こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

嘔吐恐怖症だった方に質問です。

まず始めに私は嘔吐恐怖症です。
人が吐くのも駄目、自分が吐くのも駄目、とゆうか吐き気がすると動けなくなり喋れなくなり気をまぎらわすのに精一杯になります。
子供(一歳八ヶ月)と旦那がいますが、旦那が体調が悪かったり、吐いたり、子供がちょっと咳をしたり、下痢をしたり、そんなことになると心配で心配で夜も眠れなくなりご飯も食べられなくなります。
嘔吐恐怖症のせいで、自律神経失調症を発症して毎日吐き気止め(錠剤と漢方)と安定剤を飲んでいます。
食べられなくなり体もガリガリに痩せました。
毎日体調不良で、今も生理のせいで胃痛と腹痛がして憂鬱です。
嘔吐恐怖症がなければ吐き気なんか無くなってご飯もたくさん美味しく食べられて、病気のことなんか考えなくてすむし、何より心配性すぎて神経質すぎて自分でも鬱陶しいし、鬱陶しがられなくてすむのに。

そこで質問です。

嘔吐恐怖症だった方、どうやって克服しましたか?
また、どれくらいで克服しましたか?
やっぱり吐いて慣れるしかないのでしょうか?
なんか、嘔吐恐怖症と検索すると新田なんとかという人の克服術みたいなのを購読するとすぐに克服できる!というのがありますが、そういうのを購読した方はいますか?

嘔吐恐怖症の方、どうやって病気と戦っていますか?
また、今している治療はなんですか?

お願いします、怖いんです。
毎日毎日吐き気や違和感がくるたびに怯えています。

投稿日時 - 2013-05-23 17:27:59

QNo.8101602

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

参考になるかわかりませんが…
これが近いかな?

というのを載せます。
違う方の回答です。

~:~:~:~:~:~:~:~:~:~:~:~:~:~:~:
医療関係者ではありませんが、精神医学一般と、拒食症について勉強したものです。

要点だけ書きます。

参考にして頂ければ。

拒食というと、みな、食が細いというその症状に目を奪われますが、
大切なのは、なにがその原因となっているかです。

現在、拒食症に対して、科学的なデータがそろい、効果の確認できている治療法が
2つあります。

1つは、認知行動療法。
もう一つは、対人関係療法。

ここでは、拒食症に関して、もっとも有効だと思われる、対人関係療法について
お話しします。

一言で言うと、対人関係療法は、

患者さんと重要な関係にある他者との関係で拒食が起きている

と言う考え方をします。

娘さんの場合、ほとんど三パターンです。

●父親
●母親
●恋人

まず、この、娘さんにとって重要な関係を持つ他者との間に、
コミュニケーションの問題がないか疑ってください。

大切なのは、娘さんがどう思いどう感じているかです。

たとえば・・・

お母さんは、非常によく娘さんに接しているとして・・・
しかし・・・
お母さんが共働きで、娘さんと時間をともに過ごせない日々を送っていたりします。
このとき、娘さんはとても心優しい人で、お母さんに、
自分を見て!
と言うことがどうしてもできないとします。

このようなときに、よく女性は拒食症を発症します。

拒食症は一般的に危険な病気です。
治療の難易度は高く、死亡率も高いです。

が・・・

それは、一昔前の話。
現在では、すぐれた治療法が開発されており、
専門の精神科医師に当たれば、
ほぼ、100%治ると言われています。

繰り返します。

拒食に目を奪われてはいけません。
大切なのは、拒食を誘発しているこころの動きは何なのかを
見極めることです。

まず間違いなく、娘さんは優しい人だと思います。
何かを我慢しているのです。

ときには、それは、お母さんとお父さんの夫婦関係だったりして、
ときに、両親をつなぎ止めるかすがいの役目を拒食という症状が
担っている場合があります。

その場合は、ご両親が夫婦関係を見直せば、
自然と拒食は治まることになります。

拒食とは、
患者さんが今よりももっともっと、幸せに生きたいという
能動的なこころの動きのことです。

拒食という行動を通して、
娘さんがいまよりももっともっと幸せになりたいと
切に願っていること、
また、その自分のこころの動きに娘さん自身が
気がつくこと、

そして、周囲の人が、
娘さんがなにがどう今より幸せになりたいと
願っているのか・・・
そのこころの動きに気がつくこと。

今まで書いてきたことが、治療においてもっとも
重要なことです。

参考までに、いままで書いてきたことを私が勉強した、
本を紹介します。

拒食症治療の日本の第一人者は
水島広子先生です。
この方に見ても立った人はほぼ100%治っているそうです。

これから紹介する本も、非常に強力で、
この本を読んで、実践している拒食症の
親子が水島先生の診療に来たそうですが、
来た時点では、ほぼ、症状が治っていて、

あとは、今の調子でがんばってください

と、水島先生が言い残して、診療を終えたそうです。

拒食症・過食症を対人関係療法で治す
http://www.amazon.co.jp/%E6%8B%92%E9%A3%9F%E7%97%87%E3%83%BB%E9%81%...

水島広子先生
http://www.hirokom.org/
http://www.hirokom.org/clinic.htm

お幸せに・・・

投稿日時 - 2013-05-24 02:33:46

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問