こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

iPhoneの充電について

純正ACアダプタで充電を行うと5V1Aの出力で急速充電になるかと思いますが、
iPhoneをUSB2.0ポートのパソコンに接続して充電すると
出力500mAで充電に非常に長い時間がかかるいわゆる低速充電で充電されると思います。

個人的には低速でゆっくり充電した方が発熱も少なくバッテリへの負荷は少ないと思っているため
出来るだけ低速で充電したいと思っています。
そこで社外品のACアダプタではUSB2.0ポートと同じ500mA出力のものがあるのですが、
調べてみると500mAの充電器を使用した時に
「充電機能はこのアクセサリではサポートされていません」
の表示が出て充電されないという例が多数見つかりました。

何故同じ500mAでもUSBポートでは充電が可能なのに対して
ACアダプタでは充電できない事があるのでしょうか?
また、ACアダプタで低速充電が行う事は出来ないのでしょうか?

パソコンを使っている時はそれでもいいのですが、毎回充電が必要な場合にパソコンを使用しているわけではないので、
ACアダプタでも低速充電が行えれば・・・と思っています。

もちろん純正アダプタで行う急速充電は設計の範囲内で
通常使用では気にするほどではない事かもしれませんが、何かいい方法はないでしょうか?
宜しくお願いします。

投稿日時 - 2013-05-31 23:25:03

QNo.8114012

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

知らなきゃ損するiPhone,Androidの急速充電の仕組み
下記のURLを参照してください。

参考URL:http://kohju.justplayer.com/SmartPhoneTips_power_usbcurrent.html

投稿日時 - 2013-09-09 10:33:24

お礼

こんな過去の質問に回答して下さって居てありがとうございますm(_ _)mまた、当方も半年以上も放置していたご無礼をお許しくださいm(_ _)m
WinPCのUSB2.0ポートで500mAで充電でき、500mA出力のただのACアダプタではできない理由についての謎が解けました。ありがとうございます。しかし急速充電推進なようですね。最近は調べてないのでどうなってるかわかりませんが、低速or急速充電によるバッテリの負荷の違い(厳密に言うと急速充電すると発熱するためそれにより劣化が進行しやすい)はよくわからないようですね。
どうせバッテリがイカれる頃には買い替えてるだろ…ってのが大方の意見でしょうが、貧乏性でもうすぐ6が出ると言われてる今現在でも5を使い続けようとしているので(^_^;)
4はスペック的に動くかどうかはともかくOS対応すら除外されたので5も化石になる日はそう遠くはないですが…

余談が多くなりました。ありがとうございましたm(_ _)m

投稿日時 - 2014-06-15 23:51:18

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

バッテリーの寿命は、一般に、高速充電か、低速充電かではなく、充電と放電の回数で決められています。
国内の携帯用バッテリーの充放電回数は、およそ500回で設計されています。

>何故同じ500mAでもUSBポートでは充電が可能なのに対して
>ACアダプタでは充電できない事があるのでしょうか?
500mAというのは、電子機器の内部抵抗の値で決まります。
一般的な携帯の内部抵抗よりも、iPhoneの内部抵抗が高いために、500mAの出力がでていない、ということです。

>もちろん純正アダプタで行う急速充電は設計の範囲内で
>通常使用では気にするほどではない事かもしれませんが、
>何かいい方法はないでしょうか?
純正のアダプタを使うのが、一番安全で確実です。

方法がないこともないのですが、「安定化電源」を使用すれば、出力電流をコントロールすることができます。
コントロールを間違えれば、当然、iPhoneは、おなくなりになります。
しかしながら、500mAの低速充電が、バッテリーの健康に良いという保証はないので、お勧めできません。

投稿日時 - 2013-06-01 06:26:09

お礼

おはようございます。早速の回答ありがとうございます。
確かに充放電の回数が寿命を決める要因であると思います。
ただ急速充電時にはそれなりの発熱を伴うため、発熱というのはほぼ殆どの場合で機器の部品劣化に繋がるので
するかしないかではしない方がいいと思うのです。
http://www.apple.com/jp/batteries/iphone.html
アップルの公式見解でも高温を避ける事は推奨しています。

500mAについてはUSB2.0も社外ACアダプタもあくまで最大値という事で、
実際はiPhoneの内部の充電制御チップで変動(満充電に近くなればトリクル充電に切り替わるなど)
しているかと思いますが、
最大出力が同じ500mAでも充電できたり出来なかったりする理由がわかりません。
実際の電流値を測ったわけではないので実際は出ていなかったり不安定など精度の問題もあるかもしれませんが・・・。

安定化電源を使用する・・・についてはパソコンが安定化電源を有しているため
パソコンから充電するというのがある意味それにあてはまると思います
(コントロールは出来ませんが)

別途購入するというのも中々高価な物ですし接続も面倒になってしまうのでちょっと難しいですね。
あまり変なことをすると保証規定外になってしまうのでしませんが、
USB供給は純正ACアダプタとは別に公式で認められている方法ですので、
それと同じ環境が作れれば・・・という事です。
長々とすみません。反論みたいになってしまいましたがご容赦下さい。

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-06-01 09:16:42

あなたにオススメの質問