こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

アメリカとの同盟関係を解除すると

日米安全保障条約を解除すると
尖閣諸島どころか沖縄、九州、四国、北は北海道まで
中国やロシアから取られると本気で考えている人はいますか?

ロシアが2島返還すると言っているのは、アメリカのお陰?
中国が、尖閣諸島、沖縄を武力で奪取しないのは
アメリカの核の傘のお陰と考えている方はいますか

だから思いやり予算や米軍基地、地位協定を遵守してるんだと

投稿日時 - 2013-05-19 09:01:55

QNo.8094701

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(11)

ANo.11

尖閣を中国が奪取する可能性は否定出来ないですが、住民が多数いる地域の奪取は現在は不可能でしょう。そうなれば少なくとも日中は全面戦争になり、同盟国の米国も参戦、国連も中国非難でまとまり、国連軍を編成する可能性は高いです。
ロシアが北方領土の交渉を示唆しているのは自国の都合です。現在欧州へのエネルギー輸出が激減してその埋め合せに考えているのが日本です。それに日本の先進的技術を渇望しているのも事実です。プーチンの強権的政権は一般市民への援助はエネルギー輸出からの収入で成り立っていますから、彼は現在政権基盤に危機を感じている筈です。それにまだ独裁的な政権を維持していますから、島の返還交渉のチャンスである事は事実です。それに安倍政権の基盤も安定しているので交渉のチャンスと考えているはずです。
色々問題は有っても日米軍事同盟は中朝の脅威を考えれば必要でしょう。ただ金を出しているんだから堂々と駐留費分担と地位協定の交渉をすべきと思う。

投稿日時 - 2013-05-23 10:12:10

ANo.10

>中国に立ち向かう国などありません。

ダウト。
フィリピンやベトナムが中国を牽制し、追い出すために米軍と合同演習を行ったり軍備増強をしている現実を知らないのか?
南沙諸島問題で、中国と揉めて居るし、インドともカシミール地方で問題を起こしている。

>番犬

番犬?
アメリカの良いように?
闘犬?

最初の二つは分かるさ。自国で中国やロシアに対抗する装備を揃えられないからな。もしやろうものなら国家財政が逼迫して社会保障費が吹っ飛ぶから北朝鮮のようになってしまう。

だが、最後の一つは違うと思うぞ。

何度も言うが、日米安全保障条約って言うのは、始めに自国へ降りかかる脅威をまず自衛隊が対処する。
その後「対処しきれなくなったら」米軍が出てくるって言う条約だ。

>アメリカの良い様に

って言って居るが、もし尖閣諸島を取られたら、

(1)台湾を攻撃する基地が出来る。台湾の首都台北と中国は距離的にかなり近い。
攻撃を受けて侵略されればあっと言う間に親中政権が誕生する可能性が高い。

➁もし(1)が成立したら、中国は自由に太平洋に出れるので、日本の海上輸送路を断ち切って日本を干上がらせて服従させる事も、東南アジア諸国に対して中国が攻撃を行う事だって可能さ。

(1)➁が成立すると、アメリカも困るし、台湾、アセアン、日本も困る。
パワーバランスが崩れかねないので米軍を頼っている欧州やアラビアの親米国家も困る。
中国の覇権を許せないロシアも強大になった中国に侵略されかねないので困る。てか死ぬ。

回りまわって世界の半分以上の国家が困るか死ぬんだよ。

それの芽を摘み、根を断ち切るためにアメリカ政府は尖閣諸島を安保の適応範囲内にして、
それをわざわざ法律にまでしており、
日本政府はベトナムに巡視船を条件付で新造でプレゼントして、
安倍首相が中国の伸張を押さえる為の完全な「対中包囲網」を形成させているんじゃないか。

今は仕方ないよ。中国が脅かして居るんだもの。中国が居なくなっても今度は北朝鮮やロシアだけどね。

投稿日時 - 2013-05-21 17:25:22

>米ソ冷戦時代に、日本は北方領土問題があり(現在もありますが)
米中冷戦では、尖閣諸島問題があります
何か気づきませんか?

