こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

子猫のキャットフードについて

2ヶ月の子猫を引き取りましたが、シーバなどの嗜好性の高いエサを好んでいるみたいです。
今年の初めに飼っていた猫を14才で亡くし、もうちょっと食べるものにこだわってあげればよかったという思いから、子猫にはなるべく添加物の入っていないものを食べさせたいです。

アニモンダのラフィーネクロス キトンを与えたのですが、開けたときにちょっと食べてそのままでは食べないので、どうしたらいいのか考えています。
引き取ったときにとりあえず買ったシーバはなにもしなくても食べるのに、ラフィーネクロスはモンプチのピュアスープをかけてあげると食べるくらいです。
スープをかけるほかにドライフードを食べやすくなるような方法がありましたらお教えください。

やはり嗜好性の高いものをあげてしまったので、もうプレミアムフードは食べてくれないのでしょうか?
できればアニモンダを食べきってから別のキャットフードを買うつもりでいて、成分と価格をちょっと見てみて、スーパーゴールド サーモン&ポテト、ロイヤルカナンFHNキトン、ピュリナワンあたりを試してみたいと思っています。
価格のことをいいましたが、成分が大事だと思いますのでほかにおすすめのキャットフードがあったら教えてくださるとうれしいです。
ロイヤルカナンの保存料の問題があるのは聞いたことがあるのでちょっと気になっています。

投稿日時 - 2013-06-01 14:51:18

QNo.8114748

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

ペットフードの成分の読み方について。


お使いのフードの成分表を見ると、様々な原材料が入っていますよね。
たとえば、

チキンミール・鶏ミール・ラムミール・鶏副産物粉・肉副産物・畜肉副産物(粉)・家畜粉・動物副産物粉 ・肉類*・~ミール、ミートミール、ミートエキス、ミートボーンミール

これ、全部肉以外の部位です。
○○ミールや副産物とは、肉以外の部位や家畜の糞尿です。肉骨紛、毛、皮膚、膿汁、腫瘍(癌など)、内臓も使用されている場合があります。
ミートボーンボールは、ずばり肉骨粉です。
(ちなみに、オーガニック食材は原材料の表示に「~ミール」や「~副産物」などの表示は原則として使えません。「~ミール」や「~副産物」などの表示してあるフードはオーガニックではありません。ナチュラルフードにも上記の原材料が使われていることはよくあります。)

それで、市場に出回る大半のフードが、フィードグレードといって、ヒューマングレード(人の食材基準)から外れた、食材に値しない原材料=4Dミート(後述します)、家畜用飼料など使用です。


よくある「肉類、家畜肉」ですが、
ただ何々肉と表示してある肉は、4Dミートと言います。
Dは「死」のことで、「死亡した家畜、死にかけている家畜、病気で死亡した家畜、負傷した家畜」の4つを意味しており、「肉類、家畜肉」とあったら、現状4Dミートを使っていると考えたほうがいいです。

ロイヤルカナンのキトンは、確か家畜が成分表先頭だったと思います。
(BHAについてですが、ドッグフードでBHAは発ガン性立証済み、BHTは発ガン性の可能性が指摘されています。)


個人的に、ホームセンターなどで買えるフードはお勧めしないんですが、
(その昔、そういったフードを食べていた猫を保護し、あちこち病気になっていた治療費が、亡くなるまで300万ほどかかりました。)
といいながら、病気で食欲廃絶した時にシーバは食いつきがいいのでうまく使う手もありますね。
やわらかいから手で砕けるし。


エコノミーフード→よいフードへのシフトは、我が家の場合は

・ウェットなら鰹節を少々混ぜる
(旨味成分で塩辛く感じますがナトリウムやミネラル含有量はごく微量です。)

・ドライフードには鰹節や煮干などの煮汁少々でふやかす(微量です。)、ウェットとぐちゃ混ぜする
ゴートミルクなどでふやかす
(うちはアーガイルディッシュの粉末を使ったりします。ホムペで各種サプルメントの成分全て公開しています。)
食べやすいよう、盛り塩型に給餌する


お勧めフードは、好みがあるので、サンプルでまず試してみるのがよいかと思います。

ねこ畑という有名なショップで、多数サンプルを扱っているので、よければ検索してみてください。
何かひとつ買わないとサンプルたくさんもらえないのがネックですけど、お試しにはいいですよ。ザナベレのサンプルもあります。子猫のフードサンプルはなかったと思いますが、食いつき試すなら大人用で問題ないので。

