こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

歯科の訪問診療費について

父(特養に入所中)の入れ歯が合わなくなってきたため、特養に入っている(毎週定期的に来る)歯医者ではなく、外部の歯医者に訪問診療で診てもらっています。
 (以前、特養に入っている歯医者に入れ歯の調整をしてもらいましたが、よくなくて父が外の歯医者を希望したため)

これまで(1ヶ月分、4回)の診療内容は以下の通りです。
 1回目:口内チェックと、今の入れ歯の調整
 2回目:新しい入れ歯の型取りと咬み合せに位置決め
      (今の入れ歯の調整では対応できないため、入れ歯を新たに作ることにした)
 3回目:蝋でできた入れ歯(歯無し)での咬み合せ確認
 4回目:蝋でできた入れ歯(歯付き)での咬み合せ確認

また,上記4回分(1ヶ月分)の請求書の内容は
 ・在宅医療4,970点
 ・処置186点
 ・歯冠修復及び欠損補綴1,311点
 合計6,517点で6,530円となっています。(すべて保険(後期高齢者)適用)
 なお,交通費がかからないことは診療開始前に確認しています。

ネットで調べたところ訪問診療と通院の違いは、基本的に歯科訪問診療850点/回がかかるだけとなっていました。よって、在宅医療は850点×4回=3,400点になりますが、請求書では4,970点です。
この差1,570点は何なのでしょうか。訪問診療の場合、他に加点されるものがあるのでしょうか。

なお、診療は毎回
・歯科医と歯科衛生士の2名で来ています。
・診療時間帯は12:20~13:10の間、診療時間は20分前後です。
・車イスに座って診療を受けますが、ベッドから車イスの移動は父が自分ですることができます。
・耳が遠いので歯科医とのやり取りは必要に応じて私がサポートしますが、会話能力は普通にあります。

歯医者に確認する前に、基本的なことは知っておきたい思って質問させていただきました。ご存知の方がおりましたら、よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2013-08-13 20:03:03

QNo.8218242

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

診療時間が20分以上:歯科訪問診療I 850点
診療時間が20分未満:初診218点または再診42点

在宅患者等急性歯科疾患対応加算:170点

歯科疾患在宅療養管理料:在宅療養支援歯科診療所140点またはその他130点(月1回)
口腔機能管理加算:50点(月1回)

歯科訪問診療補助加算:110点

訪問歯科衛生指導料:20分以上360点
訪問歯科衛生指導料:20分未満120点

以上の保険点数が算定可能です。1,570点の違いは上記の点数が加算されているからだと思います。
      

投稿日時 - 2013-08-13 21:24:33

お礼

ysmapさん、早速のご回答ありがとうございます。
「すぐに回答を!」で質問したのに、お礼が送れて申し訳ありません。
ご回答いただいた情報を元に、診療報酬の点数について、詳しく掲載されている「診療報酬どっとこむhttp://shinryo-hosyu.com/shin2012/shika2012/shika2012c/index_c.php」で、いろいろと調べた結果をご報告致します。

1.診療時間について
今週、また訪問診療を受けたので、時間を計ってみました。約22分でした。今回は入れ歯の調整を何回もしたので、この時間でしたが、過去4回分を思い出すと20分以上は1回程度です。よって、毎回、歯科訪問診療I 850点を請求するのは?です。

2.歯科疾患在宅療養管理料と口腔機能管理加算について
今回は現義歯(入れ歯)の調整と新義歯の作製なので「歯科疾患」にはあたらず、「歯科疾患在宅療養管理料」は請求できないのではないでしょうか。
また、「口腔機能管理加算」についても、「口腔評価の結果を踏まえて、管理計画書を作成し、患者またはその家族に文書で提供」はしていないので、これも請求できないと考えます。

3.歯科訪問診療補助加算について
項番2の「口腔機能管理加算」もそうなのですが、この加算の条件である「在宅療養支援歯科療養所」の条件にある
「緊急時の注意事項等について、事前に患者又は家族に対して説明の上、文書により提供」がないこと、「当該地域において、他の保健医療サービス及び福祉サービスの連携調整を担当する者と連携」をしていないこと(父が入所している特養と連絡を取っていない)、から「在宅療養支援歯科療養所」の条件を満たしていないと思います。

4.訪問歯科衛生指導料について
これについては、歯科医と同行している歯科衛生士が、父に対して口腔内の清掃や、父や私(家族)に対して義
歯の清掃に係る実地指導をしていません。
また、当然、実施した指導内容について文書で提供を受けたこともありません。

以上、納得できないことがたくさんありますが、これ(いわゆる不正請求)はこの歯科医に限らず、他のいろいろな医療機関で日常茶飯的に行われいるのが、今の日本の医療実態であると思います。
(父の入所している提携訪問歯科医の医療費も、この歯科医と同様に高いです。また、母が入院している認知症専門病院でも服用している形跡がない薬や、実施していないXX訓練などが毎月のように請求されていたりします。)
国の様々な援助(医療費や介護費の限度額超過還付など)により実際に支払う金額に上限があるので、医療機関にクレームを言うことはありません。(クレームを言うと対応が悪くなるのが怖いため)

これではアベノミクスで景気がある程度よくなっても、また消費税率をいくら上げても、高齢者が今後どんどん増加していくと、医療・介護費の増大を吸収することは無理でしょうね。

投稿日時 - 2013-08-18 21:11:55

あなたにオススメの質問