尖閣諸島問題は、60年代に資源が有る事が分かった途端、1970年代に中国と台湾が主張したから発生した事。
何も米中冷戦時じゃないよ。

てか中国は

「太平洋を二分して共同で管理してはどうだろうか?」

なんて事を抜かした。

「既にアメリカ海軍の物である太平洋を中国が分捕ろうとしている」って話。

太平洋を取られたら途中で邪魔するものは何も無いのでアメリカは一方的に中国の攻撃を受けやすくなる。

わざわざ自国を危険に晒してまで中国と接近するメリットなんて無い。
他にも、アメリカ製品をパクッたり、アセアン諸国の同盟国の領海を頻繁に侵犯していて、
アジアにおけるアメリカの存在感を尽く打ち消そうとしている。

こんな国を「敵国」としない訳が無いよ。
どこに有るのさ?今現在でもアメリカの国益が侵害されて居るのに。


北方領土問題で、アメリカは、日本がソ連やロシアに近づく事で赤く染まる事を危惧したから邪魔したのは多いにあるだろう。

だが、そもそもアメリカに唆されたとは言え、中立条約を破って侵攻したのはソ連だ。拒否する事も出来たはずなのにな。
そして国際法違反の過酷な強制労働だ。

火事場泥棒を行い、居座って、尚且つこっちから金を分捕ろうとする。
他にも、嘘を付き、アメリカが条約に乗っ取って核を減らして居る横で、国際条約を破って核兵器を増産した。

こんな国家なんて信頼できないよ。もう直ぐ問題が解決するけれど、安倍さんには強気で行ってもらいたいものだね。
プーチンが比較的マシってだけで、メドベーチェフやブレジネフのような奴が今までトップに出てきた国だ。

日米安保を破棄してロシアと同盟って言っている奴はプーチンに夢見すぎだ。

だからと言ってアメリカを全面的に信頼、或いは信用しても駄目だが。

投稿日時 - 2013-05-21 11:55:46

補足

何度も返答ありがとうございます。

現在アメリカにとって唯一の脅威は中国です。
中国に立ち向かう国などありません。
唯一あるのが、尖閣諸島で問題を抱える日本だけです。
つまり、日本を太平洋の入り口の番犬にしているだけではないか?と。
それで日米安保?
アメリカが良いだけでしょ

闘犬というのがあります。
やられそうになったら後ろにいる飼い主(アメリカ)が
助けてくれると信じて必死で闘います。
飼い主は勝つまで助けません。
それが闘犬の仕事だからです。

質問は、日米安保を解除すると不安=飼い主がいなくなる?

投稿日時 - 2013-05-21 16:05:21

長文失礼


>21世紀も、まだまだ侵略戦争が起こるとお考えですか

人間の欲が無くならない限りはね。

>アメリカは信用できますか?との質問には、信用できないとの回答が多いのに
アメリカと同盟関係を解除したら
日本が危ないとの回答が多い事に矛盾を感じませんか?


確かに信頼できない面だってあるさ。でも過去の歴史から振り返ると、ロシアや中国よりはアメリカのほうが増しって事。


>つまり近隣諸国と平和な関係を作り上げるよりも
信用できない国でも、力のある国と同盟関係を結ぶ方が安全?
ヤクザにみかじめ料を払った方が安全とのロジックでよろしいでしょうか?

中韓が既に終わった歴史問題や領海侵入で此方を挑発している限り、永遠に平和な関係は訪れまい。
てか、こんな国なんてアメリカより信頼できん。


>他の回答に、あたかも日米安保があるから上陸しない等の回答がありますが海上侵犯だって同じだと思うのです。
本当に日本が日米安保で守られているのなら中国がこれほど侵犯するだろうか?

中国が日本に恫喝しても、当時の野田政権が強硬な手段(?)に打って、そしてアメリカ政府が「尖閣諸島も安保の適応対象内」と宣言し、わざわざその法律が「満場一致」で可決されたので、中国側の声が小さくなって、代わりにこんなみみっちい手段に出ているわけ。

米軍が撤退した後に中国がフィリピンにやった事と同じ。


>つまり中国が尖閣諸島に海軍を出しているのは
日米安保が抑止力になっていないからではないか
戦争がない状態での抑止力とは
このような侵犯を防ぐ事だと思います。
侵犯が続くのであれば、アメリカとの安保条約に
抑止力が無いという事ではないでしょうか?