食べてくれるフードが見つかったら、数種類をひと袋単位でローテーションをお勧めします。

いきなり見向きもしなくなった(よくあります。)
同じ食材を食べ続けると、アレルギーを起こすことがある
欠品廃盤の時、一種類しか食べない猫は非常に大変

なので、複数種類がいいです。
それと、フードのブレンドは、体調不良になった時原因特定が困難になるので、避けたほうがいいです。

投稿日時 - 2013-06-02 10:04:27

お礼

回答ありがとうございます。

○○ミールと書かれているものってひき肉のことだと思っていたのですが、肉ではないということでしょうか?
なんだかとても衝撃的です。
今あげているアニモンダの原材料をを見たところ肉類(鶏肉~)と書いてありましたが、まさかこちらは違うと思いたいです…。
買ってみたいと思っていた、スーパーゴールド サーモン&ポテトを見てみると、サーモンミール、ホワイトフィッシュミール、ポテト…と書いてあります。
お肉のミールよりはよさげに思ってしまいますが、どうなんでしょう。
ロイヤルカナンの原材料は、家禽ミートと書いてありましたのでこれも4Dというものだとしたら、やはり保存料の問題とあわせて考えてみても子猫にはよくはなさそうです。

手軽に手に入れることができて嗜好性が高いというのがホームセンターで売っているキャットフードなのかなーと思っていますので、食べないキャットフードに風味付け程度に混ぜるというあげかたでしたら、一つくらいはあってもいいなと感じています。
治療費に300万円…やはりキャットフードの原材料はよく見て買ったほうがいいですね。

なるほど、同じフードが続くと飽きるのもあるけれどアレルギーが出るということがあるんですね。
フードのローテーションが重要なのがよくわかりました。
となると、できれば小分けになっているものがいいですね。
プレミアムフードなどは小分けになっているのもがあまりないイメージでいましたが、密閉容器に入れておけば保存もききそうです。

今はモンプチのピュアスープを水で薄めたものをドライフードにかけてあげています。
こうするとよく食べるのですがピュアスープはとても匂いが強いのです。
すごくおいしそうな匂いで、そこが猫も好きであまり好きではないフードも食べるようになったのですが体にはよくなさそうだな、これがないとほかのものは食べなくなってしまうのではないかと思いつつあげていました。
鰹節の煮汁でふやかすのでしたら気にせずあげられそうですね。

猫畑さんのHPも見てみましたが、保存料など入っていないキャットフードの取り扱いをしているということでとてもいいです!
今まで楽天で探していたのですが、こちらのほうがわかりやすいと思いました。

ふりかけみたいにかけてあげることはあると思いますが、フードのブレンドについても気をつけますね。

キャットフードの表示からあげかたまで、わかりやすく丁寧に教えてくださってありがとうございました!!

投稿日時 - 2013-06-02 16:02:01

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

アニモンダ、慣れてくれるといいですね。
他にも、安心してあげられる、食いつきのよいフードが見つかるといいですね☆


それと、肝心なことを書き忘れてしまいました!
亡くなった猫ちゃんのご冥福を、心よりお祈り申し上げます。
遅くなって申し訳ありません…


亡くなった猫ちゃんの分も、元気に健やかに成長してね(=^ェ^=)


長々失礼しました、育児がんばってくださいねヾ(´ー`)ノ

投稿日時 - 2013-06-04 14:29:01

お礼

お気づかいありがとうございます。

前に飼っていた猫が病気になってからアニモンダやザナベレやアーテミスなどの添加物の入っていないキャットフードを初めて知って、食に気をつけてあげればよかったと思っていたのです。

そのときのことをふまえて、子猫にはもうちょっといい環境で育ててあげたいと思います。

励ましのお言葉ありがとうございます、がんばって子猫を育てます!

投稿日時 - 2013-06-04 16:16:51

ANo.5

本当に、成分表の記載は、気をつけて見るとスルーできないものがありますよね。

どこまで拘るかの線引きは必要なんだけど、実態を知ると、その線引きも心理的に難しくなりますね。


>アニモンダについてはわかりづらくてすみません、
肉類(鴨肉・七面鳥・鶏肉)
という表記でした。

→こちらこそ説明不足ですみません(汗)
肉類、家畜肉、と漠然とした表記のみだと、4Dミートとみなす、という意味です。
(鶏肉、羊肉)などと明記してあれば、可食部位が使用されています。

