こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

間に合わない住宅ローン

3月末入居開始の新築マンションを昨年契約。
会社で住宅財形をしていたので、それを頭金にし、
ローンも住宅財形取扱いの銀行で会社を通して契約しました。

住宅財形の解約とローンの開始(?)を申し込むのが遅れてしまい、
支払いが、4月の上旬になってしまい、
販売会社指定の支払い期日3月末に間に合わなくなってしまいました。

我が家の引っ越し日が、4月13日ということもあって、
4月上旬におりる財形とローンで間に合うのかと思っておりました。

が、販売会社の担当から、3月末までに入金を済ませてもらいたいと言われました。

そこで提案されたのが、ローンを組む銀行を一次審査を通過していた提携銀行にする。
あるいは、4月にローンがおりるまでのつなぎ融資を他で受ける。
どちらかにしてくださいといわれました。

ローンの事もそうなのですが、つなぎ融資というのもよく判っていない私たち夫婦は、
だったら、現金でいったん支払ってしまおうかと思いつきました。
(マンションはそう高額なものではありません)

私や子供の貯金を解約したり、兄から借りたりしてお金を工面すると、
なんとかマンションのお金をだせるお金が集まりそうです。


因みに、マンション、ローンは夫名義。夫のお金だけで購入します。
家具・家電は私の貯金で賄います。(それらを買うお金を今払い出そうとしています)

そこで、一つ疑問に思ったのが、
一端、家族からであっても現金を用意して支払ったという事により、
住宅財形が住宅購入のために解約した事にならないと言われないか、
住宅ローンも受けられるのか?と疑問を持ちました。

詳しい方がいらっしゃいましたら、お知恵をお貸しいただけませんか。
よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2013-02-28 18:28:49

QNo.7969288

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

No.1の再回答です。

>兄には借用書を交わしておけば、いわゆるつなぎ融資の一つとしてとらえられ、
住宅ローンがおりたら借り換えと認められますか?

住宅購入時に親族から借り入れする方も珍しくありません。この金額が僅かであればお祝いなどという名目にすることは可能ですが、多額の場合には贈与とみなされ贈与税の対象とされることもあります。これの回避策として借用書を作成する方法があります。借用書を作成する際には一般的借り入れ金利を設けることで、1%で構いません。兄には一時でも金を借りることになり、ちょっとしたお礼はしなければなりませんのでそれに値する程度だと思います。

「つなぎ融資」についての参考資料はご覧いただけましたでしょうか?
過去には公的金融機関の金利が民間のそれに比べ遥かに安い時代がありましたが、現在では民間金融機関の金利も変わりません。
民間では不動産業者との不動産の売買契約書があればローンで借り入れることができますが、公的金融機関では売買契約のみではローンは受付られず、その物件が買い手の所有物になってからでないと審査は通りません。そこで利用されたのが「つなぎ融資」です。借入期間が短いことからこれを利用しても公的金融機関で借り入れるほうが総返済額は安くなったということです。

つなぎ融資に担保は必要でないことから、担保なしでローン借入までの金を工面するのはどこからでも構わないということになります。金融機関を利用するのが贈与税などの懸念はなくて済むといったメリットはあります。
しかしローンが下りるまでの期間、一時的に金を用意し、ローンは間違いなく組まれることから、何の問題があるのかとさえ思います。

留意点は、ローンは住宅購入の為だと証明できるようにしておくことでしょうか。万が一の為であって、通常はここまでの追求はないんですけどね。
自己資金が豊富で不動産を一括購入できる場合でも、貯金を崩さずローンを申請しても構わないんですよ。金があるからローンを組んではいけないなどという法律も規定も約款もどこにもありません。ですからこれに関しましての参考資料はないのですが、貯蓄があればローンを組むと損失を被りますので、わざわざ規制せずともこんなことは行われないと見るのが一般的です。