極論は、日米安保は意味が無いと。


今現在は、中国の公船や軍艦は海上保安庁と海上自衛隊が追い払っている。

もしも軍事衝突が起きて「自衛隊や海上保安庁だけではどうにもならない時に」米軍が出てくる。

其れが安保条約だ。

軍事衝突が起きていないのに米軍を出すっていう事は「尖閣諸島はアメリカのもの」と中国にアピールして、尚且つ日本の主権を侵害する事を意味する。

そこらを弁えているので米軍は出てこない。代わりにF-22を嘉手納に置いたり空母ニミッツが西太平洋で北朝鮮諸共監視しているんだけどね。

投稿日時 - 2013-05-20 17:59:55

補足

返答ありがとうございます。

米ソの冷戦が終結し、現在は米中の冷戦と言われています。
(世界の軍事費ランキング1位と2位ですからね)
米ソ冷戦時代に、日本は北方領土問題があり(現在もありますが)
米中冷戦では、尖閣諸島問題があります
何か気づきませんか?

オフショアバランスという言葉をご存知でしょうか
イラン、イラク戦争でアメリカはイラクを支援しました。
(イラクを焚き付け戦争させたと言っても良い)
その後にイラクの大量破壊兵器をでっち上げ対イラク戦争です。

冷戦時代に北方領土問題の解決を妨害したのがアメリカと言われています。
日ソ友好は、アメリカにとって良くない

現在の米中冷戦時代のアメリカの陰謀が見えてくると思います。

尖閣諸島をこの数年前に始まったアメリカと中国のパワーバランスの
つば競り合いの場所にしてはいけなと思います。

尚、尖閣諸島の所有権を日本にした事から日中関係が悪化しましたが
この日本への所有権移転にはアメリカの陰謀を感じます。

投稿日時 - 2013-05-21 11:09:58

地震大国が、何故、あえて危険とされる原発を保有するのか。
何故、その技術力に固執するのか。

それは、いざアメリカが、力を失った時の事を考えて、何時でも核へ転換できる備えがあるからです。

妄想。そう言われてしまうと、みも負担もありませんが、われわれ知る真実なんて、表面的な一部でしかありません。

現に、原発の詳しい事故報告の為、外国メディアが這い込む事を極端に嫌ったのは、東電では無く、政府だと噂されています。

また、知る人は多いと思いますが、東京の真下には、とんでもなく巨大な空洞。空間が意図的に作られています。
一部では、それを、下水の為の設備と言いますが、明らかに、あの天井の高さは不自然ですよね。
また、地震対策の為とも言われていますが、地下に地震の施設というのも不自然ですよね。
で、最もな説とされているのが、あの空間に、小型の核兵器を持ち込み、発射するとの説。
つまり、格納庫説です。

これも、妄想みたいですが、一部ですでに、ネタばれしています。

なので、日本政府はある意味したたかですから、備えは常にするはずだと考えています。

いざとなっての備え。それはある意味、自然災害と向き合ってきた日本だからこその発送だと思います。

備えあれば憂いなし。

日本の諺です。

投稿日時 - 2013-05-20 16:49:22

補足

回答ありがとうございます。

政府には、したたかであってほしいとの気持ちの反面に誠実であってほしいと願います。
(国にイメージがあるように、国も一つの人格のように思います)
戦後日本の成長が、日米安保による下支えがあったからとの意見も多いですが
日本人の誠実さがあってのことではないか?と思っています。
嘘をつかない、粗暴でない、女性や子供を大切にする、治安が良いなど

韓国や中国が日本を嫌っていると聞かされると気分が悪くなりますが
欧米、北米、南米、アフリカ、フィリッピンや台湾他など多くの国が
日本人に好意をもってくれていると聞くと嬉しいものです。

これは日本人の経済力だけではなく誠実さや一人一人の素行だと思っています。
過去の過ちは反省しながらも、皇室をはじめ諸外国と付き合いや
民間人の交流を長年続けた事によるものと考えます。

私は民間人です。安保を否定するつもりはありませんが
アメリカの武器だけに頼る治安維持という考えが、ボストンマラソンのテロを
引き起こすのではないか?
と考えます。

