こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

派遣と請負とアウトソーシング(長文です)

こんにちは。
現在就職活動中の身です。

まだ、就職歴がなく現在の雇用の形態について少し調べたのですが少し解らない事がありますので質問させて下さい。

正社員としての就職が厳しい中、現在、派遣と請負などの形の雇用が流行っているようで。
その違いを過去レスで調べると、請負は雇用者の知らない所で請負先と請負元の間で話が進められ、雇用者にとっても不利になるような事があると知りました。
また、アウトソーシングという形態も調べたのですが、これは請負という物と同じだと解釈したのですが間違っていますでしょうか?

ここで聞きたい事は、ある人材募集雑誌にアウトソーシング系の募集が正社員であったのですが、アウトソーシングの正社員がどのような待遇かという事です。

今までは、派遣、アウトソーシング(請負)はボーナスなどはなく、必要なくなったらすぐ首を切られて長期契約もありえないと思っていたのですが、正社員という形だとそういったものがあのでしょうか?

2chなどで、その会社の悪評(その会社に限らず他のアウトソーシングも)などを読むと、不安になり、また、その情報を鵜呑みにしてもいいのかかなり悩みます。
後日、その会社の説明会にいっていろいろ質問するつもりですが、まず予備知識としてアドバイスもらえたらと思っております。

ちなみに、その会社はエンジニアリング系の会社です。

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2004-03-05 15:20:13

QNo.797663

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

派遣・アウトソーシング等にも正社員は存在します。主にアルバイト又は契約社員については確かに能力によってクビを切り易いといえばそうですが、別に正社員でも同じことです。要は会社方針によるところが大きいのですが。

主に派遣で正社員を必要としているところは、将来リーダーシップの取れるSE又はSEの知識をもった営業・マネージャーを求めているところが多いと思います。PGで優秀であることがSEでも優秀であることにならず、むしろ逆である為、PGは契約社員で扱うのがマトモです。
但し例外もあります。保守システムなどでは、派遣・アウトソージングでも軽く2・3年の契約があります。その為の社員を募集していることは十分に考えられます。

取引先から調べて推測できますが、とりあえず正社員として扱ってもらえるのなら良くも悪くも勉強になると思いますよ。以上経験談でした。

投稿日時 - 2004-03-05 15:57:02

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

そうですね、まず簡単に書いてしまったことを反省します。iwan_ami氏の書くことは的を得ていました。

とりあえず、エンジニアとしての私の視点から書いておきます。待遇というより仕事自体のことですね。
書かれているように請負は経営基盤が弱いため、仲介を通してメーカー側と取引をしているところが大半だと思います。この場合、やりようによっては解決しますが、レビューが遅くなり自ずと無駄に残業が増えるケースが大半といえるでしょう。
派遣に関しても、請負に派遣に出しているケースは注意が必要だといえます。
メーカ側に直接取引をしていることが理想といえるでしょう。

以下は、私個人としての意見を述べておきます。
現在、エンジニアとしては転職など身の振りかたは他の業務と比べて自由です。一生エンジニアとして食っていくつもりなら一時的な賞与はあまり問題ではありません。確かに賞与は自分を評価してくれる一つの目安ですが、それ以上のものではありません。
むしろ経験、スキルというものが重要です。例えばプログラマーとしての寿命は35歳までです。ほぼ人間の肉体的なピークですから当然といえます。よって35までプログラマーとしての経験しか積めなかったら後悔する事になります。飽くまで一例でしかありません。希望する業種が違うう場合、間違っているのかも知れません。個人の一意見なのでご理解を。

投稿日時 - 2004-03-06 09:52:10

ANo.3

「正社員という事で請負会社からボーナスはもらえるのでしょうか?」

この件については、
各請負会社の正社員の制度により異なります。
Aという請負会社には賞与があっても、
B社には賞与の制度がないかもしれません。
これは、請負会社に限ったことではなくどの会社にも言えることです。

例えば、求人広告をご覧になっているのでしたら、
待遇欄をみましょう。賞与2となっているなら、賞与年二回。
決算賞与となっていれば請負会社の決算時の業績によって
支払わないこともあるということです。

ただし、エンジニアの場合、
一般的には年俸制を採るところが多いので、
年俸を12ヶ月で分割して支給したり、
16ヶ月で分割して2ヶ月分を6月と12月に
それぞれ支給したりするケースがあります。

どちらにしても、仕事を選ぶときは慎重に、
どんな会社にも、働き方にも一長一短があるということです。

よい就職を!

投稿日時 - 2004-03-06 01:03:33

お礼

ありがとうございました。

そうですね、
慎重によく考えたいと思っています。

投稿日時 - 2004-03-06 16:50:26

ANo.2

アウトソーシングと請負は同じです。

エンジニア系の職種は請負会社が増えています。
メーカー側としては、プロジェクトごとに請負会社に
発注してコスト削減を狙うのです。

請負会社の正社員は、請負会社の常駐エンジニアとして
いろいろなメーカーに
プロジェクトごとに関わるということです。
ですから、いろいろなメーカーに関わって
エンジニアとして人脈を広げたり、
各メーカーの良し悪しを知るチャンスです。
しかし、請負会社自体の経営基盤が弱い場合が多いので、会社がどれほど仕事を取ってきているか
調べましょう。

派遣会社は、派遣期間が終わるとそれでおしまい。
というデメリットがありますが、最近は
紹介予定派遣というのがあり、一定期間派遣社員として
勤めた後、評価がよければ派遣先で雇用してもらえる
というものです。エンジニア系に強い派遣会社
に問い合わせてみましょう。といっても、時給制の派遣は、残業代もしっかり出るのが派遣の魅力です。

投稿日時 - 2004-03-05 16:02:02

補足

回答の方ありがとうございました。

>ですから、いろいろなメーカーに関わってエンジニアとして人脈を広げたり、各メーカーの良し悪しを知るチャンスです。

確かに請負会社の評判はよくなかったですが、iwanさんのこの言葉を聞くと、かなり魅力を感じました。

あと、もう一つ質問したいのですが正社員という事で請負会社からボーナスはもらえるのでしょうか?

投稿日時 - 2004-03-05 20:42:39

あなたにオススメの質問