こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

アラン・ドロンを、知っていますか?

先日テレビ(「笑っていいとも」だったと思いますが)を観ていたら、「アラン・ドロン」の名前が出た時に、若い男女のタレントさんが知らないと言っていました。
まさかと驚いたのですが、同時に自分がいかに年寄りになったかを実感して、プチ衝撃でした。
<質問1>あなたは、アラン・ドロンを知っていますか? ご存知の場合、彼から連想するものを教えて下さい。 

一方、少し前に放映されていたフランスのクラシック映画を観ていたら、ミレーヌ・ドモンジョが出てきて、思わず妻(もちろん、いい年です)に話しかけたら、「誰?」と言われてしまいました。
いや、昔のフランスを代表する女優だよと言ったら、「私は、タイムボカンの人しか知らない」だと(泣)。それは、「ドロンジョ様」だって。。。
<質問2>あなたは、ミレーヌ・ドモンジョを知っていますか? ご存知の場合、彼女から連想するものを教えて下さい。

そもそも、この「ドロンジョ様」は、ミレーヌ・ドモンジョがモデルなんですよね。ドモンジョとドロンと合わせて名前を付けたわけではないと思いますが。。。
<質問3>あなたは、ドロンジョ様を知っていますか? ご存知の場合、彼女から連想するものを教えて下さい。

どれかに知らないというご回答のある方は、よろしければ年齢層もお教え願います。

投稿日時 - 2013-05-20 19:43:38

QNo.8097154

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

私も多分その番組、観ました。軽くショック!(笑)

1.もちろん知ってます。美男、ダーバン、「太陽がいっぱい」「冒険者たち」「山猫」、、ロミー・シュナイダー、ナタリー・ドロン、ミレーヌ・ドモンジョならぬ、ミレーユ・ダルク、

2.もちろん知ってます。金髪、キュート、天然、「悲しみよこんにちわ」「お嬢さんお手やわらかに」、こちらで教えてもらった「100歳の少年と12通の手紙」で久々にお姿拝見しました。

3.よく知らないけど、深キョンかな??

投稿日時 - 2013-05-20 23:24:58

お礼

アラン・ドロン:知っている✕13、知らない✕0
ミレーヌ・ドモンジョ:知っている✕6、知らない✕7
ドロンジョ様:知っている✕10、知らない✕3

アラン・ドロンを知らなかったのは、確か南明奈さんとユージさんだったかと思いますが、20代の人にとっては過去の人でさえないのかもしれませんね。
アラン・ドロンで、ロミー・シュナイダー、ナタリー・ドロン、ミレーユ・ダルクを連想していただけるとは、嬉しい限りです(笑)。
アラン・ドロンもそうですけど、ミレーヌ・ドモンジョもご健在なので、そんなに昔の人でもないんですけどね~
ドロンジョ様は、実写版で深キョンが演じて話題になりましたね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-05-21 19:36:08

ANo.13

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(18)

ANo.18

be-quietさん、こんにちは。

1)「太陽がいっぱい」

2)「アイドルを探せ」

3) 説明しよう。ドロンジョ様は何かというと「おっぱい」ポロリなのだ(笑)

そういえば、ドモンジョもドロンジョも小原乃梨子が声優だったのではなかったかなぁ。。。

投稿日時 - 2013-05-22 00:36:50

お礼

アラン・ドロン:知っている✕17、知らない✕1
ミレーヌ・ドモンジョ:知っている✕9、知らない✕9
ドロンジョ様:知っている✕13、知らない✕5

アラン・ドロンもミレーヌ・ドモンジョも、青春の懐かしい存在ですが、今でも作品を観ることがあります。
「アイドルを探せ」は、もちろんシルヴィ・ヴァルタンも出演していたし、懐かしさも倍増です。
ドロンジョ様には、みなさんそれぞれ、忘れられないシーンがあるようですね(笑)。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-05-22 19:08:18