平和を維持する為の防衛が、最近はネットでの過激の発言で
70年前の226事件の青年将校をイメージさせます。

投稿日時 - 2013-05-20 17:47:35

さっきの回答の続き。

無論自衛隊が最初に動く。自衛隊が動かないのに米軍が動く訳無いよ。日米安保はそんな甘い条約じゃないから。

島を取られたら、

陸上自衛隊が島を奪還しに行くんだろうが、なんせ島が小さい。だから

(1)多分まずは、築城基地や宮崎県の新田原基地からF-2とF-4を呼んで爆弾を落とし、
上陸した部隊を運んだ艦艇を対艦ミサイルで撃破して、上陸部隊を孤立させる。

(2)上空の中国軍戦闘機を那覇基地のF-15が叩き落とす。もし数が多くて、
自衛隊じゃ対処しきれないと上層部が判断したときに米空軍と海軍の航空部隊が動く。

(3)上陸した部隊を有る程度干上がらせてから陸上自衛隊が突入。

そして、反撃として、

(4)米軍が中国本土に何かしらの打撃を与える(ここはそうなるかは分からない)

こんな感じじゃないかな?

今陸上自衛隊は海兵隊と訓練していて、自衛隊にも海兵隊の能力を持たせようって動きがでている。

まあ、今やられたら上の通りになるかは分からないけど、自衛隊が先で、後に米軍って言うのは変わらないと思われる。

投稿日時 - 2013-05-20 12:24:18

補足

回答ありがとうございます。

中国は、尖閣諸島は我が領土とよんでいます。
中国軍が上陸した事が、即ち有事と言えるでしょうか
そして先守防衛を掲げる日本が攻撃できるでしょうか?

もし攻撃すれば全面戦争も覚悟しなければならない
そもそもの質問は、ここでアメリカが本気で参戦するかという事です。

他の回答に、あたかも日米安保があるから上陸しない等の回答がありますが
海上侵犯だって同じだと思うのです。
本当に日本が日米安保で守られているのなら中国がこれほど侵犯するだろうか?

つまり中国が尖閣諸島に海軍を出しているのは
日米安保が抑止力になっていないからではないか

戦争がない状態での抑止力とは
このような侵犯を防ぐ事だと思います。
侵犯が続くのであれば、アメリカとの安保条約に
抑止力が無いという事ではないでしょうか?

極論は、日米安保は意味が無いと。

投稿日時 - 2013-05-20 14:05:17

>日米安全保障条約を解除すると
尖閣諸島どころか沖縄、九州、四国、北は北海道まで
中国やロシアから取られると本気で考えている人はいますか?

勿論。
現にフィリピンは米軍が撤退した後に南沙諸島のうち自分の所の領土を中国に取られた。

>だから思いやり予算や米軍基地、地位協定を遵守してるんだと

地位協定は改善すべきだと思うが、
高々二千億円程度で日本を守ってくれているんだ。安い安い。(アメリカの国防予算は数十兆円に上る)

投稿日時 - 2013-05-20 09:40:30

補足

回答ありがとうございます

先にも補足しましたが、
もし尖閣諸島に中国軍が上陸したとします。
(先に香港の活動家が上陸しようとしましたが)
中国軍が上陸して何が起こるんですか?
アメリカの海兵隊が上陸した中国軍を攻撃なり拘束してくれるのでしょうか?
あるいは、三沢基地からF15がスクランブル発進するのでしょうか?
日本の自衛隊が行動しないのにアメリカ軍が行動するとは考えられません。


憲法がある状態で60年以上経過しています。

投稿日時 - 2013-05-20 10:59:06

ANo.4

”日米安全保障条約を解除すると
尖閣諸島どころか沖縄、九州、四国、北は北海道まで
中国やロシアから取られると本気で考えている人はいますか?”
    ↑
ベトナムは、中国の軍事攻撃により南沙諸島などを
強奪されております。
これは、中国とベトナムとでは、軍事力に雲泥の差が
あるからです。
中国の軍事費は日本の二倍もあります。
この状態が続き、日中の軍事力に差がつき
日米同盟が破棄されれば、
尖閣や沖縄も同じになる可能性はあると思われます。
少なくとも尖閣はヤバイでしょう。
尚、習近平氏は、主席に就任する前に、日本などは
核で脅せば一発だ、と発言していました。


