こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

宅建協会とは。

宅建協会は不動産業界にとってどのような存在ですか?
何をするところですか?

投稿日時 - 2013-03-24 20:47:33

QNo.8009817

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

 基本的には「利益保護団体」でしょうね。

 何をする組織かというご質問とも関係しますが、

 例えば苦情処理部門があって、例えば客から「業者が心配ないと言うから買ったのに、面積が○平米足りなかった」とか「雨漏りしていないと言ったから信じたのに、雨漏りした」とか苦情があったりすると、「不動産取引では、業者がなんと言おうと事前に測る(自分で調べる)のが常識だというのが、判例なんです」「本当に仲介業者を信じたんなら、買った後も測らなければよかったねぇ」とか言って、クレーム客をあきらめさせたりします(体験談)。

 そのほか、協会加盟者の名簿を管理して、免許の更新期日がくると通知したり、免許更新手続きについての指導をしたりします(市の協会)。

 宅建免許関係の書類は「そこにあるので取りに行ってください」と県の職員が言いますね。

 業界では必ず行われる更新講習会や、業界主催の講習会などを主催します(県の協会)。具体的には、会場を確保し、講師を手配し、加盟会社に出席を呼びかけたり、ということをしたりします。

 宅建主任者の更新関係も、市か県の協会が主催していたように思います。

 たしか別組織になっていたと思いますが、共済みたいな組織がありますね。

 本来は1000万円の営業保証金を、相互の保証しあうことで、年間数十万円の会費負担で、供託しなくてもいいようにしてくれたりします。
 

投稿日時 - 2013-03-25 02:32:23

あなたにオススメの質問