こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ディズニーシー

昨日ディズニーシーに7年振り位で行ったのですが,私にしてみると初めて来た様に全くと言っていいほど覚えがない風景建物だらけなのです。
まるで記憶喪失をしたように異様な思いになりました。
2回も行っていた記憶なのに,どうしてでしょうか?
最後に大きな船のレストランだけは記憶があったので,一寸は来ていた記憶にはなりましたが。
それと噴火山,最初のトンネルだけは。

投稿日時 - 2013-06-24 17:43:17

QNo.8147949

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

以下はwikiからアトラクの主な変遷だけピックアップしました。

TDL
2006年(平成18年)4月5日 - 「シンデレラ城ミステリーツアー」クローズ
10月6日 - 「トゥーンタウン・ベビーセンター」がオープン。
2007年(平成19年)4月28日 - 「スペース・マウンテン」リニューアル・オープン
7月20日 - 「カリブの海賊」リニューアル・オープン
7月8日 - 東京ディズニーランドホテル開業
7月25日 - 「魅惑のチキルーム:スティッチ・プレゼンツ “アロハ・エ・コモ・マイ!”」リニューアル・オープン
2009年(平成21年)4月14日 - 「ジョリートロリー」クローズ
4月15日 - 「モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!”」オープン
5月25日 - 「ミッキーマウス・レビュー」クローズ
2010年(平成22年) - 「グーフィーのはずむ家」クローズ
5月1日 - 「モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!”」リニューアル・オープン
7月1日 - 「キャプテンEO」再オープン。
2011年(平成23年)1月24日 - 「ミッキーのフィルハーマジック」オープン
4月15日 - 「シンデレラのフェアリーテイル・ホール」オープン
7月1日 - 「キャプテンEO」正式アトラクションへ。当初は1年間の期間限定オープンだったが、人気が出た為正式にレギュラーアトラクションとして続行。この為「ミクロアドベンチャー!」クローズ。
2012年(平成24年) 1月9日 - 「ステラ・スウィート」クローズ
4月2日 - 「スター・ツアーズ」クローズ
4月28日 - 2年ぶりに「カントリーベア・シアター バケーション・ジャンボリー」公演スタート。
8月24日 - 「グーフィーのペイント&プレイハウス」オープン
5月7日- 「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」グランドオープン

TDS
2006年(平成18年)
9月4日 - 「タワー・オブ・テラー」 正式オープン(グランドオープン)
9月29日 - 「シンドバッド・セブンヴォヤッジ」終了
3月28日 - 「シンドバッド・セブンヴォヤッジ」が「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」になってリニューアルオープン
2011年(平成23年)
新キャラクターグリーティング施設「ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル」オープン
7月8日 - 新キャラクターグリーティング施設「ヴィレッジ・グリーティングプレイス」オープン
7月18日 - 新アトラクション「ジャスミンのフライングカーペット」オープン
2012年(平成24年)
1月4日 ~ 3月16日 - タワー・オブ・テラーで、落下回数の増加と新プログラムを導入した「タワー・オブ・テラー:Level 13 」を開催
7月9日 - アメリカンウォーターフロントに新エリア「トイビル・トロリーパーク」、新アトラクション「トイ・ストーリー・マニア!」オープン

こうしてみると一目瞭然です。
TDSのほうが大きなアトラクションが増えています。
TDLの新規アトラクは「建物も全く新しくした」のはモンスターズインクぐらいではないでしょうか?
モンスターズインクも建物は変わりましたが元々あそこには建物があり、壊して新しくしたので区画としてはそんなに変わっていません。
フィルハーやフェアリーテイルホールなどは全く新しいアトラクションですが建物自体はほとんど手を加えていません。
それに対しTDSは大きな新アトラクが多いです。
オープン当初と比べるとアラビアのあたりはがらっと風景変わりましたし、トイビルトロリーパークなんかそれ自体なかったし、タワテラは遠くからでも見えるほど存在感ありますし。
どれもなかったところに建ったので当たり前といえば当たり前です。
どうしてそうなったかというと、パークは永遠に完成しないという理念から、元々新規アトラクを増やす予定で土地を余らせていたからです。
TDLも開園当初はビッグサンダーやスプラッシュやスターツアーズなどがある場所は昔は芝の丘でした。

それにTDLはシンデレラ城(ハブ)を中心に放射状に配置されているので地理がわかりやすいですが、TDSは立体化しているのでわかりにくいため、一度や二度では地理を把握しきれないというマジックもあると思います。
(意識していないかもしれませんが、山のあるあたりは建物の4階ぐらい、マーメイドラグーンの海底あたりが1階に相当します。グーグルマップとかで航空写真みるとわかるかも?)

行った事あるのに新鮮さを感じさせるというのは、狙って作ってるものなんです。
TDRのキャストの理念に「毎日が初演」という言葉があります。
もちろんキャストさんたちが「そう感じさせる」接客をするのも大事ですが、物理的な新鮮さも考えてると思います。
TDLが出来てから18年でしたっけ?経ってからTDSが出来てますから、経験を踏まえてより新鮮さを与えやすくと考えられたものなんでしょう。

でも上記年表を見るとわかるように、TDLもリニューアルや新規投入をしていて、変わってないわけではないんですよ。
TDSももう土地はほとんど残っていないと思うので、これからはリニューアルとか既存の場所を壊して新規投入とかが多くなるのではないかと思います。

投稿日時 - 2013-06-24 21:46:07

補足

ありがとう御座います。
前はあっさりしていた感じだったのに,何だと思うくらい建物に囲まれてしまって,記憶喪失でなくて良かったです。

投稿日時 - 2013-06-24 23:02:24

お礼

詳しくありがとう御座いました。

投稿日時 - 2013-06-24 23:03:59

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

建物自体は大きく変わってはいないと思いますが、前回は何か季節のイベント中(例えばハロウィンとか)だったのではないでしょうか。
飾りつけはイベントごとに大きく変わるので、印象も変わってくると思います。

投稿日時 - 2013-06-24 18:47:32

補足

私の記憶は7年以上前,若しくはもっと前だったかもしれません。

投稿日時 - 2013-06-24 23:15:11

あなたにオススメの質問