こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

地震予知は出来ないのに東南海大地震・・騒ぎすぎ

南海トラフとかで東南海大地震が発生しその津波が巨大である・・どうにもこうにもならんくらい巨大だというニュースを見ました。

そこで2つの疑問を持ちました、疑問1。

地震予知は出来ないのではないでしょうか・・だったらなぜ東南海巨大地震が起こるというのですか?
地震予知が出来ないことは阪神大震災や東北大震災を予兆すら察することが出来なかった事実からして証明されていると思います。

確か前首相の菅さんは東海地震は87%の確率で起こるとか言いませんでしたっけ、下一桁までなんで言えるのでしょうか。

当南海大地震の可能性があるというなら、起こらない可能性もあるわけでなぜ起こる可能性のほうだけ大騒ぎするのでしょうか。

備えあれば憂いなし・・そんなこと言うなら地球以外の天体と衝突する可能性だってあるわけで、どう備えるのでしょうか?

2つ目の疑問ですが、
地震より被害の大きいのは津波だと思います。
しかし津波は地震が起こってから発生します。
だからいくら大きい津波でも対策は相当程度可能だと思います。

だって海を見ていれば津波が来るかどうか大きさがどうかは見えます。
現在は別としても将来は沖に浮かべたブイなどで正確に把握可能だと思います。

私の言いたいのはマスコミによる不安を煽る商法というか、根拠の乏しい不安をいたずらに騒ぎすぎではないでしょうか

あまりテレビを見ないのでもしかしたら私の勉強不足かも知れませんが

投稿日時 - 2013-03-26 22:55:39

QNo.8013337

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

いろいろな方が表現を変えて回答をされていますね

1については
地震予知は現状ではできません。これは地震予知連絡会も東日本大震災後に認めています。
そして簡単に言えば今までの地震予知は単なる統計学です。
地層の堆積物や歴史的な文献を調べて、地震が起こった周期を数十年~数百年単位で絞っているだけです。
そうした周期がある程度分かっていて、小学校などで習った太平洋ベルト地帯と重なる日本の経済を支えている地域と重なる東海、東南海などの地震が注目をされて研究がつづけられているわけです。

結果としてその周期から考えると、そろそろ起こるのではないかと言われているわけです。

2についてですが
地震と津波では被害の受け方が違います。
阪神大震災では都市部であったこともありますが、直下型地震であり最大震度が7でした。直下型ですので津波による被害は基本的になく、地震による建物の倒壊や火災などで6千人以上の死者が出ました。
一方東日本大震災では同じ震度7は記録されていますが、震源が太平洋沖130kmで複数の連動する地震が起こったので、基本的には津波による被害が中心で1万5千人以上の死者がでました。

同じ揺れであっても揺れの周期が違うことや都市部とそうでない地域、また阪神大震災後の揺れに対する対策が進んだことなどで簡単には比較ができないのですが、これからは質問者さんが書かれているように津波をいかに早く観測して高さを予測するかだと思います。

参考URLにあるように、沖合での観測体制もブイを浮かべてGPSで変動を計測するなども始まっていますが、津波は沖合では振れの幅が小さく、陸地に近づくと大きくなる特徴から普通の波の揺れと津波を見分けるのは意外と難しいので、なかなか課題があるようですね

そして、他の方の回答にお礼などで書かれていますが、私自身も質問者さんが感じられているようにある特定の災害ばかりに力を注いだ報道や対策はやはり偏りがあると思います。
大雨が降ればダムや河川のことを中心にし、地震が来れば耐震や津波対策ばかり報道しますが、もちろん優先度はあるでしょうが、トータルで考え伝えるべきだと思いますね

最近震災以来このサイトでも「防災グッツは何を用意したらいいのか」の質問がかなりありましたが、地震にばかり目を向けていて、台風や火山などにどうするかは気にしていない方がほとんどです。
また、地震だって天気のいい日に起こるとは限らず、台風のさなかに東日本大震災が起きたらどうするのかなども考え出せばきりがないですが、少しは考える必要があると思いますね

マスコミのインタビューでも「絵になるコメントや映像」ばかりが伝えられますが、そうじゃないコメントや映像もたくさん現地では見聞きします。

まあ、注目を得るためには必要なんでしょうが、それに踊らされる人が多すぎると自分なんかも思いますね

参考URL:http://www.fdma.go.jp/neuter/about/shingi_kento/h24/tsunami_hinan/02/shiryo_03.pdf

投稿日時 - 2013-03-27 10:02:17

お礼

>地震予知は単なる統計学です。
まさにそこなんですね震度とか津波の高さとか絶対値まで放送していますが、過去の統計であり、もっと大きのが来るかも知れないし来ないかもしれない。結局判らないんですよね。

判らないもの不確かなものに税金を投入して屋上屋の防災必要でしょうか?