ANo.17

アラン・ドロンから連想するもの
 主演作品では
 太陽がいっぱい、悪魔のようなあなた、もういちど愛して、愛人関係、個人生活、ボルサリーノ
 ジャン・ギャバンと共演した、地下室のメロディ、暗黒街のふたり
 アメリカ映画に出演した、泥棒を消せ、テキサス
 
 アラン・ドロンを吹き替えている声優
 野沢那智さん、堀勝之祐さん、久富惟晴さん、ほか
 「愛人関係」が、79年12月に「日曜洋画劇場」で放送された際、野沢さんが胃潰瘍で入院中だったため、横内正さんがドロンを吹き替え

 その他
 かつてのアイドル、榊原郁恵さんの曲のタイトル「アラン・ドロン+アル・パチーノ<あなた」

 ミレーヌ・ドモンジョから連想するもの
 「ファントマ」シリーズに出演されていたということくらいで、あまり詳しくは知りません。

 ドロンジョ様
 これは、知りませんでした

 50代前半男性です。

投稿日時 - 2013-05-21 19:56:44

お礼

アラン・ドロン:知っている✕16、知らない✕1
ミレーヌ・ドモンジョ:知っている✕8、知らない✕9
ドロンジョ様:知っている✕12、知らない✕5

アラン・ドロンは、最初はイケメンで売り出したのに息の長い役者さんになりましたね。
地下室のメロディーでは、ジャン・ギャバンにも負けていない存在感がありましたし、その後も貫禄と渋さを身に付けてきました。
「レッド・サン」というしょうもない作品でしたけど、三船敏郎とも共演しましたしね。
「アラン・ドロン+アル・パチーノ<あなた」・・・渡辺徹さんのことでしょうか(笑)。
ミレーヌ・ドモンジョとファントマシリーズは、切っても切れませんね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-05-22 19:03:41

ANo.16

「ダーバン、シリコン電池、それでモデルに」

これが、アランドロンのセリフの正解ですね。レナウンは太陽がいっぱいと太陽電池をかけて、私をモデルにつかんたんだとアランドロンは暴露しています。
 いや、まじめにレナウンはシリコン電池を作っているんだと私は信じていました。たしか第二外国語はフランス語を洗濯して、授業に出ないで落としたばかりの頃。麻雀卓を囲むたびに、アランドロンの声色をまねて
「三萬 捨ててこん?捨てても出るに」とかわけのわからないこと言っていました。そいつの彼女は阿部静江そっくりの秋田美人。彼も古谷一行似の男前でしたが、自分はアランドロンに似ているんだと本気で思っていたようです。

アランドロンから連想するものは、友人の強い体臭。よくキャッパスからアパートまで彼のバイクのうしろにのせてもらったもので、家に帰ってもしばらく匂いが消えなかったのを覚えています。
 あとは、萬子のペンちゃんのひっかけで跳満振り込んだ記憶とか。「三萬 捨ててこん?」


ミレーヌ・ドモンジョさまってあの神の化身のような美しい女優さんですよね。小学生時代友達の家にスクリーンという雑誌があって、クラウディア・カルディナーレ、アン・マーグレットとともにその美しいお顔をしっかりと脳裏に刻んだ記憶があります。
 思えば、その彼は映画好きの多くがそうであるように、ゲイの気があったようで、自らを女優にみたててその憧れを私に語っていたのかもしれません。
 連想するもの。雑誌スクリーン 人形のような綺麗な顔をしていた同級生
 江国香織『東京タワー』を映画化したときに、ミレーヌがフランスのシーンででているらしいです。70過ぎても美人は美人。
 私は女優さんで最初にあこがれたのは、ナタリー・ウッド。車が池に落ちてびしょ濡れのドレスに、美しい胸がくっきりと透けて見えるシーンで、私の脳天に衝撃が走りました。

ナタリー・ウッドは美人薄命でしたね。


ドロンジョ様はタイムボカンのあの杖をついたあかちゃんみたいな帽子をかぶった婆さんですか?
CRタイムボカンの画面でしかみたことがないです。あたまのなかで大きな犬がいひひひと笑うアニメと
一緒になっています。え?あれでいいんですか?