なので、
>ロイヤルカナンの原材料は、家禽ミートと書いてありました

これだと、家禽って何の肉?鶏とかうずらとか書けないの?
ミートって副産物ですか?
という疑問が出てきますね。

>鶏肉と書けばいいのをチキンミールと書くのは、やはり違うものだったんですね。

鶏肉≠チキンミール、です。仰る通り、鶏肉(可食部位)と明記できない廃棄部分も含まれている可能性になります。


糞尿で思いだしましたが、粗悪なフードだと、腸や膀胱を殺菌洗浄せず糞尿ごと使用していたりします。膿や腫瘍以外にも、鶏冠や嘴、爪など、要するに選別に手間隙もコストもかけていられないから、全部潰して使っているわけです。
また、コスト削減のため、安価な飼料を大量に混ぜ込みます。
とうもろこし、小麦といった、猫には避けたい原材料が多用されます。
安価なフードは、それなりのクオリティなんですね。


レンダリングという言葉はお聞きになったことはありますか?
ペットフード製造におけるレンダリング業者の実態です↓

http://foods.a-thera.jp/pages/user/iphone/article?article_id=2125401

こういった実態を知ると、フードの選択に慎重になるというものです…

投稿日時 - 2013-06-03 12:37:36

お礼

回答ありがとうございます。

肉類や家畜肉など詳しく書かれていないものは4Dの肉ということですね。
今までこういう表記を見て詳しく書かれていないなと思っていましたが、いろいろ混ざりすぎてて書けないのでしょうね。

レンダリングについては知りませんでした。
キャットフードに糞やらなにやらまで入れてしまうとは…。
書かれていたHP拝見しましたが、原材料の肉も豚や牛だけではないとか食べ物ではないものまで入っていると聞いて、ほんとに副産物が入っているものはあげたくないと思ってしまいます。
動物性油脂と書かれたものも気をつけたほうがいいということがわかりました。

国産のものは小麦粉や穀類か○○ミールが主原料なイメージで、私が知らないのかもしれませんが、肉や魚が主原料のものはほとんどない気がします。
あまり食べないのでちょっとなにかをかけてあげてですが、アニモンダを続けようと思います。

回答者さまに教えていただいたねこ畑さんでちょっと買い物をしたので、サンプルを試しつつしばらくは原材料を見ながら子猫がおいしく食べてくれるものを探すことになりそうです。

投稿日時 - 2013-06-04 14:06:35

ANo.4

>○○ミールと書かれているものってひき肉のことだと思っていた

そう、飼育者さんの多くが、「肉だよね」「ひき肉的な?」と想像しちゃう表記ですよね。

>肉ではないということでしょうか?

こういったところにも、ペットフードの成分の抜け道がある場合がありまして、

日本には、ペットフード安全法というのが2009年だったかな?施行されたんですけど、
原材料の明記は義務づけられていますが、クオリティに関する表記の義務づけはありません。
たとえば、by-productmeal(肉副産物)と表記したら、純粋な肉以外の成分、すなわち先の回答で挙げた廃棄部分の使用も認められます。
つまり、そのような廃棄部分も使用しているメーカーも(100%ではないけど)あるということです。

これについて、過去にいくつかのメーカーに問い合わせたことがありますが、回答のないメーカーもありました。
○○ミールは、必ずしも副産物使用ではないかもしれませんが、「その可能性もある」と思っていたほうがいいかと思います。


>今あげているアニモンダの原材料をを見たところ肉類(鶏肉~)と書いてありました
が、まさかこちらは違うと思いたいです…。
アニモンダはドイツの良心的な大手メーカーの誉れが高いですが、ミール表記の内容はどうなんだろう?私は現在は使ってないのでちょっとわからないです、すみません。


>ロイヤルカナンの原材料、保存料

保存料や合成添加物は、もちろんないのが一番だけど、なかなか難しいところですよね。○○トコフェロール記載でしたら、保存料としてビタミンE使用になります(の、はずです)。


あと、原材料の先頭表記も、小細工みたいなことしてるメーカーもありまして、

一般に、成分含有量の多いものから順番に記載なんですけど、分割表記による抜け道というものがあります。
たとえば、コーンが一番使用されていると、先頭表記でユーザーが敬遠することがありますよね。
これを、コーンとコーングルテンなどに分割して記載することで、肉を先頭表記しているフードもあります。


ペットフードの安全性を調べると、何が安全で危険なのか、混乱してどれも躊躇してしまう、別の縛りが出てしまいます。

日本のほとんどのペットフードが準拠するAAFCOの基準も、米国では最も抑制力のあるものですが、AAFCOの基準をクリアしていても、その内容が、たとえば何かが過剰・何かがギリギリとか、実にバラバラで、ナチュラルフードの認識に関しても、どうとでも解釈できる曖昧さがあります。