勿論防災自体は必要であり防災キャンペーンも不要だとは言いませんが、どこまでやればいいかです。
すでに災害国の日本ではハード面は出来ていると思います。
問題はソフト面だと思います。人の意識や津波ブイの技術など。

その意味で過度なキャンペーンは逆効果になりませんか?
私は町内会長の時、役所から町内会の災害マニュアルを作るように言われました。
そこで保護(救助)の必要な対象者のリストを下さいと言ったら個人情報だから出せない・・いつどんな災害に対するマニュアルかと聞いても答えがない。
要するに役所も形式主義で災害マニュアルを用意していると言いたいだけなんですよ、だから、だから 本当の災害時に被害が出るんですよ。

私はマスコミに対しても、受けを狙ってるんじゃないの?
と言いたいのです。

結局、注意は必要ですが被害は出るんだと思うんですよ、トンネルの天井が落ちてきたり・事故にあったり、

でも 皆さん 注意はしましょう

すごく私の趣旨というか方向性をご理解くださいまして嬉しく思います

回答感謝いたします

投稿日時 - 2013-03-27 19:53:44

ANo.13

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(22)

ANo.22

#19です。

補足
>>だって天気予報で、あした晴れてもおかしくないし雨でもおかしくない、いつかは雨はフルでしょう、だから傘を用意しましょう・・なんて変でしょうに。

 観測網の整備や衛星画像の利用によって、天気予報の精度は飛躍的に向上しました。しかし、それでも竜巻の予報はできませんが。
 それはともかく、わが国で最初の天気予報は130年前です。その内容は「明日は変わり易き天気にて、雨降る地方もあるべし」でした。現代の地震予知と似たり寄ったりのレベルでしょうか。

 一方、夏になると気温が高くなることはどんな原始社会でも知られていました。しかし、そのメカニズムは謎だったと思われます。ところが今日の小学生なら、地球の公転と地軸の傾きさえ知っていれば簡単に答えられます。

 大地震の周期性については、早くから知られていました。しかし、プレートテクトニクス理論以前には、そのメカニズムは謎でした。今ではプレートの沈み込みで生じるエネルギーがどれだけ溜まったか、ある程度予測することができます。正確な日付や規模は分かりませんが、そろそろ大雨が降るよぐらいはいえる段階になりました。質問者の言葉尻をとらえるようですが、将来とも起こらない確率はゼロです。あくまで30年以内にという条件付き予測であることをお見逃しなく。

 この情報は、被災する可能性のある地域の住民だけでなく、行政や企業に準備を促す目的があります。事前復興とか事業継続計画(BCP)という用語をお聞きになったことはありませんか。防波堤のかさ上げとか高台移転というのは多種多様な減災計画の一部であって、こうした対策を推進するために情報を提供しているという面を見落としてはいないでしょうか。

 

投稿日時 - 2013-03-29 13:47:56

お礼

いやあ~説得されてしまったようです。
あんまり騒ぐと逆効果という観点で始まった質問なんですが回答者様のご意見に異論を挟む余地を見つけることができません。

大変有用なご意見を参考になりました ありがとう

投稿日時 - 2013-03-29 16:48:18

ANo.21

東海よりも東北の人たちの命を軽く見ているということでしょう。

投稿日時 - 2013-03-29 07:09:33

お礼

なによりかんより 東京に田舎者を集める政策を止めるべきだと思いますよ

投稿日時 - 2013-03-29 16:49:30

ANo.20

東南海地震につきまして、NHKの「NHKスペシャル THE NEXT MEGAQUAKE 巨大地震 “大変動期”最悪のシナリオに備えろ」で触れていましたので、そちらを観て下さい。
再放送が4月6日(土)午後3時55分からです。
それで少しは理解出来る物と思います。

投稿日時 - 2013-03-29 00:07:29

お礼

ああ それですか、何かそんなのばかり見せられると滅入ってしまうのですよ。
でも 見る価値はあるかもしれませんね 天下のNHKですもの

投稿日時 - 2013-03-29 16:51:14

ANo.19

 次元が違う話を無理に結び付けてはいませんか。この二つのトピックスを結び付けて論じている人はあまり居ないのではないでしょうか。

 地震予知とは、地震の場所、時間、規模を事前に把握することです。これは気象庁も現時点では不可能だといっています。

 つぎに巨大地震ですが、周期性があることはだれもが認める通りです。しかし、なぜ周期的に発生するのか、それを説明するのがプレートテクトニクス理論です。

 プレートテクトニクス理論が唱えられたのは1960年代ですが、学会で広く受け入れられたのは80年代といっていいでしょう。たとえば東大地質学教室でプレートテクトニクス論の講義が始まったのは1986年です。さらにGPSで精密な測量が始まったのは1990年代になってからです。

 また断層地形学や地層学が発展したのもこの時期です。

 一般にも分かりやすい地震考古学の成果が広く知られていますが、地震発生のメカニズムがある程度明らかになり、その確率が計算できるようになったのはつい最近のことです。

 この方法は、地震予知に直接つながっていません。せいぜい10年とか30年といった範囲での話です。内陸の活断層については、場所の特定はも少しきめ細かく知らせています。

 2つ目の疑問。南海地震の場合、震源が陸地に近いので、早いところでは5分で津波第1波に襲われます。家具が倒れ、ドアが歪んで開かなくなった状態では、健康な大人でも簡単に避難できません。