投稿日時 - 2013-05-21 14:51:08

お礼

アラン・ドロン:知っている✕15、知らない✕1
ミレーヌ・ドモンジョ:知っている✕7、知らない✕9
ドロンジョ様:知っている✕12、知らない✕4

今では厳しい状態にあるレナウンですけど、当時は日本のファッションをリードしていた会社ですし、アラン・ドロンを使ったというのも、さすがと思ったものです。
あのセリフを麻雀に使うというのは、思いつきませんでした(笑)。
ミレーヌ・ドモンジョは、美しいんですけどそれでいて親近感を感じるというところが、当時の他の女優さんと違う点でした。
だからこそ、70歳過ぎても美しさを感じるのかもしれません。
「スクリーン」は、私も愛読していましたので、懐かしいですね。
ドロンジョ様は、まさにそのお方です(笑)。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-05-21 19:51:18

ANo.15

どれもこれも知らない。
アラン・ドロンってフランスの人なんですか‥。俳優?映画も観たことがない。

ドロンジョはどこかで聞いた事がある名前です。この人もフランスの人なんですか。30代女性です。

投稿日時 - 2013-05-21 13:24:56

お礼

アラン・ドロン:知っている✕14、知らない✕1
ミレーヌ・ドモンジョ:知っている✕6、知らない✕9
ドロンジョ様:知っている✕11、知らない✕4

アラン・ドロンは、全員が知っているのかと思いましたが、やはりご存知のない方もいらっしゃいましたね。
1935年産まれのフランスを代表する二枚目俳優でした。
みなさんが上げている「太陽がいっぱい」は、1960年の映画で、彼が25歳の時の出世作であり代表作でもありました。
ドロンジョ様は、アニメ「タイムボカンシリーズ」に登場する女性の悪者ですが、セクシーな上に憎めないドジさで人気ものになりました。
本名が「ササッガワ・ヒロッコ」ということで、どうも日本人のようですね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-05-21 19:45:40

ANo.14

50歳・男性

A1
 ・知っています。
 ・思い浮かぶのは映画「太陽がいっぱい」ですね

A2
 ・知りません

A3
 ・知っています[タツノコプロ作品のアニメの方]。
 ・思い浮かぶのは「ダイナモンド」(ダイヤモンドの書き間違いではない)「どくろべえ様のお仕置き」ですね

投稿日時 - 2013-05-21 12:33:58

お礼

アラン・ドロン:知っている✕14、知らない✕0
ミレーヌ・ドモンジョ:知っている✕6、知らない✕8
ドロンジョ様:知っている✕11、知らない✕3

アラン・ドロンでは、やはり「太陽がいっぱい」の連想が圧倒的ですね。
ドロンジョ様は、タツノコプロ作品のアニメ代表作ですね。
「どくろべえ様のお仕置き」は、水戸黄門の印籠にも匹敵します。。。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-05-21 19:38:56

ANo.12

 わたしは大のフランス映画ファンなんです。そして、フランス映画と言えばやっぱり現代の作品よりもむしろ往年の作品のほうが独特の雰囲気があったように思います。

 往年のフランス映画の中で後世に残る名作と言われているものには、たとえば『パリの屋根の下』とか『ガス灯』、『パリ祭』、『舞踏会の手帳』、『ヘッドライト』、『西部戦線異状なし』などといったモノクロフィルム時代のものが多いようです。

 そうした中で、時代的にも比較的新しい、カラーで撮影された名作と言えば、これはもう誰もが知っている『太陽がいっぱい(Plein Soleil)』でしょう。

 原作はパトリシア・ハイスミスという米国の女流ミステリー作家の作品によるものですし、制作は仏伊合作とされていますが、監督は巨匠ルネ・クレマン、音楽はニーノ・ロータ、そして主役トム・リプレー役がなんといっても名優アラン・ドロンといった超大作。

