こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

iphoneのwi-fi接続について

こんにちは。
今回、iphoneのwi-fi接続について質問があり投稿させていただきます。

最近、家のインターネットをADSLからフレッツ光のマンションタイプへ変更したことをきっかけに、無線LANを導入したくNEC Aterm WR8175Nを購入しました。
ネットの速度の上限や電波の飛びの良さを調べて購入したのですが、自室でのiphoneのwi-fiのつながりが悪く困っています。(というよりもほぼ繋がりません。)WR8175Nの側でiphoneをwi-fi接続すると速度も速く安定しています。

私の住んでいるマンションは鉄筋コンクリートマンションで、WR8175Nから自室までは畳間の6畳部屋とベランダを挟んでいます。鉄筋コンクリートの家では無線LANの感度が悪いと聞いたことがあるのでそのためかとも思ったのですが、パソコンで接続したところ問題なく繋がりますし、電波の受信感度も60%くらいです。

iphoneでもwi-fi接続自体はできていて、電波の強度を示すマークも2本を示しています。ちなみに私のiphoneのモデルは4sでosはios5.1.1です。
パソコンでもiphoneでも電波は届き接続自体はできているのに、どうしてiphoneだけ繋がりが悪いのでしょうか?これは電波の問題として諦めるしかないでしょうか?

対策として、iphone自体のリセット、ネットワーク設定のリセット、無線LAN機の電源ON/Off、チャネルの変更などをしました。
私は機械に強いほうではないので、他に改善策がありましたら回答をいただきたいです。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2013-01-30 10:55:49

QNo.7918632

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

> 電波の受信感度も60%くらいです。
これは、電波状態が悪いということです。
PCの場合は、アンテナの本数が送受信ともに2本あったりとか
そもそも、アンテナの基本性能が違います。

iPhoneの無線LANのアンテナは、昔から言われているように
悪いほうの部類に入ります。
そのレベルであれば、iPhoneでは、厳しいでしょう。


> 電波の強度を示すマークも2本を示し
ちなみに1本だと基本的にアウトです。
2本であっても、-85dB(大体2本と1本の境界)が通信限度ですので…

それに電波干渉があると、いくら2本以上アンテナが立っていても
通信妨害により通信が阻害されます。

特にお使いの2.4GHz帯は、正直言って全く空きがなく大混戦の帯域です。
10年前ならいざ知らず、そもそも2.4GHz帯は干渉なしで使えるのは3人程度が限度ですが
11nの登場によってそれが1~2が限度となり、さらに利用者数の激増により
干渉なしで使える環境は、余程の田舎で物理的に建物のないエリアでなければ
存在しません。

つまり、チャンネルの変更なんて全くの無意味です。
空きがそもそもないのですから…
それに、今時の無線ルーターは、起動時に自動的に空いているチャンネルを探すように
設計されていますので固定化して使う意味は殆どありません。(某メーカーの欠陥ルーターを除く)

特にマンションの高層階だと、あらゆる方向から干渉電波が飛んでくるので
通信に影響を及ぼすレベルの干渉する電波は、都心部だと20~30くらいは軽くあると思います。
1階や2階建ての建物で使う場合より、悪条件です。
加えて、鉄筋コンクリート造等電波を遮蔽する性質のある材質を使った建物であると
余計に制約が酷くなります。

同一室内以外で使用される場合は、現状では、別途自室にアクセスポイントを設置するしか手はありません。
つまり、WR8175Nから自室まで、有線LANケーブルを引いて、自室に無線LANアクセスポイントを設置する
ということです。
無線LANアクセスポイントとは、単に無線LANルーターのブリッジモード、アクセスポイントモード(APモード)
というので、
今時の無線LANルーターであれば、スイッチで簡単に切り替えできます。

結局のところ、もう一台無線LANルーターが必要なんです。

WDS対応の無線LANルーターであれば、速度は半分以下に落ちますけど
有線LANケーブルを使わなくても実現可能ですが
WR8175Nの様な廉価版の機器にはそんな機能はありませんから買い換える必要があります。
※BUFFALO製は、廉価版の無線LANルーターでもその機能を搭載した機器がありますが…

そもそも、NEC Atermシリーズで性能が良いのは、上位機種であって、
1万円以下の製品はそれなりです。他社と大して変わりません。
受信感度や安定性は、周囲の環境の要因が大きいので
ネットの情報なんて参考にはなっても確定情報とはなりえませんので注意が必要です。

基本は、ご自宅の環境に適した製品を買われることです。
その点から考えると、結果論からしてもWR8175Nは、単体使用では適していないという事になります。


現状での改善方法は、
1 WR8175Nの設置場所を、いろいろ変更してみて自室との電波環境がよくなるポイントを探す。
 ※運がよければ、これだけで改善します。 望み薄ですけど…

2 WR8175Nから自室まで有線LANケーブルを引き、自室に別途無線LANアクセスポイント(無線LANルーター)を設置する。

3 無線LAN中継器を自室とWR8175Nの間に設置する。
 ※多分使えるのは、もう製造中止となり入手困難な、PLANEX製 MZK-EX300Nのみ
 http://www.planex.co.jp/product/wireless/mzk-ex300n/
 後継製品は、アンテナ性能が悪すぎて使い物にならないので手を出さないほうが無難。

4 WR8175Nの利用はあきらめて、WDS対応の無線LANルーターを2台購入して使う。

投稿日時 - 2013-01-30 11:58:14

お礼

回答ありがとうございます。
恥ずかしながら受信感度が60%で悪いということだと知りませんでした。(50%ぐらいあれば良いものかと・・・)
私は鉄筋マンションに住んでいる上、どちらかというと上層階に住んでいるので、条件はほぼ最悪ですね・・・。2.4GHz帯もだいぶ干渉しているようで、実際に今も5つ程他の無線が周辺で飛んでいるのが確認できます。
上位機種を買おうかとも思いましたが、せっかく購入したのでadbargさんに考えていただいた改善策を試しながら、しばらくじっくり考えようと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-01-30 20:29:19

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

そりゃ確実に電波が弱い。
iPhoneはアンテナショボいし。
電波表示が一個でも減ったらかなり減退してると思った方がいい。
アプリでしっかりゲインをチェックするとはいいと思うけど。
まあルーター買い換えるかブリッジでもう一個ルーター買うか。
ルーターも電波が強いモンじゃないし。9500にすりゃ当然かなり強くなる。

投稿日時 - 2013-01-30 11:14:48

お礼

回答ありがとうございます。
やっぱり電波が弱いのが原因ですよね・・・。
iphoneのアンテナはあまり電波の掴みが良くないみたいですね。
せっかく買ったのでしばらくは使っていこうと思いますが、次は上位機種を買おうと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2013-01-30 20:18:43

あなたにオススメの質問