こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

住宅品質確保促進法(品確法)

はじめまして。

平成16年に軽量鉄骨造の賃貸アパートを建築したのですが
今までに何度か雨漏りが発生しております。地元の工務店が施工したもので
雨漏りの都度、工務店は対処はしてくれています。
前回の雨漏りの際に、工務店から屋根の補修工事の見積もりが届きました。
内容としては、今まで簡易補修工事で無償のにて対応していたが、それでは限界があるので
大規模に補修して、問題の箇所を全て直しましょうとのことで、見積もりは200万円
でした。(屋根のうち問題のある箇所/半分の面積の修理費。全面の場合は400万円とのこと。屋根は平屋根で総面積は約500平米)
ネットで色々調べたところ、住宅品質確保促進法(品確法)が平成15年に施行されて、雨漏りは10年保障であることを知りました。今回のケースでも上記10年保障が適用されのでしょうか?
その場合は工務店側の費用負担になるのでしょうか?

投稿日時 - 2013-07-08 02:17:12

QNo.8167136

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

品確法における「雨水の浸入を防止する部分」に当たるので、当然10年間は無償で施工者が責任を持って修理すべきところです。

投稿日時 - 2013-07-08 18:15:14

お礼

ご回答ありがとうございました。早速工務店と交渉してみます。

投稿日時 - 2013-07-09 00:24:05

あなたにオススメの質問