”ロシアが2島返還すると言っているのは、アメリカのお陰?”
    ↑
米国でシェールオイルが開発されたため、ロシアは
焦っています。
二島返還への圧力にもなっています。
だから、多少は米国のお陰もあるでしょう。

投稿日時 - 2013-05-19 16:36:27

補足

回答ありがとうございます。

素人考えですが、もし尖閣諸島に中国軍が上陸したとします。
(先に香港の活動家が上陸しようとしました)
中国軍が上陸して何が起こるんですか?
アメリカの海兵隊が上陸した中国軍を攻撃なり拘束してくれるのでしょうか?
あるいは、三沢基地からF15とかがスクランブル発進するのでしょうか?
日本の自衛隊が行動しないのにアメリカ軍が行動するとは考えられません。

投稿日時 - 2013-05-20 10:53:53

ANo.3

日米安全保障条約によって、米軍が日本を守ってくれるというのは、大きな誤解ですが、在日米軍がいることによって、中共やロシアの侵略に対する抑止になっているのは間違いありません。 

投稿日時 - 2013-05-19 15:42:58

補足

回答ありがとうございます。

ソ連とアメリカの冷戦当時の安保条約と現在では違いがあるように思います。

また日米安保は、アメリカの捉え方と日本の捉え方には
大きなズレがあると思います。

投稿日時 - 2013-05-20 09:52:46

ANo.2

まともな思考回路がある方は、日米安保が無くなれば、日本全体が中国の属国になると思っているはずでしょう。
ロシアのプーチン氏は、柔道好きですし、親日の気持ちもあるので、自分の国の国民たちが納得し、それ相応の利益があれば、2島返還もありと考えているでしょうね。
また、中国が尖閣諸島、沖縄に対して武力奪取しないのは、日米安保があって日本の後ろに米軍があり、米国の核の傘があると考えているからでしょう。

米軍はGPSとか監視衛星、通信衛星などにより、宇宙からコントロールされています。中国は、米国の衛星を破壊、もしくはサイバー攻撃で使えなくすれば、米軍は指揮ができなくなると考えてます。
そう思えるようになったとき、中国は武力を使うでしょう。

そして、日米安保は、一方的に米国から破棄することができます。米国は日本を捨てる(中国にまかせる)というオプションも持っているでしょう。
また、予算削減のために、運用空母を減らすとか、期間限定だけど68万人の文民職員を無給で11日間自宅待機させるなんて米国国防省が発表しているから、米軍の世界警察機能は落ちています。
さらに、中国が日本に対して、通常戦力で事を起こすとき、「敵である中国に近すぎて攻撃を受ける。だから、まずはグアムあたりに退避する」ってのが米軍の基本戦略のはずです。

ですから、「日米同盟が無くなる」という事態への対応を日本はリアルさを持って考えて必要があるでしょう。

投稿日時 - 2013-05-19 09:38:41

補足

回答ありがとうございます

21世紀も、まだまだ侵略戦争が起こるとお考えですか

>アメリカは信用できますか?

との質問には、信用できないとの回答が多いのに
アメリカと同盟関係を解除したら
日本が危ないとの回答が多い事に矛盾を感じませんか?

つまり近隣諸国と平和な関係を作り上げるよりも
信用できない国でも、力のある国と同盟関係を結ぶ方が安全?

ヤクザにみかじめ料を払った方が安全とのロジックでよろしいでしょうか?

投稿日時 - 2013-05-20 09:46:38

ANo.1

まぁ少なからず周辺諸国が戦争をしかけてくるのは間違いないと思います
アメリカさえいなければ日本なんかバチカン以下の弱小国ですからね 笑

それから1つ
アメリカの核の傘のおかげではありません

日本が保有している核のおかげです
(それを周辺国が知っているからこそ攻めてこないってのも少なからずありますが)

投稿日時 - 2013-05-19 09:17:39

補足

回答ありがというございます。

バチカン以下の弱小国

日本が所有している核のおかげ?

回答に矛盾してませんか

投稿日時 - 2013-05-20 09:42:22

あなたにオススメの質問