 被災者としては、もっともっとマスコミで取り上げてほしいと思います。

投稿日時 - 2013-03-28 22:02:14

お礼

論理的で真剣な回答をありがとうございます。
折角の真面目なお答えに対して、私の頭では充分に消化できないかも知れません。
次元の違う、とは地震と津波、の事かと思ったのですがそうではなく、地震予知が出来ない=巨大地震は来ない の事ですよね。

回答者様は地震予知は出来ないが(巨大)地震は必ず来る、だから備えをしなければいけない・・・とおっしゃってるんですよね。

何か今日もNHKで巨大地震をやってたようですが、
私の思いと違うのは、必ず来るであろう地震に対して備えをしなければいけない・・ここまでは同意見なのです。

違いは、効果的な備えをするにはどうするかという手法なんです。
私の意見は、不確定な情報での怒涛のような騒ぎ方は逆効果なんではないかと思うのです。
受け取る側は、またやってる、もういいよ・・
怖いのは地震だけじゃないよ・って反発さえおぼえないでしょうか?

台風のようにいつどのくらいの・・と、より正確な予想なら、真剣にテレビを見るでしょうけど、やっぱり、予知出来ないなら、関心は遠のくのではないでしょうか?
ましてや何十年先とか、明日来てもおかしくないとか・・

だって天気予報で、あした晴れてもおかしくないし雨でもおかしくない、いつかは雨はフルでしょう、だから傘を用意しましょう・・なんて変でしょうに。

ちんちんかんな理解に基づくお礼でしたらごめんなさい

投稿日時 - 2013-03-28 23:59:43

ANo.18

No.11です。
お礼の中に書いてあったので。

地震が来てテレビを見ないで、すぐに避難するか?ですが
揺れの大きさでも違いますし、住んでいる所と遠方の震源域だったら
テレビで確認してから、避難出来ます。

震源域が近くで、揺れが大きい場合で
停電になったらテレビでは、確認出来ません。
海岸の情報スピーカーからの避難を呼びかけるアナウンスの
前にでも、避難行動が取れればいいのですが
地震が、真冬の深夜で猛吹雪の時だったら躊躇するかも。
停電で真っ暗で、吹雪の中、避難出来るかが問題です。
最近、自治体が津波のハザードマップを作成しました。
我家の避難場所は、家から歩いて10分以内の場所ですが
海抜は、想定される津波の高さよりも高い場所なので
安全な場所ですが、建物が大きくありません。
なので、避難してきたみなさんが、雨雪をしのげるか。
とりあえず避難出来る場所と認識しています。
避難しないで命を落とすより、マシですが・・・。

投稿日時 - 2013-03-28 11:36:04

お礼

なるほど皆さんよく考えてらっしゃるのですね。
私とこもど田舎の海岸沿いですが海の音がうるさくて自治体の
スピーカは聞こえません。
テレビも写ったり映らなかったり、私は見ないので最近はどうかな。
私の場合、兎に角バイクで一目散の丘の方に逃げようと思っています

サイドの回答本当にありがとうございました

投稿日時 - 2013-03-28 16:42:50

ANo.17

No.1です。
お礼ありがとうございました。

「地震予知」とは、ある意味「風船が割れるタイミングを予測」するのに似ています。
前回と同じ種類の風船ならば、前回と同じぐらいの大きさになれば「割れる可能性が高い」と言えるでしょう。
つまり、これが地震の「周期」にあたります。

さらに、風船の中の気圧は観測できるとしましょう。
中の気圧が測定できれば、その風船の耐えうる強度から、さらに詳しい予測が可能になるでしょう。
これが、今の地震予知の状況に似ています。

しかし不足しているのは、「風船が割れる」とは厚さが均一で無いため一番弱いところに負荷がかかり、そして「裂けるようにして割れる」のです。

たとえ、風船の厚さを測定できても、風船が割れるその一瞬を予測する事は非常に困難なのです。
(あくまで、たとえなので地震とイコールではありません)

私も聞いた話ですが、アメリカで20年周期で地震が起きる箇所があり、そこに地震学者が集まり、それぞれの観測方法、それぞれの論理で「予測」をしましたが、結局、約20年周期で地震が起きたものの「具体的にどうならば地震が起きる」かの明確な理論は発見できなかったと言う事です。

