こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

神社での結婚式に振袖でいいですか?

娘(26才)が結婚します。
神社で、親族だけの立会いで式をします。
披露宴はしません。

私の実家は、着物は昔からのいいものが沢山あり、
結局、その中から、振袖を着ることにしました。
帯は母が花嫁衣装に着た丸帯です。
芯は抜いていくらか軽くしてます。

花嫁が振袖でいいのでしょうか?

投稿日時 - 2013-02-21 00:42:07

QNo.7956224

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

こんばんは

ご結婚おめでとうございます。

立派なお着物をおもちなんですね。うらやましいです。
神社での結婚式でしたら、問題ないのではないでしょうか?

以前、どこかでワンピで式を挙げている人がいました。

余談ですが、気になるようでしたら神社の神主さんにご相談されるのは
いかがですか?

以前の、同じような回答にも賛同が多いようです。

ご参考までに!

http://okwave.jp/qa/q3159378.html

投稿日時 - 2013-02-21 01:41:46

お礼

回答ありがとうございます。

以前の質問回答も付けていただき、大変参考になりました。

娘は最初、白地に黄色のぼかしで蝶の柄の入った付下げを着たいと言っていましたが、
まだ20代だし少し地味では?と思い、それはこの先まだ着る機会もあるだろうから、
いっそ振袖にしたら?と私が言って、そうしようということになりました。
そう決めたものの少し不安になり。。

着物好きで目の高かった実家の父が亡くなり、意見が聞けなくなったのが残念で、
でも、実家の箪笥に眠っている着物を私たちが着ることを何より望んでいたので、
娘が結婚式に振袖を着ることを喜んでくれてると思います。
振袖は私が高校の頃父が一目惚れして買ったブルー地の紅型でわりにモダンなもの、
帯は昔の豪華な赤と金の柄の入った丸帯です。

本当に着物だけはいいものが沢山あり、父が着物を愛してやまない人だったので、
父の供養のためにも、私たちが引き継いで行こうと思います。

披露宴もしないし、娘も私も、結婚式にもこだわるつもりもありませんでしたが、
神社の神主さんに失礼に当たらないよう、そこだけは気をつけないといけませんね。
本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2013-02-21 22:40:08

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

かまわないと思う。
神社の考えで白無垢じゃないとだめだと言われたらそれまでだけど。

明治・大正期の大きな商家の婚礼写真や衣装をみると、黒引き振袖とか、黒赤白の裾模様の3枚襲ねとかでしょう。
上村松園の花嫁は黒の裾模様の振袖ですし、蕗谷虹児の描く花嫁は色打掛っぽい振袖を着ていることが多い。
「あねさんごっこの花嫁人形は赤い鹿の子の振袖きてる」し。

白無垢が花嫁衣装に決まったのは、室町時代だそうだけど、それはあくまでも特権階級の話。
白無垢が一般的に着られるようになったのは戦後。
戦後の復興で庶民の財布が豊かになるにつれて、「セレブっぽい衣装で結婚式なんて素敵☆」という憧れと、四民平等の遠慮無用な空気が結婚式=白無垢を許したの。
背景にはウェディング衣装専門のレンタル業者の出現がありますし、メディアや呉服業界、ウエディング産業の戦略もあるし。

さらに言えば、神社で婚礼をあげるようになったのは明治になってから。
主導は政府。
欧化政策の一環で、西洋人は教会で結婚式(宗教婚)をする→文明国として、我が国もしなければ!ということで、政府と神社が民間の婚礼習慣を参考にしながら、式次第などをつくっていったらしいよ。
日本古来の婚礼はいわば、人前式。
宗教色は自宅を出る時に仏壇を拝み、新郎宅の仏壇を拝むことくらい。
ドラマでも将軍様も町人も、神前式はしてないでしょ?
あとは土地の習慣に従って、習慣や儀式をするのが日本の婚礼。

トピ主さんご一家が振袖でOKだと思えば、白無垢にこだわる必要はないと思う。

投稿日時 - 2013-02-22 11:04:15

お礼

回答ありがとうございます。

そうですね、こだわる必要なないですね。

そもそも、決まりごとなんて人間が作ったものですから、時代とともに変化するものですね。
国が変われば、それこそ全然違うものですしね。

まず、娘自身がお祖父ちゃん子で、着物に興味を持ち、それを喜んだ父が、
着物と帯を写真にとり説明を書いて何冊かのノートにして残しています。

レンタルは考えてませんので、やはり振袖で式に望みたいと思います。

投稿日時 - 2013-02-22 14:41:26

ANo.5

大阪在住のものです。

花嫁衣装は白無垢と仰る方が多いんですね。
実際、室町から江戸時代にかけての武家には白無垢が主流だったそうですが、黒の本振袖の裾引きとか、白赤黒の三枚重ねというのも明治から昭和初期にかけて主流だったそうですから、振袖が花嫁衣装にふさわしくないとは言えないと思います。
室町から江戸にかけてで言いだせば、喪服も白ですから、節目の衣装と言うだけで今ほど「花嫁しかありえない」ものでもないですしね。

