こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

アップル社と携帯3会社のスマートフォンの…

メリットとデメリットは?

iPhoneと他会社のスマホの決定的な違いとは何でしょうか?
現段階で、私が分かっているのはアップルショップが私の住んでいる県に一件しかない事です。

良かったら初心者の私に簡単に分かり易く説明お願いします。

投稿日時 - 2013-03-05 08:35:39

QNo.7977142

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

最近は、普通の携帯電話(フィーチャーフォン)で良いという人も増えていますから、悩むなら焦らずゆっくり吟味されれば良いと思いますが・・・。

基本的に、iPhoneはソフトバンクやAuのショップでも買えますし、これらのオンラインストアでも買えますので、Apple Storeが県にないと困るというものでもありません。まあ、保守やサポートを必要とするときには、そこの方が各キャリアのショップでは対応できないことも、速やかに対応してくれますので、便利でしょうけど。
よって、Apple Storeの数はあまり気にする必要はないでしょう。

本題です。

現在販売中のスマートフォンは、主にiPhoneとAndroidになります。それに加えてAuにはWindows Phone7.5(7.8無償アップグレード対応)を搭載したIS12Tがありますが、これは選択肢として妥当とは言い難いので、対象外とします。

iPhoneの特徴は、シンプルで斬新なデザインとiPod、iPadとほぼ同じ統一的な操作性があること。そして、Appleが販売管理しているブランドであることが特徴です。アプリケーションの数(種類)が最も豊富なスマートフォンであり、誰でも使いやすく、比較的安全に各種サービスを楽しめるのが特徴です。動作も軽快で、OS(iOS)とハードウェアを全てAppleが開発しているため、安定性も良い傾向があります。

その反面、同じ製品内での競争がないため、比較的製品の機能発展が遅く、最近は画面が小さい、NFCがない、防水性がないなどの点で見劣りするという見方をする人もいます。

いわゆる最初にスマートフォンとしてタッチでスレート(石版スタイル)な形を作り出した、ディフェクトスタンダードのスマートフォンですが、このところは少し押され気味です。それでも、とにかくシンプルに快適に使いたいという人には、良いスマートフォンでしょう。目新しさで買うというより、スタイルや操作性などで買う人や、とにかく選ぶのが面倒という人などには良いかもしれません。ステータスという部分は、昔ほど見られませんが、Appleらしい売り方であり、製品の質(決まった形を追及している)といえます。


Android系は、Googleが開発したOSであるAndroid(アンドロイド)を搭載したスマートフォンのこと。
Googleはご存知と思いますが、インターネット検索世界最大手の企業です。Androidの特徴は、ライセンスがGPLであること。即ち、基本的にはフリー(GPLに基づくルールがありますけど)なのです。
そのため、日本企業や韓国、台湾、中国、欧米などの様々な企業が、スマートフォンやタブレット機器、さらにはソニーのウォークマンのようなスマートフォン以外の商品にもこのOSを採用しています。

現在、OS搭載のスマートフォンとして販売シェアが高いのは、こちらのAndroidです。
多くのメーカーがハードやソフトの開発に参加しているため、とにかく新製品の投入ペースが速い。新しい機能や日本専用のたとえばワンセグ、おさいふケータイ、防塵防水などの機能が充実している。画面の大きさにバラエティがあるなど、選べるという特徴があります。

その反面、機種ごとの性能や性質にばらつきがあり、少し古い機種になるとフリーズしやすい。
安定性に欠けるといった場合や、最新の機種でもアプリケーションが時々ダウンするなどといったこともあります。また、自由度が高いが故に、アプリケーションのインストールルールが緩やかであるため、ソフトのインストール時に、内容を確認しないと個人情報を利用する(サーバーに転送します)とった記述のあるソフトも結構あります。(まあ、Google Playやキャリアの運営サイトからダウンロードし、尚且つインストール時確認を必ず読み、判断ができないならインストールを避けるようにすれば、大丈夫です)

まあ、自由度が高いので、新しいものが好きであるとか、とにかく高性能が良いとか?パソコン的にソフトウェアやハードを選んで使いたいといった場合には良いでしょう。まあ、互換性はありませんし、操作性も違いますが、ビジネススタイルとして見ると、昔のWindowsが発展する過程のような多様性があります。


ちなみに、キャリアの方向性としては、ドコモはハードとしてはAndroid重視です。最大手で、最近は少し転出傾向が続いていますので、最近はAndroidでの国内メーカーラインナップを強化する傾向があります。選べるAndroid機種が豊富なのは、ドコモの強みです。
また、同社はスマートフォン・タブレットや携帯向けの自社コンテンツを幅広く手掛けているのも特徴の一つです。

Au By KDDIは、全方位的なハード展開で、Windows、iPhone、Androidを提供する唯一のキャリアです。キャリアとしては定額コンテンツサービスに力を入れており、主にAndroidとPCを中心に、iPhoneにコンテンツを提供しています。Auサービスに限らず、KDDI本体の固定電話、CATV(JCN、JCOMおよび提携各社)などとの料金割引サービスなどが充実しています。
iPhoneもAndroidも比較的、評判の良い機種を効率的にライナップするのが強み。


SOFTBANKは、主にiPhoneが中心でAndroidも増加を目指して努力中のキャリアです。基本的には、iPhoneユーザーが多いため、コンテンツもそれと競合しないものが中心といえます。また、YahooやGyaOなどのコンテンツも使えるのが強みと言えるでしょう。
iPhone中心なら、選択肢として第一候補になることが多いでしょう。

投稿日時 - 2013-03-05 09:48:46

お礼

ありがとうございます!ゆっくり読んで参考にさせて頂きたいと思います。

投稿日時 - 2013-03-05 11:18:31

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

 iPhoneはappleがハードもソフトも厳しく管理することで一定の品質を保つ戦略。appleの方針に合わなければ多くの人が便利に使っているアプリが突然公開停止になる恐れもある。ハードもappleのみが製造。

 それ以外で現在主流のAndroidはGoogleがソフトの基本を作成して、ある程度は自由にさせることで活性化しようという戦略。数も増えるが出来の悪い物も混じる。ハードも各社製造。

「よくわからないならiPhoneにしとけ」というのは上記の通り危ない物が少ないから。トラブルの時でも原因の特定がしやすい。

投稿日時 - 2013-03-05 09:43:00

お礼

ありがとうございます!参考にさせて頂きたいと思います。

投稿日時 - 2013-03-05 11:20:10

ANo.2

>iPhoneと他会社のスマホの決定的な違いとは何でしょうか?

OSが違う事です。
基幹ソフトが違うと言う決定的な違い。

投稿日時 - 2013-03-05 09:25:21

ANo.1

まず最初にiPhone(アップル)も 携帯電話機のメーカーで 携帯の接続の会社ではないですよ。
iPhone コンピュータ会社が 音楽 写真 動画 インターネット等を考え直感で操作出来る様に考えた電話機で
他社は それに追いつけ追い越せで今の状態にあります。
iPhoneを含め今までのスマートホーンは バッテリーが一日程度 今年の春モデルでは二日もつ機種も出てきてます。
iPhoneでは お財布携帯の様な日本独自の使い方は出来ません。
音楽写真ならiPhone
アウトドアや仕事が屋外なら 防水のスマートホーン
電話とメールだけなら 今までの携帯

全てのスマートホーンは 電話 メール 動画 インターネット出来ます 
一番多様する事を考ましょう 自分のスタイルに合わせて。

投稿日時 - 2013-03-05 09:23:51

お礼

分かり易い説明ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-03-05 11:20:58

あなたにオススメの質問