私もよくわからないですが、「桜島の噴火」なんてチョクチョクあるけど、予測なんかできていませんよね。
でも、「富士山大噴火」なんて大騒ぎですよね。

まぁ、今の日本のレベルではそんなところでしょう。

もちろん、「地震予知不可能」なんて、言った日には国からの研究費が削られて、研究者はニート状態になってしまうので、口が裂けても言えるはずがありません。

投稿日時 - 2013-03-28 05:51:33

お礼

同感です、桜島、富士山、地震学者の研究費、・・おっしゃるとおりですね。

首都直下型災害が大変だとか言ってますが、本当に回避したいなら一極集中しなければいいですよね。

出稼ぎ都市東京に地方から田舎者を集めて、帰省ラッシュとか通勤ラッシュとか世界一の大都市とか・・

一方で田舎は過疎化が進んで青年団も消防団も高齢化。

本気で対策するなら法人税などの配分で地方に分散させること出来るはずです

どうも本音とタテマエがあるみたいに思うんですよ

再度の回答本当にありがとうございました

投稿日時 - 2013-03-28 18:42:45

ANo.16

プレート境界地震 メカニズムとかで検索すれば、いくらでも出てきます。

http://www.bousai.metro.tokyo.jp/japanese/knowledge/mechanism.html

海溝型地震の発生するしくみのところを見てください。

海洋プレート(フィリピン海プレート)は陸のプレート(ユーラシアプレート)に沈む込みます。
このとき陸のプレートを引きずり込みます。
それで、陸のプレートのひずみが大きくなります。
ひずみが限界に達すると、跳ね上がって地震(東海、東南海、南海地震)がおきます。
なので、フィリピン海プレートが動いている限り、これからも発生します。
跳ね上がるから津波もできます。
紀伊半島を中心に、東が揺れれば東南海地震、西が動けば南海地震です。
東海単独の地震は今のところ確認されていません。東海が揺れたときは、東南海も揺れています。
伊豆半島はフィリピン海プレートにあった島なので、伊豆半島近傍では、プレート境界は陸にあります。


フィリピン海プレートは、ユーラシアプレートだけでなく、北米プレートにも沈んでいます。
なので、こちらでも地震が起きます。こちらで起こった一番近い地震は関東大震災です。
こちらの地震の周期は270年くらいなので、あと180年くらいは相模トラフのプレート境界地震は起きないでしょう。

太平洋プレートが北米プレートに沈み込むところで起こったのが2011の東北大震災です。

あと、残りの北米プレートとユーラシアプレートとの境界については、研究が進んでいません。
奥尻地震や日本海中部地震があるのですが、どちらのプレートが沈んでいるのかまだわかっていません。

投稿日時 - 2013-03-27 22:45:03

お礼

茶化すつもりはないんですが洋の東西を問わず祈祷師ってのがいますね。地震学者は祈祷師に分類出来るんじゃないでしょうか?
現実に駿河湾地震を言っていたのに阪神でボカーン、今度は東海だと言っていたのが宮城沖でバッカーン、また東海だといってます。
駿河湾を唱えていた学者はどこへ行ったんでしょうね。
東北の被害者にお詫びして回ってるんでしょうか?

少なくとも責任は取って欲しいですね、責任取れないなら、地震予知は出来ませんスミマセンデシタとお詫びしてほしいですね。

後追いの説明やメカニズム解説ばかり、それだってほんとかどうか?
学説の一つですよね。

地震学者は間違いを犯したことだけは確かですよね。
その人達の言うことは信用出来ますか?

報道機関も責任をもってほしいと思います。
占い師が言ったことを本当のことのように報道する責任。

その報道により土地の値下がりや防災予算の増額など報道被害も考えてバランスのとれた報道をして貰いたいです

回答者様の解説自身一つの説としてはあるのだと思います
回答ありがとうございました

投稿日時 - 2013-03-27 23:22:23

ANo.15

>地震予知は出来ないのではないでしょうか・・だったらなぜ東南海巨大地震が起こるというのですか?

東南海地震は必ず来ます。
プレートテクトニクス理論から、将来地震が起こることは明らかです。
いつ起きるか、は予知できませんし、将来的にもできないでしょう。
前の東南海地震1944から70年くらいたっています。
このとき東海は揺れていません。

過去100年間隔くらいで起きている場合もあるし、
2~300年おきていない(過去なので発見できていない)場合もある。

>大きい津波でも対策は相当程度可能だと思います。
震源から遠ければ逃げる時間はあるでしょう。
東海地震→静岡の駿河トラフは、震源が真下ですから、地震とほぼ同時に津波が襲うでしょう。

投稿日時 - 2013-03-27 18:30:28

お礼

ウーン折角真剣な回答ありがたいのですが、正直いま一つ・・
>東南海地震は必ず来ます。
なぜ? 過去に来たから?・・なぜ過去に来たからまた来るのですか、もう終わりではないですか

震源から近いと地震と同時に津波が来る・・だったらしょうがないじゃないですか?

要するに静岡県に住まないで山梨県に住めばいいと? 今度は山崩れとか・・

私は注意喚起がいけないと言っているのではなく 程々に・・
と思うのですけど、
どうでしょうか?
回答ありがとうございました

投稿日時 - 2013-03-27 21:01:21

ANo.14

地震のメカニズムが分かっているので、「起きる可能性が有る」程度は予知できるみたいです。
ただ何月何日何時に起きるとは、言えないですね。
ただ、今はできなくとも、何時かはもっと精度の良い予測ができるようになると思います。
いつかは分かりませんが、一つの発見で明日にもそれができるようになるかもわかりません。

投稿日時 - 2013-03-27 16:47:01

お礼

そうでしょうね 今は予知不能でしょうね。
だって 明日の天気予報すら当たらないのに・・・

投稿日時 - 2013-03-27 18:31:40

ANo.12

>地震予知は出来ないのに東南海大地震・・騒ぎすぎ

発想が逆でしょう。地震予知ができないから、東南海大地震について警戒が必要なのだと私は考えます。

ご指摘のとおり、将来起こる地震について、発生する日時・場所・規模を明確に予知できる段階にはありません。(東海地震に関して地震が発生する可能性を示す兆候を観測した場合に「警戒宣言」を出せる法的な仕組みはできていますが…)