 わたし自身も、この『太陽がいっぱい』を見て、ひと目でアラン・ドロンさんにお熱くなってしまったものでした。

 それ以降、アラン・ドロンさんを追いかけて、名優ジャン・ギャバン氏と共演した『地下室のメロディ』とか、そのほか二三の作品を鑑賞会などで見ることが出来ました。

 アラン・ドロンさんは日本ともなじみ深く、浜松町から羽田を結ぶ東京モノレールの開通を前にして試乗会で初乗りしたのだとか。また、TVのCMでは当時大変な人気を呼んだというダーバンの「ダーバン セレレゴンス ドゥ ロム モデルン (D'urban c'est l'elegance de l'homme moderne)、これ、今見てもいい雰囲気出してますよね。このフレーズの意味は、直訳すると「ダーバン、それはまさに 現代に生きる男の優雅さ」とかいった意味なのかな。

 ミレーヌ・ドモンジョ…、妖艶だけれどどこか日本人好みの女優さんといった印象なのが、デビュー作品の『サレムの魔女』をはじめ、フランソワーズ・サガンの原作を映画化した『悲しみよこんにちは』、軽いタッチの『お嬢さん、お手やわらかに!』とか『上と下』といった作品を見た印象。

 といっても、わたし、これらの作品が日本で公開された頃に作品を見て回ったほど高齢ではありません。すべて後々鑑賞するチャンスがあっただけのこと。言いたくないけれど、只今は40代半ば、このあたり誤解なさらないでくださいね。

 さてと、「ドロンジョ様」もわたし好きですよ。「やった~、やった~、ヤッターマン」とかドクロの形の爆発の噴煙とか、ウヒヒヒ、たまりませんなぁ、ドロンジョ様、あっ、あれ~。

投稿日時 - 2013-05-20 23:17:21

お礼

アラン・ドロン:知っている✕12、知らない✕0
ミレーヌ・ドモンジョ:知っている✕5、知らない✕7
ドロンジョ様:知っている✕10、知らない✕2

アラン・ドロンの全盛期の頃のフランス映画は、アメリカのようにアクションでもなく制作費をかける大作でもないのに、観ていて味がありました。
最近のフランス映画は、それが逆目に出ているようで、観ていても退屈します。
「太陽がいっぱい(Plein Soleil)」は、私はニーノ・ロータのあのサントラも忘れられません。何回聴いても飽きませんしね。
日本が好きだというのも有名ですね。
ミレーヌ・ドモンジョは、どうも「超一流」にまではなり切れなかったようですが、ブリジット・バルドーやカトリーヌ・ドヌーヴなどと比べて、日本人好みの容姿でしたね。
ドロンジョ様は、本家のドロンジョ樣以上の有名人になりました。。。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-05-21 19:27:44

ANo.11

こんにちは。
1.アラン・ドロン、勿論知っています。「太陽がいっぱい」「サムライ」などなど・・・。
2.ミレーヌ・ドモンジョも知ってますよ。「アイドルを探せ」「ファントマ」シリーズ。
金髪の長い髪で綺麗・可愛かったですよね。
3.「ドロンジョ様」は全く知りません。なんでしょうね、最近の変なテレビタレントでしょうか?
ちなみに年齢層は還暦過ぎです。

投稿日時 - 2013-05-20 23:00:25

お礼

アラン・ドロン:知っている✕11、知らない✕0
ミレーヌ・ドモンジョ:知っている✕4、知らない✕7
ドロンジョ様:知っている✕9、知らない✕2

アラン・ドロンは、今でも「サムライ」で売れているんですね~
ミレーヌ・ドモンジョが「アイドルを探せ」や「ファントマ」シリーズに出た頃は、デビューからかなり経って、女性の魅力が一番出ていた時期かもしれませんね。
ドロンジョ様は、他の方のご回答に詳しく書かれていますが、アニメ「タイムボカンシリーズ」の女性悪役なんです。でも、人気者なんですよ。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-05-21 19:15:31

