こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日本語訳を!!

お願いします
(9) When the aspiring young politician finished his travels, he settled in Rome. Although he hated the corruption that he saw among the city's officials, he wanted to join their club. He hoped to become a magistrate and convince the others to govern once again with honor and justice―to forget their own ambitions and work for the common good.
(10) Cicero wasn't a coward. He never hestitated to point ont the crimes that he saw, even if high-ranking officials had committed them. His first legal case pitted him against a top lawyer. Against all odds, he won. This victory made his reputation as the young man who beat an old pro.
(11) In 75 BCE the people elected Cicero quaestor, an assistant to the governor of Sicily, when he was 30 years old―the youngest age the law allowed. Even though his ancestors had never held major office in Rome, Cicero climbed the ladder of success very quickly. He did it through hard work and innate brilliance. But Rome was like a boiling pot of trouble in Cicero's day, just as it had been when the Gracchi brothers were alive. Fierce battles still raged in the streets because so many people were hungry and jobless.
(12) Riots and corruption had threatened Rome's security in the age of the Gracchi. Afterward, the situation greweven worse. German tribes moved south into Roman territory in southern Gaul modern France), where they defeated Roman armies in three frightening battles. This was the first time since Hannibal that foreign invaders had threatened Italy. Faced with new enemies, Rome desperately recruited soldiers. The consul Gaius Marius enlisted a new army, even accepting poor men who owned no land. Although soldiers usually supplied their own equipment, Marius gave uniforms and weapons to these new recruits.

投稿日時 - 2013-05-26 22:35:01

QNo.8106456

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

(9) この野心的な若い政治家(=キケロ)が、彼の旅を終えたとき、彼はローマに落ち着きました。街の役人の間で目にする腐敗を憎みましたが、彼は彼らの集まりに加わりたいと思いました。彼は、行政官になって、彼ら自身の野心を忘れ、公益のために働くように、名誉と正義を持ってもう一度統治する様に、他の人々を説得したいと思いました。

(10) キケロは、臆病者ではありませんでした。彼は、たとえ高官が、それらの犯罪を犯したとしても、目にした犯罪を指摘するのを決して躊躇しませんでした。彼の最初の訴訟事件は、彼を最高の法律家に挑ませました。困難にも関わらず、彼は、勝訴しました。この勝利は、年季の入った専門家を打ち破る青年としての彼の評判を作りました。

(11) 紀元前75年に、人々は、キケロをシシリー総督を補佐する審問官に選びました、この時、彼は、30才で、法の許す最年少の年齢でした。たとえ彼の先祖がそれまでローマで主要な役職に就いたことがなかったとしても、 キケロは非常に速く出世の階段を登りました。彼は勤勉と生来の頭の良さによってそれを成し遂げました。しかし、ローマは、キケロの生きた時代、問題の沸騰する鍋の様でした、まるで、グラックス兄弟が生きていた時代とそっくりでした。激しい闘争が、街路で荒れ狂いました、なぜならば、非常に多くの人々が空腹で職を失っていたからでした。

(12) 暴動と腐敗は、グラックス兄弟の時代に、ローマの治安に脅威となっていました。その後、 状況は、更に悪化しました。ゲルマン民族が、現代のフランスの南ガリアにあるローマの領土に南下してきました、この地で、ゲルマン人は、三度の戦いで、ローマ軍を破りました。ハンニバル以来、外国の侵入者がイタリアを脅かしたのはこれが初めてでした。新たな敵に直面して、ローマは、兵士を必死に募りました。執政官のガイアス・マリウスは、新しい軍を徴兵しました、土地を所有しない貧しい人々さえ入隊させたのです。 兵士は、通常、自ら装備を用意しましたが、マリウスはこれらの新兵に制服と武器を与えました。

投稿日時 - 2013-05-27 01:27:39

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2013-05-27 07:35:06

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)