仮にこの地震予知が大地震については100パーセント正確にできるようになれば、これを利用して事前に十分な対策が可能です。(「20○○年□月▲日何時にどこそこでマグニチュードXの地震が発生してどこそこに津波が発生するので該当する地域の住民は避難せよ」と言えるからです)しかし、これはまだ不可能です。

ただしこのいわばピンポイントで地震予知をすることと、何十年というオーダーで、ある程度の広い範囲で、ある程度以上の大地震が起こる確率を計算することとは異なります。

今の地震学では後者のいわば地震の発生する確率を大づかみに計算することは、いくつかの条件(仮定)のもとではすでに可能です。それが無視できないほど高い(例えば隕石が衝突する確率と比較してはるかに高い)確率だから、防災対策を地道に実行することが求められています。このような防災や防疫の対策では、原因となる災害や疾患が発生する仕組みが100パーセント解明されていない段階でも、その時点で分かっている限りの知識を活用して、十分な対策をとる必要があると考えます。

投稿日時 - 2013-03-27 09:21:23

お礼

非常に真面目で仰っている論理は判りますが・・ご自分のご意見をよ~く突き詰めてみて下さい、それって土建屋さんの論理に行き着きませんか?

私の論理は、予測できない事象には対応も出来ないと思うのです

例えば車の衝突実験で前後左右どれだけのダメージが計測出来たからどのくらいの強度を持たせるか・・全て科学的見地から割り出します。

確かに地震予知も日時まで予測できなくてもいいでしょうが、東日本大震災のかけらさえ予測出来なかったんですよ。
東京都知事は天気予報外れたら責任を取らせると言ったそうです

なんでもそうですが、無責任で言いっぱなしってずるくないですか?

危ないから予算を我が方に回せって事にならないでしょうかねえ

真面目な回答有難う御座いました

投稿日時 - 2013-03-27 21:20:58

ANo.11

地震予知。
東海地域に限ってみれば、「ひずみ」を計測しているようです
ひずみが現われ、会議を開いて、これが地震を起こす可能性だと
判断されれば、発表するみたい。日時までは特定出来ませんが
ある程度の、備えもしくは避難が出来るようです。
このひずみを感知するレベルは、競泳用のプールに水を張った所に
一円玉を沈める。わずかにプールの水面が上昇する。その上昇の数値を
察知出来るレベルのようですが、その数値を地震が起きないと判断してしまって
間違えてしまえば意味がないですが・・・。

津波。
地震の規模・発生場所によって、揺れてから津波が
海岸線に到達する時間、津波の規模はケースバイケースでは。
いきなり、到達するかも知れません。
海岸線付近の海底の地形、地震の発生場所によって
観測ブイで確認出来る数値よりも、巨大になる事も。
北米、南米の太平洋側・赤道付近で発生する津波には
観測ブイが、役に立つと思います。

マスコミは、どのような津波が押し寄せてくるかまでは
わからない状況です。なので、最悪のケースと思われることを
言っているのではないでしょうか。

投稿日時 - 2013-03-27 09:04:55

お礼

本当にそうですね。
津波もいきなり到達するかもしれませんね、
そう考えるとテレビの津波情報なんか見てる間に津波が来るかもしれませんね。

揺れたら一目散に山に逃げ込みますか、、ちょっと恥ずかしい面もありますが、揺れるたびに一目散に家族が高台に逃げる

ところで貴方は、地震が起きたらテレビも付けないで家族で山に逃げますか?
それが安全ですけどね

回答がありがとうございまいした

投稿日時 - 2013-03-27 20:00:40

御礼を頂きました ありがとうございます
阪神大震災以降 こうまでも大災害が数多く襲来しましたから
日本人でさえ感覚的には鈍感になっておるのでしょう
情報が取捨選択できる事だと知らしめる為の情報なのでしょうね
自分の事は自分でと 言う考え方もあるのでしょうね
今のように全てが他人任せでは何も解決しませんから。。。。。。。。

投稿日時 - 2013-03-27 08:27:54

お礼

同感です ほんとうにそうですね

わざわざの回答ありがとうございました

投稿日時 - 2013-03-27 21:22:51

ANo.9

あの…阪神大震災も東日本大震災も予知されていましたよ?
もっとも地震学者や政府が信じなかったため見落とされましたが

投稿日時 - 2013-03-27 07:22:13

お礼

それは予知されていたとは言いません

回答本当にありがとうございました

投稿日時 - 2013-03-27 20:01:57

ANo.8

 地震予知が出来ないのではなくて、予測理論に欠陥があるのを隠しているだけです。

 サイコロを振っても地震予測は出来るはずです。5年以内に巨大地震が起こる確率が高いのがわかっていれば、地震が起こるのが何年何月かを予測するのは5×12ヶ月ですから、60分の1の確率に過ぎません。偶然でも当てられる可能性がある確率ですよ。