ANo.10

こんばんは。

1・知ってます。男性用香水「サムライ」を連想しました。

2・知りませんでした。

3・知ってます。主人公にやられて「3人乗り自転車」に乗ってるシーンを連想しました。

投稿日時 - 2013-05-20 22:46:37

お礼

アラン・ドロン:知っている✕10、知らない✕0
ミレーヌ・ドモンジョ:知っている✕3、知らない✕7
ドロンジョ様:知っている✕9、知らない✕1

今では、「アランドロンサムライ」という名の香水が出ているんですね。知りませんでした。
ドロンジョ様、「3人乗り自転車」に乗ってスタコラ逃げる姿は、ちょっと物悲しかったりして(笑)。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-05-21 19:04:21

ANo.9

 こんばんは。
 51歳・女性です。
 <質問1>知っています。「太陽がいっぱい」です。
 <質問2>知りません。初めて聞きました。
 <質問3>知っています。ヤッターマンの悪役の女性ですね。
      実写版は「深田恭子さん」

投稿日時 - 2013-05-20 22:35:42

お礼

アラン・ドロン:知っている✕9、知らない✕0
ミレーヌ・ドモンジョ:知っている✕3、知らない✕6
ドロンジョ様:知っている✕8、知らない✕1

「太陽がいっぱい」は、今見直しても新鮮さを感じる作品です。モーリス・ロネ、マリー・ラフォレの共演者もよかったですしね。
ドロンジョ様、最近は深田恭子さん実写版で、再ブレイクですね(笑)。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-05-21 19:00:33

ANo.8

アラン・ドロン☆

知っております☆

かれこれ数十年前、日本の声優さんとの違和感と美男の基準を不思議に感じた事を思い出します☆


ミレーヌ・ドモンジョ☆
知りません☆
お名前を把握していない俳優さんであるだけやもしれません☆


ドロンジョ☆
大変な姿になって部下を連れスタコラサッサ☆

投稿日時 - 2013-05-20 22:22:02

お礼

アラン・ドロン:知っている✕8、知らない✕0
ミレーヌ・ドモンジョ:知っている✕3、知らない✕5
ドロンジョ様:知っている✕7、知らない✕1

確かに、顔からのイメージでしょうが、美声の野沢那智さんがずっと吹替されていますが、アラン・ドロン自身の声とはかなり違いがありますね。
ドロンジョ様は、あのあられもない?姿で逃げるところが、最大の見せ場だったり?(笑)
ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-05-21 18:57:20

ANo.7

アラン・ドロンは知っています。
母が好きでした。
「太陽がいっぱい」ですよね。
私は、リメイク版の「リプリー」の方が身近ですが。。
マット・デイモンが、かっこいいボーンシリーズと違って、ジミー大西にしか見えなかったのがショックでしたが。。

あと、アランドロンと言えば、サン・ト・ロペ。
アランドロンはもちろん、ジェーン・バーキンやブリジット・バルドーなどたくさんのセレブが過ごした、南仏のリゾート地。
私、実は行ったんです♪
で、アランドロンも利用したカフェでお茶したんです。
私の目的は、大好きな印象派画家のシニャックが滞在して描いた風景をリアルで見る事だったんですが。。
サン・ト・ロペは今でも高級リゾート地で、滞在しているフランス人のおじさんたちは素敵でしたよ、サングラスに、真っ白の麻のシャツや半ズボンなど、年配なのに洗練されていて、どこかアランドロンを彷彿させられました。

後の2人は存知あげません。
30代、女性です。

投稿日時 - 2013-05-20 21:18:40

お礼

アラン・ドロン:知っている✕7、知らない✕0
ミレーヌ・ドモンジョ:知っている✕3、知らない✕4
ドロンジョ様:知っている✕6、知らない✕1

アラン・ドロンがマット・ディモンになるとは、思ってもみませんでした。彼も好きですけど、イメージが変わりすぎて馴染めませんでしたね。
サン・ト・ロペは、セレブご用達のリゾート地なんですか。アランドロンも利用したカフェでお茶したとは、羨ましいですね。
アラン・ドロンを彷彿させるおじさんたち・・・日本では、ちょっと無理のようです(笑)。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-05-21 18:52:48

