほぼ必ず使えます。

Masterカード1枚持っているなら、「もし使えなかった現金で」と思っていれば、VISAカードは改めて作る必要ないと思います。
VISAカードは、JCBやMasterに比べて日本円換算レートが高いことも、お勧めしない理由です。
私自身、ここ10年以上毎年3~5回海外旅行してますが、JCBとMaster1枚ずつだけで、ヨーロッパ(フランス、イタリア、ドイツ、オーストリア、スペイン、ギリシャ)もアメリカもオーストラリアもビーチリゾートも、困ったことはほとんどありません。

1. あり得ます。
2. 大丈夫です。
3. 私は要らないと思います。
4. 自動付帯の保障では足りない部分だけを「バラがけ」するのが普通です。何がどれぐらい足りないか、判断できる人向けです。ただ、必要以上の保険を重複してかけることにもなるのも事実です。

投稿日時 - 2013-08-27 11:55:29

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

2009年12月にヨーロッパへ行きました。
アントワープのチョコレート屋さんでレジが壊れ、現金での支払いが出来ず、VISAで購入しました。

1.JCBはリゾート地(グアムやハワイ)以外の外国では使えるところは少ないように思います。

2.MasterCardは使えました。

3.VISAがあれば心強いです。

4.海外旅行保険付カード用の保険もあります。少ない保障を補うためです。


私ならば
年会費無料のVISAカードを作り、海外旅行保険に入ります。
もちろん、保険代>カード年会費 ですが、安心感が違います。
確かに帰国した後で勿体無い気がしますが、見送る家族は安心できるので「安心料」だと考えました。

投稿日時 - 2013-10-12 17:40:55

ANo.5

1.JCBカードは使えないATMがほとんどです
2.JCBカードでもmasterカードでも同じく使えないATMが多いです
3.VISAカードはたいていどこのATMでも使えます。
4.カード付帯の海外旅行保険には航空機遅延費用はついていません。例えば乗継時間が、ぎりぎりに設定されていて、第一便の飛行機の到着が遅れ、第二便の飛行機の出発が6時間以上遅れることがざらにあります。自分の場合、バンコク-香港の飛行機が4分到着が遅れたため、第二便の香港-名古屋の飛行機にギリギリアウト、結局ラウンジですごすことになり。海外旅行保険の航空機遅延費用を請求しました。
クアラルンプール国際空港ではエアアジアの到着が17分遅れ、プノンペン行の飛行機に乗れませんでした。よって、航空券の買い直しの部分と国際通話料で2万円の上限の費用が払われました。
バンコク国際空港ではチャイナエアラインの到着が雷のため20分遅れ、バンコクエアウエイズの飛行機に乗れず、その際は無料で3時間後の飛行機に振り替えてくれました。その際は海外旅行保険は出ませんでした。
携行品損害については免責金額の3000円があるので、別途海外旅行保険でつけたほうがいいと思います。
自分の場合ボールペンの20円の損害と、100円ショップのメガネの損害の費用とオーストラリア旅行中に携帯電話が不具合を起こしたことで、2万3000円の携行品損害金額が払われました。
医療については、海外旅行保険では免責金額がないことと、100万円かかることはめったにありませんので入る必要はないと思います。
海外旅行保険の場合セットプランをすすめられるのですが、カード付帯されているのは医療がついていますので、医療はセットする必要はないと思います、よって、事故を起こす確率の高い航空機乗継遅延費用と携行品損害費用をセットプランでつけて最低で1000円~海外旅行保険を付けることができます。

海外旅行で海外キャッシングする際はATM手数料が必ずかかります、1万円未満の取引で105円、1万円以上の取引で210円かかります。
りそなVISAデビットと楽天銀行のビザデビットカードはATMの手数料は不要です。キャッシングとは違い利息もかかりません

投稿日時 - 2013-08-31 14:25:51

1.使えない場所は多いですよ。ヨーロッパはMasterとVISAが便利です。
JCBは、日本人ツアー客が多数行くお店やレストラン、観光施設なら使えることも多いと思いますが、一般には通用度は低いです。
(アジアやグアム、ハワイならJCBももっと便利です)

2.3.
マスターカードが使える店は多いので一応大丈夫と思いますが、#2さんがおっしゃっているような事情がありますので、VISAをもう一枚持つと良いです。
今から作るならICチップ付きが良いと思います。
JCBもJCBプラザとか、ショッピングの割引とかありますので、持つのは良いんですが。
http://www.jcb.jp/ws/plaza/
http://tabilover.jcb.jp/

4.人により、どこまで考えるかだと思いますが・・・・・私は別途加入します。
保険金の支払い事例を(AIUの場合)
http://www.aiu.co.jp/travel/zikorei/

カード付帯と別に加入した場合、死亡保険金は両方から出ますが、あとは按分して支払われたり、だそうです。
http://www.t-hoken.com/faq/others/a7.html
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1318206668
って、私も請求方法をよく理解してないんですけどね、うろ覚えで・・・イケマセンね。

他は#2さんに同感です。#1さんにも。

投稿日時 - 2013-08-27 11:59:21

「ヨーロッパ」のどこに行くかによりますね。
日本人が沢山住んでいるロンドンだけとかパリだけならともかく、
やはりVISAとMASTERが強いです。

1.使えたらラッキーという位置づけだと思います。
観光客が行きがちな店舗なら使えるという感覚です

2.これは欧州に限ったことではないですが、使えるはずのカードが
店員の作業ミス、回線都合、決算システムのダウン等々の理由で使えないのは良くある話です。
できれば違うブランド2枚(MASTERをお持ちならVISAとか)があるとさらに良しです。

今お持ちのMASTERは、現地で紛失盗難時緊急再発行できる場所がありますか?
もしないなら、そういうサービスを提供するカードを持っておいた方が安心だと思います

3.AMEXの使える店はJCBよりちょっと多い位です。DINERSはもっと使えません。
MASTERを2枚持つよりは、2.の事情でVISAの方がいいと思います。
ICチップ対応端末が普及しているので、新たに作るならICチップの入ったもの推奨です

4.海外旅行傷害保険はいくらあれば十分かというのは、人によって変わります。
保険の話なので物騒な例で申し訳ないですが、扶養家族がいる人、いない人で
死亡保険金の必要額は変わるでしょう。

欧州で一番保険にお世話になる可能性がありそうな、携行品損害や疾病、通院関連は
クレジットカードの付帯保険の適応条件と保険金額、免責を見ておいた方がいいですね。
それで十分だと思ったら不要、足りないと思ったら別途かけてください。
空港だとパッケージになることが多いので、渡航前必要な保険を必要なだけ
かけると良いかも知れません。

クレジットカードの付帯保険、持っているだけで付帯する保険のカードもありますが、
そのカードで何か渡航費用を支払わないと付帯されないもの、
支払いを行った方が保険金が上がる物等々あります

お気をつけて。

投稿日時 - 2013-08-27 03:31:00

1.アホほどあります、使えないとこ沢山
2.はい
3.もちろんです
4、言うまでもありません

投稿日時 - 2013-08-27 03:18:30

あなたにオススメの質問