 気象庁は地震予測は絶対に出来ないと言いますが、予測出来ないのではなくて、予測してはならないのではないでしょうか。正確な地震予測を恐れているとしか思えません。地震予測が可能になったら、原発が建設出来なくなるとか、稼動出来なくなるとか、そういう問題しか考えていないのがわかります。

 阪神大震災は予測出来なかったでしょうか。湾岸戦争とロサンゼルス地震が同じ日付に起こり、翌年の同じ日付に阪神大震災が起こる法則性が発見されていたら、予測出来た巨大地震です。

 同じく、スマトラ沖地震もイラン地震の翌年に同じ日付の巨大地震が起こるのがわかっていれば、予測出来た地震でした。

 それでは、東日本大震災は予測出来たでしょうか。東日本大震災が起こる前年にはチリで3月11日にM6.9の地震が起こっていました。巨大地震の周期性から、2011年に犠牲者が多い巨大地震が起こるのは以前から予測されていました。地震が起こる場所が日本に近いのも、ある程度までわかっていました。正確な場所がわからなかっただけなのです。

 2011年3月11日に巨大地震が起こる可能性を想定した対策を取っていれば、犠牲者数を減らし、原発事故も未然に防げた可能性がありました。ところが、政府とマスコミがやっていたのは、地震の予測が可能という事実を揉み消し、予測不可能という前例を追認するだけのもので、多くの犠牲者を出し、原発を4基も事故を起こさせて、後は、責任逃れの弁解ばかりでした。

 東日本大震災の犠牲者が多かったのは、政府とマスコミが、地震が予測不可能という神話を信じさせる為に意図的に作り出した災害ではないでしょうか。

 現在も政府とマスコミは南海トラフで東南海大地震が発生する可能性に言及していますが、その日付が2020年2月頃になる可能性があるとは言おうとしませんよね。真実を言えば、地震予測が可能なのを認めなければならないからです。

 湾岸戦争以降の23年間に渡って、同じ日付に2年連続して繰り返す巨大地震が急激に増え続けていて、予測出来ないと言い続けている政府やマスコミは真実を見ていないだけです。その数は、すでに2桁に達しているのです。

 今では、子供でも、去年、巨大地震が起こった翌年の同じ日付には、犠牲者が多い巨大地震が起こる可能性が大きくなるから、気をつけた方が良いのがわかるほどです。それでも、政府とマスコミは地震の法則性を隠したまま、予測出来ないの一辺倒を続けているのです。

 すでに、阪神大震災、スマトラ沖地震、東日本大震災の3つの巨大地震によって、気象庁が作り上げた地震予測が不可能という神話は崩壊しています。

 なぜ、同じ日付に巨大地震が連続して起こるのかは、物理理論が隠されているようで、解明されていませんが、誰が見てもわかる法則性があります。

 地震予測は不可能とか、確率論でしか議論出来ないとか、そういう空理空論を主張し続ける政府とマスコミは信用を失っていますよ。

投稿日時 - 2013-03-27 00:05:52

お礼

せっかく力の入った回答を頂きましたが私の頭では理解出来ません。
申し訳ありません
回答ありがとうございました

投稿日時 - 2013-03-27 21:31:21

>地震予知は出来ないのではないでしょうか・

出来ていませんね。

>だったらなぜ東南海巨大地震が起こるというのですか?

過去に一定周期で発生し、その都度被害があったとの記録があるからです。その周期から判断するとまさに数年以内に起きると判断できるからです。

>起こらない可能性もあるわけでなぜ起こる可能性のほうだけ大騒ぎするのでしょうか。

おこらない可能性は0%に等しく、起こる可能性が高まっているから政府はマスコミを通じて注意喚起しているわけです。阪神淡路大震災、東日本大震災は盲点を突かれた形で発生しましたね。ただ、デマを流しているわけではありません。

起こらないに越したことはありませんけど、起きてから対策をしても意味は無いでしょう?同じ事は富士山の噴火の可能性でも聞かれますけど、そこは質問に入れないのですか?

津波の被害を目の当たりに出来たのも報道機関のおかげでしょうに。

貴方の「マスコミによる不安を煽る商法というか、根拠の乏しい不安をいたずらに騒ぎすぎでは」と言う疑問は貴方が如何に他人事でニュースを見ているかをさらけ出しているようなもの。
もし、東海地震、東南海地震が連動して起きた場合、その被害は計り知れず、かつ日本と言う国自体が崩壊の危機に直面する事態となりうる災害です。
沖に浮かべたブイなどで正確に把握可能だとしても、受ける被害は同じです。

もう少し勉強して質問してくださいね。津波の被害だけで日本の工業地帯の70%は消える事の重要性を考えれば騒ぎ過ぎとは言えないでしょう?対策を立てる国、各自治体、経済団体、消防や警察はすでに動いています。後は太平洋沿岸に住む住民の意識を高めていかなければ日本の人口は100万人単位で消滅してしまいますよ。その中に貴方が入っているかは知りませんけど。

投稿日時 - 2013-03-26 23:48:41

お礼

私を馬鹿扱いするのは同感であり結構ですだって無知ですから。
でも私と同じように考えている人が大部分だから今回の被害も起こったんではないでしょうか?
災害は地震だけでなく火山噴火、台風、自然災害から交通事故まで、身の回りに全てあります。
ことさら東南海大地震に注意を集中させるのは、また別の災害に盲点を突かれる危険も増えるのではないですか?