>つなぎ融資だと、手数料、金利が余計にかかり負担が増えるのかと危惧していました。

参考資料もご覧くださいね。
私は変なURLを貼ったりしませんからご安心を。

以上、ご参考までに。

投稿日時 - 2013-03-02 04:46:39

お礼

ご丁寧に2度も回答をつけてくださり、感謝します。
不安ばかりでしたので、とても参考になりました。

投稿日時 - 2013-03-03 21:47:22

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

つなぎ融資であれば問題ありませんが、一度家族の貯蓄から払ってしまえば住宅借入金等特別控除を受けることは出来ませんので注意してください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1213.htm

投稿日時 - 2013-03-01 08:17:02

お礼

家族の貯蓄を使えば控除は受けられないんですね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-03-03 21:44:28

住宅ローンはともかく、財形の解約にそんなに時間がかかります?
「支払日が早まったのですが、なんとかなりませんか?」と一度、銀行に相談なさってみてはいかがでしょうか?
販売側としては「つなぎ融資」だとか「提携銀行でローンを」とか簡単に言いますが、マンションは高い買い物ですから、わずかな金利の差でも、支払額はだいぶ変わってきてしまうかと思います。
会社を通しての契約とのことですので、社内に詳しい人がいるのであればそちら経由でもいいかとは思いますが、ちょっと内容が複雑なので、直接、銀行に問い合わせしてみたほうがいいのではないでしょうか?

今回、「現金でいったん支払ってしまおうか」とのことですが、マンション代金全額を現金払いするわけではないですよね?
「家具・家電は私の貯金で賄います。(それらを買うお金を今払い出そうとしています)」とありますが、住宅購入費用ではなく、家具家電を購入する費用を現金で支払う、ということでしょうか?
住宅財形のほうはともかく、住宅ローンには家具家電の購入費用は元々含まれないような気がするのですが・・・そのあたりも含めて、確認なさったほうがいいのではないかと思います。

投稿日時 - 2013-02-28 23:59:15

補足

そうなんです。つなぎ融資をすると、
余計な金利など払うのが負担かと思っています。
主人は会社の住宅財形の担当者にかけあったようですが、
無理ですと言われたようです。
私も、実際融資を行う銀行にかけあってみては!?
と言ってるんですが…
今、現金で支払ってしまおうといっているのは、
マンション代金全額のことです。
私の独身時の貯蓄があり、それを夫の普通預金と
子供の教育費用の貯蓄を合算し、
あと少しを兄に借りることが出来たら、
なんとかギリギリ賄えます。
ただ、一時的に賄えるだけで、
子供はこの春、進学が決まっていますし、
家具家電も買わないといけないので、
マンションのために使うわけにはいかないので、
あくまでも、財形解約金とローンで支払います。

投稿日時 - 2013-03-01 21:50:50

ANo.1

「つなぎ融資」
http://sell.yeay.jp/article/%E3%81%A4%E3%81%AA%E3%81%8E%E8%9E%8D%E8%B3%87/

>一端、家族からであっても現金を用意して支払ったという事により、
住宅財形が住宅購入のために解約した事にならないと言われないか、
住宅ローンも受けられるのか?と疑問を持ちました。

ご心配であれば兄と借用書を交わしておけば宜しいでしょう。
但し書きに不動産物件(その住所)の為とでも書いて下さい。
便箋で構いません。

つなぎ融資は最近では少なくなりましたが過去にはよくあったことです。
各金融機関の貸出金利が下がっていることが原因でしょう。

全く問題ありませんよ。

以上、ご参考までに。

投稿日時 - 2013-02-28 20:47:28

補足

回答ありがとうございます。
兄には借用書を交わしておけば、いわゆるつなぎ融資の一つとしてとらえられ、
住宅ローンがおりたら借り換えと認められますか?
それなら、いいんですが。
つなぎ融資だと、手数料、金利が余計にかかり負担が増えるのかと危惧していました。
問題ないというのはどういう点についてでしょうか。

投稿日時 - 2013-03-01 21:38:46

あなたにオススメの質問