こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

海外輸出手続きについて

海外輸出手順

1、貿易条件を決める

 * Exworks 工場渡し
 * FOB 本船渡し ―― 輸出港まで運賃、危険負担する 
 * C&F(CFR) 輸入港まで運賃込み渡しだが 危険負担はFOBと同じ 
 * CIF 輸入港まで運賃保険込渡し、ただし危険負担はFOBと同じ  )

2、運輸業者を決める 通関業者を紹介してもらうか輸出元が自分で見つける

3、輸出品の種類 数量内訳を説明した上 サービスの詳細について見積もっていただく

4、INVOICE PACKINGLISTを作成してもらう(選んだサービスによって輸出元自らINVOICE PACKINGLISTを作成する)

5、INVOICE PACKING LISTを正しいかどうかを確認する

6、荷造りし集荷してもらう

7、輸出通関してもらう 

8、通関手続き完了 出航 (港)

 * 税関に引っかかる場合、通関業者を通じて税関の質問に納得するまで応答
 * 税関に必要と思われかつ要求されるすべての関連資料の提示を義務付けられている

9、Exworks以外の場合、出航(港)したらB/L(船荷証券)(重要!!)を輸入側に発送。(発送タイミングは契約内容に従う!!)

10、荷物が輸入港についたら、輸入側がB/L(オリジナルかコピー 貿易、支払条件による!!)を持って現地の通関業者に荷物の引き取りを依頼する。

11、輸入通関をする 輸入側に求められる通関に必要な書類を極力提出するが、輸出元の判断にもよる。

12、輸入通関完了し、輸入側に荷物が到着する

以上

初心者なので
上記の手続きの内容に不具合、不足がありましたら貿易上級者の方是非ご指摘ください。よろしくお願いします。

投稿日時 - 2013-04-26 13:47:48

QNo.8060418

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

社内で貿易業務(船積業務)のテストでもあるんでしょうか
頑張って下さいね

お節介ですが、
その他備考として上げますと、輸出品目によっては輸出品質検査や、輸出地によって原産地証明書が必要な場合もあります。また金額によって輸出承認申請が必要な場合もあります。

4~6の間で船会社に船荷のBookingをする事が必要です

先の方が仰る通りC&Fは主にair cargoの場合にもちいます。
1の「貿易条件を決める」の際に取り交わすのがproformer invoice←テストなら出るかも知れませんよ

貿易屋のOBですので、現在は変わってるかも知れませんので、その場合はごめんなさい

通関業者を乙仲と言いますが、乙仲さんと親しくなれば色々と教えて貰えますよ

投稿日時 - 2013-04-26 16:11:45

補足

いま、実務やっていなくてお話できる乙仲さんいませんよ。^。^

投稿日時 - 2013-04-30 08:56:49

お礼

丁寧に教えていただきありがとうございます。

投稿日時 - 2013-04-30 08:56:54

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

#3です。細くです。

1で書いた「ある条件」のことを書き忘れていました。

これは輸入側が船会社と大口契約して海上運賃を安くしてもらっているという
内容です。一見さんでは通常料金になります。
またこの手を使おうと思えば、おのずとこちら側が船会社を指定出来る条件、
EXWもしくはFOBが取引条件となります。
この「奥の手」が使えないのであれば、CNFやCIFで契約しても
なんら変わりはありません。
出荷から到着までの料金がインクルードされているCNF,CIFだと
ある意味お任せでよい面もあります。

投稿日時 - 2013-04-27 12:49:12

お礼

奥深く教えていただきありがとうございます。

投稿日時 - 2013-04-30 08:58:13

輸出なんですか?
質問文を読んでいるとあなたが輸出したいんじゃなくて
輸入したいって見えますが輸入なんですかね?
輸入で話します。

1・ご自身で決めます。
  どれでも良いですし、出荷元の意向もあります。こちらの希望と
  先方の考え方で決めます。
  ちなみに私は全部の決済条件は経験していますが、
  特にこれが絶対有利というのはありません。
  確かにFOB契約は多いですがある条件を満たしていないと
  特別有利ではありません。

2・ご存じのように運送業者(この場合海運業者・船会社)と通関業者は別ものです。
  先にコンタクトとらなければならないのは通関業者です。
  船会社は別個交渉するか、もしくは通関業者が契約いているなり贔屓にしている
  船会社を使うことになります。

3.見積もりは1の条件で変わってくるので1を決定した後に見積もり書が作成されると思ってください。
  (また支払い条件はどうする予定でしょうか?送金なのかL/Cなのか?
  送金の場合だと100%前金なのか?分割なのか?そういった条件でも
  相手側の見積もりは変わってきます)

4.B/Lを除く出荷書類を作成してもらう前にあなたからの発注書が必要です。
  (正式な注文書もないのに出荷書類は作成されません)

5・6・ここは相手側に任せましょう。

7・もしこちら側が相手側に相手側の出荷窓口となる通関業者あるいは船会社の
  代理店を紹介してやれるなら紹介してそこを通すよう指示する。

8以降 あとは日本側の通関業者がやってくれます。指示通りに行えば良いでしょう。
日本の港(なり空港)に到着後はどうやってあなたの手元まで運びますか?
国内運送です。ここも通関業者にやり方を教えてもらえれば良いでしょう。

投稿日時 - 2013-04-27 12:32:05

補足

輸出をしたいです。

投稿日時 - 2013-04-30 08:49:01

お礼

詳しく説明いただきありがとうございます。

投稿日時 - 2013-04-30 08:49:04

ANo.1

上級者とは言えませんが…

参考までに…

貿易条件は日本では少なくとも7~8割はFOB CIFです。これ以外はほとんど見たことがありません。

関税の申告書でもFOBやCIFの価格が基準ではなかったか…と思います。ですから、なおさら、FOBとCIFしか使わないですよね。

FOBとCIFはよく理解しましょう。他の条件は、試験ぐらいでしか見ることないと思います。

投稿日時 - 2013-04-26 14:37:35

お礼

ありがとうございます。大変参考になりました。

投稿日時 - 2013-04-26 15:08:15

あなたにオススメの質問