マスコミは責任の所在をはっきりさると同時に他の災害とのバランスを考え根拠が乏しかったり期間があまりに不正確だったりした場合責任を取らせるとか処罰すべきと思います。
それでこそマスコミの報道に信頼性が生まれ本来の注意喚起になると思うのです。

回答ありがとうございました

投稿日時 - 2013-03-27 01:15:29

物理学者の寺田虎彦の名言
天災は忘れた頃にやってくる

格言
備えあれば憂いなし

ボーイスカウトの信条
備えよ常に

以上で御座います

投稿日時 - 2013-03-26 23:46:32

お礼

防災用品会社のCMでしょうか?
まあ おっしゃることそのとおりですけど
回答ありがとうございました

投稿日時 - 2013-03-27 00:53:56

ANo.5

地震予知は今の技術では入り口に入った程度でしょう。
東南海地震については、周期確率の次元であってそれに観測データを併せて危機は上がっているとの判断です。
東北地方太平洋沖地震についても、懸念されていた震源域では無い所で発生していますし、今では世界各地起きて居る大きな地震が、何らかの影響を与えていると言うメカニズムの説明が出来る段階にまで来ています。
また、相模トラフや東海トラフ、南海トラフについても地震が起きても不思議では無い歪みが蓄積しているとの見解も出ています。
地震予知は未だ未だ未熟な物ですが、それでも危機的段階に近付いているとの見解を出せる程度のデータが集まっていると言う事でしょう。

クズ菅の言う事は捨てて下さい。
原子力の専門科気取りでやった結果が混乱を招き、事態をより悪化させてしまった張本人の一人です。
その責任を東京電力へ転嫁して何処かへ逃げていって、好感度と支持率を上げようと御遍路のパフォーマンスを起こった超責任転嫁男です。
震災対応を何一つまともにやっていないではないですか。

津波ですが、今シミュレーションされている中では最短で地震発生から5分程度で陸地へ到達します。
対策と行っても防災は不可能である為に現在では減災を目指していますが、それでも住宅密集状態ですから、相当時間が掛かる事でしょう。
根本的に街作りの見直し等も行わないとならないので、災害が発生する前に対策に目途が付く事は不可能に近いのではと思います。

『喉もと過ぎれば熱さ忘れる』と言う言葉もあります。
2011年3月11日の震災被災地は、度々被害に遭ってきた歴史があるのでまず忘れる事は無いでしょうが、他の地域では風化してしまうでしょうから、決して騒ぎ過ぎでは無いでしょう。
被害に遭ってから「ああしておけば良かった、こうしておけば良かった」と思っても遅いのです。

投稿日時 - 2013-03-26 23:38:34

お礼

なるほどそりゃそうだ と理解したように思えたのですが
でも なんか???
住民も今度の東北大震災で津波の怖さは十分理解したと思いますよ。忘れないと思うのでけどねえ。

自治体は大変で、具体的に防災対策に予算を使わなくてはいけないのでしょう。

まあ言ってみれば来てもおかしくない、来なくてもおかしくない・・そんな曖昧なものに現実に予算を回さないといけないのは
・・どうなのかなあ やっぱり ひつようなのかなあ

北朝鮮のミサイルが飛んでくるのと大地震が来るのとどっちが現実味があるでしょうね。


回答誠にありがとうございました 

投稿日時 - 2013-03-27 00:36:51

ANo.4

 歴史的に記録が残っているので、統計上○○年に1回は地震が発生している、という周期が存在します。
 その周期から推測して、将来、「むこう30年以内に60%の確率」などという言い方で発生率を表現しています。
 ですからある程度は発生率を数値化することは可能です。
 歴史的記録を調べ、これまでの地震発生の痕跡をしらべメカニズムを解き明かすことで、ある程度予知ができているからこそ、危機を宣伝し騒いでいるのです。
 確かに、正確に何時何分、という予知は難しいですが、ある程度時間的範囲の広い曖昧な予知でも、なにもないよりはましでしょう。
 今回の震災も、3つの個別の地震が一度に来るということが予測できなかっただけで、個別の地震についてはある程度予知されていたはずです。

 宇宙から飛来する天体については、各国の天文台が観測を実施しており、望遠鏡の技術も日々進歩しており、軌道計算などから、むしろ探知は地震より進んでいると思います。
 一般に公開されていないだけでしょう。

 沖の観測ブイはすでにかなり前から設置され稼動しています。
 先月、南方で発生した津波についても、観測し注意報を出していましたね。
 予報は50センチくらいでしたが、実際にその程度かそれ以下の津波を観測していました。
 沖のブイの観測による、とテレビでも放送していましたね。

