こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

米国債、日本国債等の金利はどうして変動するのか?

 米国債や日本の5年物や10年物の国債の金利が毎日変動しています。銀行金利の場合は、貸し出すほうが利率を決め、固定性なのに、国債はどうして変動するのですか?

 また、テレビを見ていると、日本の住宅ローンの金利は固定性なのに、米国の住宅ローンの金利は変動するのはどうしてですか?国債金利の変動制と関係があるのでしょうか?

投稿日時 - 2013-05-30 09:04:11

QNo.8111535

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

債券は市場で取引されているから、その価格である市場金利も毎日変動するのです。また国債は市況性商品ですから、発行時点の金利も既発債の金利を勘案してころころ変わります。

債券価格=Σ(毎期のキャッシュフロー(=利息+元本)÷市場金利)

が基本なので、債券価格が上昇すれば金利は下がる、債券価格が下がれば金利は上がる、という関係にあります。

貸出は個別の銀行と借り手との相対交渉で決まる商品ですから、毎日のように金利が変わる訳ではありません。しかし指標となる長期金利が変われば3ヶ月とか6ヶ月単位では改定されます。

住宅ローンについては日本でも固定と変動の両方があります。

投稿日時 - 2013-06-01 00:13:55

お礼

ご回答ありがとうございました。
よくわかりました。
債権価格の決定数式も示していただき大変助かります。

投稿日時 - 2013-06-06 09:10:01

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問