こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

男性へ質問します

自分に好意を寄せている女性がいて、自分も好きなので何かにつけ優しくしてきました。
関係が深くなるにつれ、ケンカをする場面も出てき始め、彼女が一度自分の嫌だと思っている不安、不満材料について考えをはっきり述べました。それによって、なぜケンカになっていたかの理由もわかり、彼女の不安材料に対し謝罪しました。それから、彼女が嫌がることを一切しなくなった。(その配慮に寄り男性側が我慢しなくてはいけないことは多く、ストレスになる時もあると思います)

このように、その女性の気持ちに配慮して、自分が我慢できると言うのは
男性にとってはその女性が好きだからできることなのでしょうか?

投稿日時 - 2013-05-08 23:13:58

QNo.8079225

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

好きというより、相手を思いやる気持ちがあればいいだけです。
その場合、自分が嫌なことを我慢ができること以上に相手を喜ばせることに軸があるわけですから、相手を喜ばせることが自分の喜びとなるわけですから、もう我慢という字は消えてなくなりますよね。
また、喜ばせられないのなら、少なくとも相手を不快な気持ちには絶対させない意識に立つわけです。
軸が相手にある以上、我慢とかストレスなどが入る余地はありませんよね。
我慢やストレスになるのは、言葉はともかく、軸が相手ではなく自分にある証拠です。
相手の喜ぶ姿が自分の喜びとなるからこそ、相手を思いやることができるのだと思います。
好きという感情は自分から出てくるものだから、好きとか嫌いというのは、軸が自分にあるということです。
相手を思いやるというのは、自己主張したり自分の感情を挟まないからできるわけです。
好きでも嫌いでも、相手を先に思いやることができる(=相手を軸に置くことができる)のなら、それは自分本位の感情でななく、愛情として一線を画すものだと思います。
なので、彼がまだ我慢やストレスを負っているなら、本当の意味で相手を思いやれない部分があると見做すことができるでしょう。
相手の喜びを自分の喜びとして、相手の痛みを自分の痛みとして感じることができるなら、かえってストレスなどは負わないのです。相手を思いやること自体が自分の喜びだからです。

投稿日時 - 2013-05-09 08:45:37

お礼

ステキなご意見ですね。
相手を思いやれる気持ち、大切ですね。

ありがとうございます☆

投稿日時 - 2013-05-09 09:47:16

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

どんな内容かによるし、付き合ってもいない相手とケンカ?
付き合っていないのにケンカするような異性とはフェードアウトじゃない?
面倒くさい。

この質問も、何がどうなっているのか分かり辛過ぎて、面倒くさいなあと感じる。
すみませんね。

投稿日時 - 2013-05-09 06:50:48

お礼

 

投稿日時 - 2013-05-09 09:50:21

ANo.3

そうだと思います。

投稿日時 - 2013-05-09 00:11:53

お礼

ありがとうございます☆

投稿日時 - 2013-05-09 09:48:03

ANo.2

人間的に心がひろいだけでは?

投稿日時 - 2013-05-08 23:55:55

お礼

ありがとうございます☆

投稿日時 - 2013-05-09 09:48:21

ANo.1

はい

投稿日時 - 2013-05-08 23:33:58

お礼

ありがとうございます☆

投稿日時 - 2013-05-09 09:48:39

あなたにオススメの質問