他に「花嫁衣装にふさわしいか」と言うなら、振袖そのものの格でしょうね。品質と格は、まったくの別物ですから。
ものすごく良いものであっても「晴れ着」目的の振袖は、柄付けがカジュアルで、式典にふさわしい重厚さは感じられません。
なるほど、花嫁衣装だなと感じたのは、江戸褄に五つ紋の本振袖です。逆に、お正月や友人の結婚式では、重厚過ぎて不似合いだろうと感じるほどでした。

とは言っても、質問者さまの場合は、ご親族だけということですから、お嬢さんが納得なさっていて、ご親族にも異議がないのであれば、「良い」「悪い」をお気になさる必要自体ないと思います。
列席者の方に、花嫁さんよりも華やかな衣装の方がいないようにだけ、お気をつけください。
お嬢さんが、お幸せになりますように。

投稿日時 - 2013-02-22 00:30:17

お礼

回答ありがとうございます。

そうですね、品質と格は違うものですね。
どんなに素晴らしい芸術品でも普段着、という贅沢品もありますね。
実家の箪笥に眠っている、漆と絞りの着物なんてまさにそうです。
やっと価値がわかるようになり、父の意思をついでいきたいと思うようになりました。

今回娘が着る振袖はそこまで格があるものではないですが、娘に似合う色柄なので、
失礼に当たるものでなければ、こだわる必要もないかと思います。

>お嬢さんが、お幸せになりますように

ありがとうございます。それだけを祈っています。

投稿日時 - 2013-02-22 14:33:08

ANo.4

私は神前式を白無垢でやりました。

高価な着物を沢山お持ちのようで、利用すれば衣装代も浮きますが‥
神前挙式ならば、やはり白無垢着てほしいです。

ご存知でしょうが、和装の中で白無垢は最上級の装いになります。しかも花嫁の人しか着れません。一生に一度です!
それにお婿さんは紋付き袴ならば‥白無垢にすべきですよ。

質問者様は白無垢着た経験があるか分かりませんが、私は挙式当日‥全ての着付けを終えた時に、あまりの白無垢(+カツラ)の重みに‥別の意味で感動し、自分の姿を見て‥お嫁にいくんだなぁと実感しましたよ。ここまで育ててくれた親の重みと、これからの人生の重みも感じました。

余談ですが‥私の挙式数時間前に色打ち掛けで挙式された組があったみたいで、たまたまその姿を見ていた参拝者の方々から「流石に白無垢は映えますね~」等と言われた両家母達は鼻高々だったみたいです(笑)それだけ惹きつけられるものがあると思いますよ。

ご実家にある着物は、挙式後の食事会に着れば良いのではないでしょうか?
挙式に新婦が振り袖はおかしいと思いますよ。

投稿日時 - 2013-02-21 10:16:46

お礼

回答ありがとうございます。

本来は花嫁は白無垢なんでしょうね。
でも今の時代、>挙式に振袖はおかしい、とまでは言えないようですね。
神社の神主さんに失礼になってはいけませんので、そこはご相談したいと思います。

私の時はそれこそ、白無垢、色打ち掛け、振袖、ウエディングドレスと4回も着替える
型通りのホテルでの披露宴をしました(-.-;)
娘たちはそういう披露宴などは一切しない、家族だけに立ち会ってもらって式をあげ、
簡単な食事会をして、友達やお世話になった人などハガキにてご報告させていただき、、
後日、会費制のパーティーをすると言っています。

私はその考えには大賛成しております。

投稿日時 - 2013-02-21 23:01:40

ANo.3

ご結婚おめでとうございます。白無垢をお勧めしたいです。清楚な感じでいかがでしょうか。

投稿日時 - 2013-02-21 04:34:30

お礼

回答ありがとうございます。

本来は白無垢なんでしょうね。
でも今回は、実家の振袖と帯でさせようと思います。

投稿日時 - 2013-02-21 22:44:19

ANo.1

いいわけがない

投稿日時 - 2013-02-21 01:08:30

お礼

あ、そうなんですか?
何ならいいんでしょう?白無垢?十二単衣?

投稿日時 - 2013-02-21 01:22:53

あなたにオススメの質問