こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

LANでのIPアドレス付与方式

複数のPC、プリンタ、iPADを対象とした家庭内LAN(無線&有線)を考えています。
関連する機器は、上記のほか、ルーター機能付きモデム(NTTのRV-230SE)、無線アクセスポイント(B社製WHR-HP-300N)を用意する予定です。
各機器のIPアドレスは、RV-230SEのDHCP機能を利用して自動取得する計画です。

で、LAN構築の順序として、最適ではないであろうことを承知で、先ずRV-230SEと1台のPCを有線で直結し、インターネットが見られる環境になったとします。
このとき、IPアドレスは、普通はRV-230SE=192.168.1.1となっているようで、一方、1台のPCは、自動取得なので、「192.168.1.○○」などとなっていると思われます。
この○○を例えば「2」だとして以下の話を続けます。
冒頭に記述しましたように、これから他のPC、無線機能付きプリンタ、無線アクセスポイント等をLANに組み入れていくのですが、そこで質問です。
(1)組み入れる各機器のIPアドは、勿論自動取得させるのですが、「自動」で何ら問題はないでしょうか。確か、プリンタは固定アドレスにしておかないと具合が悪い、という話を聞いた覚えがあるのですが・・・。
(2)DHCPというのは、別の機器に同じ番号を付与することは当然ないのでしょうが、どういうカラクリなのでしょうか。RV-230SEは既に割り振り済(使用済)の番号を記憶していて、新規参入があった場合はそのリストにない番号を付与する、ということでしょうか。リストは更新されるのでしょうか。
(3)一旦付与されたIPアドレスは、そのLAN内では永久に不変なのでしょうか。それとも、日々、時々刻々変化するものなのでしょうか。例えば、プリンターのアドレスが、今日は「192.168.1.5」なのに明日は「192.168.1.8」になっているとか、そういうことってあるのでしょうか。

以上、似通った項目かも知れませんが、よろしくお願いします。

質問の動機は、家庭内で普通にLANを組む場合、IPアドレスを自動取得にしない(自分で番号を付与する)方式のメリットって何かあるのでしょうか、ということが知りたいのです。

投稿日時 - 2013-06-09 19:33:36

QNo.8126652

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

お尋ねの件ですが、無線LAN親機はブリッジ設定、固定IPで192.168.1.100等にしておくと、後から追加設定が楽になります。ついでにゲートウェイに192.168.1.1、優先DNSに192.168.1.1と設定、プリンターも固定IPにする形がパソコンからの経路変更トラブル対策になります。更に言うと、
NASやサーバ周りも導入時には固定IPが正規方法です。
DHCP仕様ですが、端末からのIPアドレス配布要求に対し、DHCPサービス規定に従い空き数値をリースします。リース期限も定められており、端末起動順や障害などにより変動します。固定IP設定端末は当然IPアドレスリース要求しませんので、その端末は、DHCPサービスからは例外処理され、IPアドレス衝突回避される仕組みになっております。
この規格は、通常端末側で設定するものを、簡略化するために策定された機能です。

投稿日時 - 2013-06-09 22:54:03

お礼

早速のご回答ありがとうございます。

>私には深く理解はできませんが、固定IPもなんらかのメリットがありそうですね。参考にさせて頂きます。

投稿日時 - 2013-06-11 17:16:30

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

固定したいものは固定にして、ルーターのDHCPの設定で自動割り当ての範囲を決めておくのが便利かもしれません。

固定するものは固定できるし。 
自動割り当てで使うものは自動割り当てで使えます。

投稿日時 - 2013-06-09 21:04:52

お礼

早速のご回答ありがとうございます。

>自動割り当ての範囲を決めておくのが

そうそう、RV-230SEのDHCP設定画面にも、自動割当て範囲を指定する箇所があります。
極めて合理的で納得性のある設計だと思うのですが、ただ、昔、そういう設定をしても無視される(付与範囲指定が無視される)経験があった記憶がありますので、私の中で「トラウマ」になっているんです。
再挑戦してみる価値はありそうです。

投稿日時 - 2013-06-09 21:31:19

ANo.2

(1)基本的には問題ありません
 確かに固定番号の方が都合の良いマシンもありますが、プリンタにその必要があるとは思えません
 不安ならプリンタの取説でも確認すれば良いんで無いですか?

(2)アドレステーブルっていう管理表があって、番号毎に割り当ての有無とか有効期限の様なモノを管理している
有効期限が切れると再度要求と割り当てが行われるから、そう言う意味での更新が行われる

(3)有効期限切れのタイミングでDHCPサーバーが割り当てるのでそのサーバー機能の割り当てアルゴリズム次第で同じになる場合も変わる場合もある
 一般的には、特別な理由がない限り前回と同じ番号になるのだが
 たまたま有効期限切れのタイミングで他のマシンから割り当て要求が先に出されれば、横取りされる可能性はある

最後
メリット・・・・取り立ててない
マシン名とアドレスの対応が分からなくとも直打ちでアクセス出来るって事はあるが、ソレが出来たから何か良いことあるかって言われても・・・・

投稿日時 - 2013-06-09 20:11:32

お礼

早速のご回答ありがとうございます。

家庭内LAN程度であれば、自動取得でなんら問題ないということですね。
ただ、関連機器の数が高々1桁程度で、不肖私程度のほんの少しの知識がありさえすれば、固定IPにしておいた方が、何かと管理しやすいように思いますねぇ。

投稿日時 - 2013-06-09 21:37:47

ANo.1

(1)普通は自動取得で問題ありません。ただ停電などで電源が落ちた後割り振られるIPアドレスが変わったりすることがあります。そのときに固定でないとうまく動かないなんてことはあります。プリンタやNASなど。当然情報を取得しなおせばいいだけなのですが。
できれば共有で利用するものは固定IPのほうがいいと思います。
(2)はわかりません
(3)IPアドレスには有効期限があります。これは機種によってちがうと思いますが
ずうっと同じというわけではありません。
固定IPのメリットは普通の人が使うのではあまりないでしょう。パソコンが複数あってデータのやり取りをしたり、リモート接続などで操作するといったことがなければ。

私の場合はルータでこのPCごとにIPを割り振る設定をしています。
PC側のせってはあくまで自動取得なのですが、必ず同じIPアドレスを割り当てるようにしています。ただ記述にある機種ではできるかわかりません。

投稿日時 - 2013-06-09 20:07:27

お礼

早速のご回答ありがとうございます。

>必ず同じIPアドレスを割り当てるようにしています

いっそ、手動割り当てにされてはどうなのでしょうかねぇ?。余計なお世話でしょうけれども・・・。

投稿日時 - 2013-06-09 21:41:26

あなたにオススメの質問