こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

なぜ東日本大震災というのですか?

震災とは、地震による災害ですよね。
地震とは、断層、火山、爆発などに起因する地面の揺れです。

一方、津波とは海底の変形・移動に伴って生じる大きな
水の動きという現象です

地震、津波ともそれぞれの現象を意味した言葉であり、
原因を指すものではありません。

今回、巨大な断層運動によって地震と津波が生じましたが
地震・津波のそれぞれが、別のことを意味している言葉で
あるのですから、

東日本大震災
東日本大津波

は、分けて話す方が正しいと思います。
分けないから、福島の原発は地震で壊れたと言う人が
出てくるのだと思います。福島は津波にやられたのです。

チリ津波をチリ大震災とは言わないですよね。

なぜ、分けて呼ばないのでしょうか?

投稿日時 - 2013-03-11 06:59:48

QNo.7987444

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

東日本大震災って呼び名も最初は統一じゃなかったよね
東北太平洋沖地震て呼んでたり 東北関東大震災って言ったり


そうですね 福島原発は津波が原因です
地震でのダメージはほとんどありませんでしたし


スマトラ大地震もスマトラ津波とは言いません
不思議ですね

分けると面倒だから?
津波のトラウマの人が多いから被災者に配慮して?

色々要因はあると思います


もしくは有識者が質問者さんの言うように地震と津波は別物だと分かっていないから
というのもあるかもしれません

投稿日時 - 2013-03-11 07:19:53

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

ANo.9

〉〉震災とは、地震による災害ですよね。
その通り。だから、津波も震災なのです。
津波も地震による災害。

投稿日時 - 2013-03-12 19:09:00

ANo.8

地震とは、断層、火山、爆発などに起因する地面の揺れです。

津波とは海底の変形・移動に伴って生じる大きな
水の動きという現象です

其々は、間違っていませんが

震災は地震に伴い起きた災いですから
津波は地震に主因する災いの一つに位置ずけられます

東日本大震災は、宮城県を中心エリアとする
太平洋沖の地震に因り起きた災いの総称に為ります。
津波は地震を主因にして発生しました。

チリ地震津波は、チリで発生した地震によって
起きた災い(津波)です

日本には、地震の揺れに因る被害は有りませんでした

但し、津波に因る被害が起きましたので
チリ(地震)津波です

津波が主因で地震は起きません
地震が主因で津波が起きたのです。

投稿日時 - 2013-03-12 13:35:30

ANo.7

福島の原発は地震で壊れたのです

東電も政府もこの事実を隠していますが、隠しきれずに漏れてしまっています。原発は津波到着前に電源喪失していました。監視カメラや、各種の計器に残ったデータで、震災数ヵ月後に明らかにされています。

これがマスコミに載ってしまうと、事故発生時の記者会見がすべて嘘だったことがバレてしまうので、死んでもこの秘密は守らなければなりません。

「震災」とは、地震とそれに伴う災害をまとめて表す言葉です。
津波や地滑り、火災や家屋・道路などの崩壊による人身事故も震災の中に含めるのです。
一つ一つを分けると話しにまとまりがなくなるからです。

歴史上の事実としては「地震・津波・原発事故」は一体のものとしていいと思います。
そして、今後の復興計画や防災対策などを語る時には別々のものとして考えるべきでしょう。

投稿日時 - 2013-03-11 22:47:31

明治三陸地震(死者・行方不明者21,959人)、昭和三陸地震(死者1522人、行方不明者1542人)と来て、平成三陸地震という名前にしてしまうと、100年以内の範囲で大地震が来てしまう現実を認めてしまうことになり、原発推進派にとって都合が悪いのでしょう。東日本大震災という名前にして、1000年に一度の災害にする必要があるのです。

投稿日時 - 2013-03-11 15:25:47

ANo.5

地震についての命名は,気象庁が行うことが取り決められています。
これは,同一の地震についていろいろな呼称が行われると,後年の調査研究に際して,地震の同定が困難になる為で,政府・学会・報道機関も加わった協議の結果申し合わされたことです。協議が何時行われたかは記憶にありませんが,戦後間もない昭和20年代のことと思います。それ以前の地震名についても,日本地震学会で統一的に用いられています。
大雨についても,気象現象としての立場から「○年○月○日,○○地方の大雨」のように,気象庁が命名します。
一方,災害名については,それらの現象に伴って発生した,災害救助法適用に当たるような大災害に対して,政府の災害対策当局が「災害名」を決めます。
「阪神大震災」は報道機関が,震災発生直後に勝手に付けて報道したものです。気象庁の命名は「兵庫県南部地震」,災害名は「阪神淡路大震災」です。
3.11の地震名は「平成23年東北地方太平洋沖地震」,災害名は「東日本大震災」です。
「チリ沖地震」についてはM9.5と世界的に注目された地震であったため,学術名称として用いられています。また,日本でも大きな津波被害を受けたことから,「チリ沖地震津波」の災害名が用いられています。
用語と呼称の統一は,学術面だけで無く,話題として語られる場合にも,同一事象に複数の名前が有ったり,同一名称が複数の事象に用いられると,議論が噛み合わないで混乱するのを避けるために,必要不可欠です。

投稿日時 - 2013-03-11 11:17:07

ANo.4

>福島の原発は地震で壊れた

 これも全く間違いではない。地震後、原発の発電機を止めた場合、先ずは原発には送電線による電力供給が行われることになっていたが、地震で送電鉄塔が倒壊。
 万一電力供給が出来ない場合、ディーゼル発電機による自家発電で電力供給。今回はこれが津波でアウトになった。
 ただし原発自体全く無傷ではなかったと思う。原子炉は大丈夫だったかも知れないが、冷却水の配管等から高濃度の冷却水漏れはあったのではないかと考えられる。

>チリ津波をチリ大震災とは言わないですよね。
 当たり前。チリの地震そのもので日本に被害があった訳ではないから。
 東日本大震災以前に比較的津波の被害者が多かった、「日本海中部地震」や「北海道南西沖地震」も「地震」となっています。

投稿日時 - 2013-03-11 09:29:23

ANo.3

気象庁で呼称を決めたからでは、普通。

投稿日時 - 2013-03-11 07:56:30

ANo.2

それは地震を基礎として起こった災害全てを指すからです。

そういう観点から見れば原発が地震で壊れた、という表現も当たらずとも遠からず、といった感じになります。

チリ津波は日本での状況の言葉でしょうか。実際、津波しか日本では起こってないので、津波なんだと思いますよ。
チリ国内だと間違いなく震災でしょう。ただ、ニュースなどでは後の被害などが不明な時点での報道なのでチリ(大)地震と表現されていますね。

投稿日時 - 2013-03-11 07:30:24

あなたにオススメの質問