こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

Excelのアプリケーションとしての奇妙な問題

Excel2003を使ってるんですが、アプリケーションとしての問題で困ってます。ちょっと分かりにくい書き方しか出来ないのですが、必要なら補足を入れます。

例えばデスクトップに、(1)Excelアプリケーションそのものへのショートカットと、(2)「ブック1.xls」というExcelファイル があるとします。(2)をダブルクリックして開くと、次のような現象が生じることがあります。
○シートを削除するとか、シート内容が変更されてる状態で「ctrl+W」でウインドウを閉じる などの操作をしたときに、確認メッセージが出されてくれない。確認なしにそのままシートが削除されたり、保存されずウインドウが閉じられたりする。
○(2)のファイルにマクロが組み込んであって、その中で「Application.ScreenUpdating=false」文を入れて描画省略させるようにしていても、描画が実行されてしまう。

(1)をダブルクリックして開いておいて、そこに(2)のファイルをドラッグして開くとか「ctrl+O」から開くとかすれば、通常のExcelファイルと同様、こんな現象は生じません。なんか、(1)をダブルクリックして開いたときと(2)をダブルクリックして開いたときとでは、Excelのアプリケーションの性質が異なるものになってしまっているようです。(2)をダブルクリックしたときは、個人用ブック「personal.xls」も開かれていないようです。

私はExcelファイルは、(2)をダブルクリックする方法でいつも開きたいし、そのときに上記の現象が生じないようにしたいです。
原因として考えられるのは、パッケージソフトとかを使ったときに妙な情報がExcelに書き込まれたのだと思います。たとえば
○Excel2003のツールバーをカスタマイズしまくるマクロを組み込んだExcelファイルを、業務でたまに使うのですが、同ファイルを使ったあとは上記の現象が生じることがあります。
○ExcelやAccessみたいな表が画面に表示されるツールがあり、そのツールにはExcel出力機能があります。ファイル名を指定してExcelファイルを保存するんじゃなくて、その場で名無しのExcelファイルを新規出力する機能です。しかしそのツール、たとえば「ブック1.xls」を既に開いてる状態でExcel出力機能を実行すると、「ブック1.xls」とは別アプリケーションとして名無しのExcelブックが表示されます。その別アプリケーションExcelファイルと同ウインドウ内で他のExcelファイルを開くと、どうもそのExcelファイルについて上記の現象が生じるっぽいです。

分かりにくくて難しい問題だと思いますが、どうかよろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2013-01-30 20:13:24

QNo.7919517

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは。

完全な解決には、こちら側では不可能だと思っていただいたほうがよいです。
おそらく、原因は、関連付けに何かの問題があるような気がします。

ざっと読んだ感じでは、
>(2)「ブック1.xls」というExcelファイル

の起動で、どうも、オートメーションで開いているような感じがします。理由、Personal.xlsが起動していないからです。そうすると、本当に、ブック1.xlsのファイルだけなのか、少し疑わしい気もします。

私から言えるのは、起動するための正しいショートカットを作るべきだと思うのです。
自動起動(AutoExec)のマクロの原因もあるかもしれませんが、
例えば、

"C:\Program Files\Microsoft Office\Office14\EXCEL.EXE ブック1.xls"

というようにして、フルパスで、ファイル名を指定した、ショートカットにしてあげれば、問題なく起動するかと思います。

投稿日時 - 2013-02-03 22:22:02

お礼

う~ん。やっぱり、完全解決は難しそうですね。ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-02-04 00:40:19

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問