ANo.6

Q1.もちろん知っていますが、全くリアルタイムではありません。私が知った時には「美男子の代名詞」としては生き残っていたものの、全盛期は遠い過去になっていました。その後、レンタルでご尊顔を拝したところ、想像通りの優男でした。
連想するのは甘い台詞、はだけた胸元…エロス。

Q2.名前は知っていますが、顔が出て来ません。顔写真を見てもピンと来ません(汗)。出演作を言われてようやく「あー」です。

Q3.これはさすがに知っています。でもまあ、リアルタイムの記憶はかなり薄いですね。タイムボカンシリーズもどれを見たのやらさっぱり分からず。(何故か歌えるのはオタスケマンですが)
つまり三悪のどれがどれだか分からないのですが、「ドロンジョ」はその後頻繁に引用されるので覚えてしまったわけです。
連想するのは平和な爆発シーンですが、近年の深田恭子版もすぐにイメージ出来ます。エロス!

投稿日時 - 2013-05-20 21:17:07

お礼

アラン・ドロン:知っている✕6、知らない✕0
ミレーヌ・ドモンジョ:知っている✕3、知らない✕3
ドロンジョ様:知っている✕6、知らない✕0

アラン・ドロンは、自ら海岸を歩いてスカウトされるのを待っていたというほど、容姿には自信があったそうです。
そんな「顔」で売れた俳優は年をとるとダメになるところですが、見事に年相応のハンサムさを保ち続けているところがスゴいです。
ミレーヌ・ドモンジョは、名前をご存知というだけでも嬉しいです。
タイムボカンシリーズは、私は子どもと一緒に観ていました。大人も十分過ぎるほど楽しめましたね。
因みに、深田恭子版はまだ観ていませんが。。。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-05-21 18:00:53

ANo.5

1「D'urban c'est l'elegance de l'homme moderne.」
…レナウンのCM「ダーバン」でドロンが言ってましたね、このセリフ。
私はうろ覚えだったので、今回調べてみました。
結果「全く覚えているのと違う」ということが判明しました(汗)。
私は「…ドロン・モデルン」と言ってるのかと信じてましたから。

2ミレーヌ・ドモンジョ…名前だけは知ってます。
あまりフランス映画に詳しくないもので。

3もちろん!…ファースト・タイムボカンのリアル世代ですからね。
タツノコで育った世代ですから。
連想するもの…やはり「あのコスチューム」ですかね?。
S嬢のような「あの衣装」なのに、破けてしまうとなぜか下着は「清純派」…しかも「マスクだけは破れない!」というお約束…いかにも「お子様の性徴」…じゃない「成長」に必須な刺激を我々にもたらしてくれましたね。
タツノコ万歳!…などと宣う私、来年は50代です(泣)。

投稿日時 - 2013-05-20 21:03:43

お礼

アラン・ドロン:知っている✕5、知らない✕0
ミレーヌ・ドモンジョ:知っている✕2、知らない✕3
ドロンジョ様:知っている✕5、知らない✕0

ダーバンのCMは、私は「シディリゴンス デル モデルーネ」と聞こえていました。今でもそのまんま覚えています(笑)。
ミレーヌ・ドモンジョは、思った以上にご存じの方が少ないですね。
それに対して、アラン・ドロンとドロンジョ様は、これまでのところ全員がご存知ということで、ジャンルこそ違えどさすが人気者だと再認識しました。
ドロンジョ様は、キャラといいスタイルといいコスチュームといい、それまでの常識を打ち破った魅力でいっぱいでした。何せ、老若男女を問わずに支持されているんですからね~
ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-05-21 17:43:00