 不安を煽る商法を問題にされているようですが、耐久性をうたって高額な製品を売りつけたはいいが、庭においておくと雨漏りしていた、なんて粗悪品を売りつけた例も確かにあるそうですね。
 でもそれは地震という事象に乗っかって商売をしている業者が悪いだけであって、地震自体の危険度やメカニズムを正しく評価することとは、分けて考えるべきです。

 かの震災のとき、私がテレビの画面で見たのは、津波をあなどって警報が激しく鳴っているのに漁港に様子を見に行き、逃げ遅れて車ごと波に飲まれる人たちの姿でした。
 津波の前には必ず潮が大きく引く、という固定観念と、どうせ今回もたいしたことはないさ、という感覚が、そういう愚行に走らせたのだと思います。
 恐れすぎたら日常生活もできなくなりますが、何もしなければ確実に被災します。
 ある程度根拠があるから、それに備えよう、と呼びかけているのです。
 正しく恐れて正しく備えることが必要で、なにもしない、思考停止するのは最悪です。

 

投稿日時 - 2013-03-26 23:27:34

お礼

おっしゃることごもっとも・・なんですが!!?
理論に裏付けされてますか?
本当は地震予知など全く出来ないんじゃないですか?
例えば火山爆発、日本海側の大地震、富士山噴火・・

ある程度根拠があるから・・それに備えよう・・まあねえ

それにしても 高知県とか30mの津波とか言われて防災計画どころか町の存続に関わるって嘆いてますよ。

どの学者のどの学説なのか可能性の%とか、責任の所在をもっと明確にしたほうがいいのではないかと思うのですよ。

だって 可能性なら いい放題じゃないですか

・・とか 思うのですけど ちがうのかなあ?
スミマセン折角の回答にケチを付ける気は全くないのですけど

皆さんが 必要だと言われるなら 防災計画必要なのでしょう

回答ありがとうございました

投稿日時 - 2013-03-27 00:48:07

ANo.3

そんなことは無いですよ、あれほど騒いでいた東海地震、関東大震災がいつのまにか、東南海地震に置き換わっています、マスコミはニュースのネタを自分たちで作り出しているのです、富士山の噴火騒ぎは何処に行ったのか??、地震予知どころか、噴火予知さえできないのではないでしょうか?

投稿日時 - 2013-03-26 23:23:55

お礼

マスコミの方は真面目に深刻に考え注意喚起してくださっているとは思いますが、
人間って、行ってらっしゃい気をつけて・・と言われて気をつけますか?

なんか大変だ大変だって不安ネタ、がひどすぎませんか。

健康問題でも「放って置くと大変なことになる」とかの番組ってあるでしょう。
そんな番組と同列に見えてしまうのですよ

まあ 私がひねくれ者だからでしょう
皆さんが そんなことないというのだから そうでしょう

回答ありがとうございました

投稿日時 - 2013-03-27 01:23:33

ANo.2

1.地震とはある程度の周期ごとにくるのでそろそろかな?というのは「推理」できる。
  東日本大震災も記録からある程度の周期があったと推測できた。

2.海を見てて津波が来ると予想できれば苦労しない。
  新幹線なみの速度で迫ってくる数十メートルの水の壁をどう対策するのか。
  世界一と言われた堤防もあっさり破壊され町が呑まれてしまったのだから。
  ブイというのは再評価され、設置が急がれているものなので正解!

騒ぎすぎというのは半分賛成。
騒ぎすぎないと日本人はすぐ忘れるから。
福島原発も大震災も風化すごすぎるじゃない。
たぶんその辺の人捕まえて阪神大震災が何月何日にあったか聞いても半分以上答えられないと思う。
ひょっとしたら東日本大震災の月日も答えられない人も結構いるかもしれない。
人のうわさも75日と言いますが、最近ひどすぎるんじゃないですかね。

投稿日時 - 2013-03-26 23:16:14

お礼

>騒ぎすぎないと日本人はすぐ忘れるから。
騒いだら忘れませんか? 効果ありますか?

一箇所集中でいいんですか? 災害は地震だけではありませんよ
全く思いもしない災害を地震に集中するあまり忘れてないですか?

>人のうわさも75日と言いますが
神代の昔から75日なんだから騒ごうと何しようと75日じゃないかなあ??

まあ車検みたいなもんですよ、75日過ぎたら忘れて別の災害が来て騒いで75日で忘れる・・
人間の習性だから 

回答ありがとうございました

投稿日時 - 2013-03-27 01:30:27

地震予知はできません。

ある程度の観測はできても、「何がどうだったらば"何%"」と言う"明確な定義"がまだ求まっていません。

さらに、残念な事に「検証不可能」であること。
つまり、100%と0%以外はたとえ明日にでも大地震が起きようとも「外れたとも、当たったとも言えない」からです。

現状では、100%と0%でない限り何を言っても「間違いでは無い」からこそ、堂々と言えてしまうのです。
簡単に言えば「長年研究してきた人の"勘"」ということになります。

投稿日時 - 2013-03-26 23:03:07

お礼

短い言葉で適確な回答をありがとうございます。

明日の天気も当たらないのに・・ネえ!
でも 菅さんは87% の確率だそうですよ

回答感謝

投稿日時 - 2013-03-27 20:05:08

あなたにオススメの質問