更に品質に拘るなら、「ISO( 9001:2000)」や「DIN EN ISO(9001)」「HACCP」や「IFS」が(これらは世界で最も厳正な機関です。)認証しているメーカーのフードを選ぶ。

もっと拘るなら、栄養学を徹底的に学んで、全部手作りのご飯(ただし、失敗したら栄養不足や疾病などハイリターンもあります)。

>手軽に手に入れることができて嗜好性が高いというのがホームセンターで売っているキャットフードなのかなーと思っていますので、食べないキャットフードに風味付け程度に混ぜるというあげかたでしたら、一つくらいはあってもいいなと感じています


先ほど、ホームセンターフードよくない、ブレンドも避けて、と書いたんですが、これもやり方はありますよね。

これまでエコノミーフードだった猫、まして育ち盛りの子猫に、いきなり良質だけど本人には味気ないフードあげても、食べなかったら意味がないし、全く口にしない子猫だと、下手したら死ぬことさえありますから、慣れるまでブレンド→徐々に比率を変えるとかですよね。
そこは柔軟対応でいいと思います。


>できれば小分けになっているものがいいですね。
プレミアムフードなどは小分けになっているのもがあまりないイメージでいましたが、密閉容器に入れておけば保存もききそうです。
小分けはコスパが高いけど、保存面では安全ですよね。
他には、フードストッカーで真空状態にできるタイプもいいと思います。
(楽天などで、フードストッカー、真空で検索するとヒットすると思います。)

投稿日時 - 2013-06-02 17:39:32

お礼

回答ありがとうございます。

表記で○○ミールと書かれている場合と副産物と書かれているものは気をつけるようしたいと思いましたが、ミールと書かれていてそういう入ってほしくない部分が入っているってわからないですよね。
私も副産物というのはあまりよくないものだとは聞いていたのですが、ミールも副産物と変わらないのだと知りませんでした。
鶏肉と書けばいいのをチキンミールと書くのは、やはり違うものだったんですね。

アニモンダについてはわかりづらくてすみません、
> 肉類(鴨肉・七面鳥・鶏肉)
という表記でした。
肉類もミールと同じ副産物を使っていることもあるのかなと思い、書いてしまいました。
アニモンダのHPを見ましたが副産物は使用していないと書かれていたので安心してあげられそうです。

含有量の話はすごいというかなんというか、いろいろなやり方があるんだなぁという感じです。
ということは表記では主原料の含有量はわからないということになってしまいますよね。
本当にどんなものをあげていいのかわからなくなります。
いろいろとプレミアムフードの原材料を見てみましたが、ナトリウムなどの表記がないものもあって簡単には選べないです。

ちょっと見たところザナベレがHACCP、アニモンダはHACCPとIFSとDIN EN ISOやそのほかにもいくつかの機関が認証しているようです。
認証されたところのキャットフードは安心できそうでいいです!

手作りフードはやったことがあるのですが、ちょっと材料の配分などが簡単ではなさそうですし猫がおいしく食べれるものは作れなかったのです。
でもキャットフードと一緒にあげたら栄養もまかなえるのかな? とも思ってるのですが…。
もし手作りのものをあげるとしたら子猫のときからのほうがいいと思うので、今あげるべきなんでしょうね。

材料がいいものでも食べてくれないとだめですからね…。
あまりよくないと思いつつ、嗜好性の高いスープをかけてあげてしまいます。
これからあげるフードで食いつきがいいものがあったら、すこしだけ混ぜてでも食べてほしいです。

フードストッカーを検索してみました。
いろいろな種類がありますね。
真空でできるタイプはちょっと値が張っていて、専用ポンプを使うものなどもありました。
ほかにもうちょっと気軽に買えるものはと調べてみたところ、ジップロック スクリューロックというものを見つけました。
空気は入ってしまうかもしれないけど、きっちりとふたを閉めたらけっこう長持ちしそうです。

またもや丁寧なご回答ありがとうございました、とてもわかりやすかったです!