ANo.4

アラン・ドロンはハンサムの代名詞でしたよね。

「太陽がいっぱい」と「リプリー」はあらすじも似ていて、貧しい男が金持ちにすり替わるがばれてしまうドキドキ感といい男をたっぷり眺める一度で二度美味しい映画です。後者はお坊っちゃま役がジュード・ロウです。

ミレーヌ・ドモンジョは知りません。

ドロンジョ様のヤッターマンシリーズは全部見ました。

投稿日時 - 2013-05-20 20:45:51

お礼

アラン・ドロン:知っている✕4、知らない✕0
ミレーヌ・ドモンジョ:知っている✕1、知らない✕3
ドロンジョ様:知っている✕4、知らない✕0

アラン・ドロンは、今の時代に登場していたとしても売れたハンサムなのか、興味深いです。
「リプリー」は、同じ原作でのリメイク版ですね。出演者のイメージが違いすぎた感じがしましたが。
ヤッターマンは、次々と新シリーズが出来て、長寿アニメになりましたね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-05-21 17:35:57

ANo.3

アラン・ドロン、知っていますよ。甘いマスクでしたね。
アラン・ドロンといえば、言葉からチリンドロンソースを連想します。
でもどんなソースか食べたことはありません。

ミレーヌ・ドモンジョは知りません。

ドロンジョ、知ってますよ。
おしおきダベェー・・・
コスチュームがボンデージの元祖のような感じですね。(そういう趣味はないですが)
キューティハニーのコスと双璧をなすくらいのエロっぽさです。
で、連想ですね。
「もやしもん」というアニメがありましたが、その中に出てくる長谷川遙という助手を連想します。
http://www.kamosuzo.tv/main.html

投稿日時 - 2013-05-20 20:16:58

お礼

アラン・ドロン:知っている✕3、知らない✕0
ミレーヌ・ドモンジョ:知っている✕1、知らない✕2
ドロンジョ様:知っている✕3、知らない✕0

アラン・ドロンというチリンドロンソースがあったら、さぞ甘めなんでしょうね(笑)。
ドロンジョ樣は、悪役が主人公を食ってしまったというキャラクターでした。
「もやしもん」の長谷川遙は知りませんでしたが、こちらの方が頭は切れそうですね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-05-21 17:31:10

ANo.2

こんばんは。
40代男性です。

アラン・ドロンは知っています。
「太陽がいっぱい」でしたでしょうか?

ミレーヌ・ドモンジョは知りません。
フランスの女優で知っているのは
「アメリ」のオドレイ・トゥドゥと
「エマニエル夫人」のシルビア・クリステルです。

ドロンジョ様は「タイムボカン」の悪役でしたでしょうか。
名前は聞いた事があります。

投稿日時 - 2013-05-20 20:09:03

お礼

アラン・ドロン:知っている✕2、知らない✕0
ミレーヌ・ドモンジョ:知っている✕1、知らない✕1
ドロンジョ様:知っている✕2、知らない✕0

アラン・ドロンの出世作であり代表作でもあるのが、「太陽がいっぱい」でしたね。
ミレーヌ・ドモンジョの頃は、まさにフランス女優の黄金期という感じでした。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-05-21 17:23:58

ANo.1

全部知ってますね。
アラン・ドロンなんて「太陽がいっぱい」なんて名作にも出演してますし
ダーバンのCMにも出てましたよね。

まぁ、世代の違いなんでしょうか。

投稿日時 - 2013-05-20 20:02:09

お礼

アラン・ドロン:知っている✕1、知らない✕0
ミレーヌ・ドモンジョ:知っている✕1、知らない✕0
ドロンジョ様:知っている✕1、知らない✕0

最初から全部ご存知というご回答をいただきました。
アラン・ドロンは、若いころの「太陽がいっぱい」から壮年になっての「ダーバンのCM」、そして今に至るまで長い年月活躍していますよね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-05-21 17:21:15

あなたにオススメの質問