投稿日時 - 2013-06-03 09:44:28

無添加 食いつきがいい 国産のフード
BEAUTYproがおすすめです。
難点は販売店が限られているといえ事です。通販で買っています。

日本ペットフ-ド株式会社

http://beautypro.npf.co.jp

爽快ドラッグ  住友グルプの通販会社

http://www.soukai.com

投稿日時 - 2013-06-02 11:17:13

お礼

回答ありがとうございます。

どういうものか調べてみたところ、子猫用のドライフードの原材料に穀類がおおく使われているようです。
まだ子猫ですのでできるだけお肉か魚でできているものをあげようと思っていたのです、質問に書いていなくてすみませんでした。
評判を見てみると食いつきはよさそうなので、あまり食べないキャットフードにかけてあげるのもありかもしれないですね。
教えてくださってありがとうございました。

投稿日時 - 2013-06-02 16:03:25

ANo.1

シーバは麻薬(本当の麻薬ではないですが^^;)が入っているのでは?と思うくらい、食いつきが良いと言われています。
うちの猫はアニモンダは大好きで良く食べてくれますが、猫ちゃんによって好みは違いますよね。

うちの猫は、好き嫌いはあまりないのですが、飽きっぽいためか、今まで良く食べていたフードなのに、突然見向きもしなくなる時があります(汗)そういう時は、缶詰を少し乗せるとまた普通に食べてくれます。
食いつきの良くないドライフードでも、缶詰を少し上に乗せてあげると(ドライとは混ぜません)、匂いでだまされるのか、結構食べます。
私は最近ドライと缶詰のようなウエットの両方を与えるようにしていますが、ドライの食いつきが良くないからだけではなく、水分補給の事も考えてそうしています。
缶詰のほかにドライを食べやすくするには、猫用のふりかけのようなものや粉ミルクを振りかけるといいかもしれません。

今、うちの猫にローテーションをして与えているのは、メディファス、アニモンダ、ザナベレ、ダヤンズキッチン、ワイソング等です。
メディファスは国産ですが、国産の中では良質で、猫の健康の事を研究して作られているようですし、何よりスーパーやドラッグストアなど、どこにでも置いていて値段も高くないので買いやすいです。それに、嗜好性も良く缶詰なしでも大変良く食べてくれます。穀物が第一原料になっていますが、これはあまり気にされなくてもいいと思いますし、気になるようでしたら缶詰等で補えば問題ないと思います。

ロイヤルカナンは、賛否両論で、保存料を気にして与えない飼い主さんもいれば、保存料は問題なくそれ以外の原料は安全だからロイカナ命?といって常に与えている飼い主さんもいるようです。私は前者です。
BHAは発がん性があるようですが、食品にも使用されています。人間はまだしも、体の小さな猫ちゃんにBHA入りのものを与え続けたら何らかの影響は近い将来必ず出ると思います。そんなものが配合されているフードなんて危険すぎて、私は絶対に与えません。

参考URL:http://www.petline.co.jp/cat/01/

投稿日時 - 2013-06-01 16:04:06

お礼

回答ありがとうございます。

プレミアムフードは香料などが入っていないぶん食いつきがあまりよくないというのを見たことがあるので、アニモンダを食べてくれる猫ちゃんだったらほかのプレミアムフードも食べてくれそうですね。
シーバは本当によく食べますよね!
よく食べてくれてありがたいのですが、ちょっと調べてみたところ豚肉副産物が使われていてあまり与えないほうがいいのかなぁと思いました。
アニモンダの上にかけると一緒に食べてくれるので使っていますが…。

子猫はドライが好きなようですので、回答者さまが教えてくださったようにウェットを混ぜないで上にかけてやってみようと思います。
夏場ですと水分も特に必要ですし、ウェットもあげたいところですね。
ただ開封したパウチは次の日には味が変わっているみたいであまり食べてくれなかったので、おいしいままで保存できたらもっといいのになーと思います。

ふりかけや粉ミルクというのも栄養があってよさそうだと思ったので、ちょっと調べてみます。
実はフードのローテーションについてはあまり考えていなかったので、いろいろなものを買っておいたほうがいいですよね。
教えていただいたように、メディファスは近くにあるドラッグストアにも売っていたので、ローテーションの中に組み込むのはよさそうです。
嗜好性がいいということで、そういったフードはあまり食べないものに混ぜてあげると食べるようになるのでありがたいですね。
ザナベレなどのキャットフードもサンプルがもらえるところがあるので試してみたいところです。

ロイヤルカナンはネットでもよく見かける名前だし、気にしないで使ってもいいのかなと思ったりもしましたが、まだ2ヶ月の子猫。
そんな小さい子にあげるのはあまりいいことではなさそうですね。
お手ごろで成分も保存料のことがなければいいなと思っていましたが、ちょっと考えようと思いました。

ご丁寧な回答ありがとうございました!

投稿日時 - 2013-06-01 18:51:15

あなたにオススメの質問