こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

Rf値に影響を与えるもの

ペーパークロマトグラフィーの実験でRf値を求めたのですが、結果がどうしても合いません。
Rf値って、たとえば温度や湿度など、そういった影響を受けるのでしょうか?

それから追加で、
BTB(ブロモチモールブルー)、
BCG(ブロモクレゾールグリーン)、
BPB(ブロモフェノールブルー)、
メチルオレンジ
のペーパークロマトグラフィーにおける平均Rf値を教えていただければ幸いです。

投稿日時 - 2013-01-24 10:47:32

QNo.7908035

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

書き忘れ
3.のスポット法で、量が多いとテーリングすることが
 あるので避ける、ただし横に細い線状につけると
 よいこともある。(以上は本体の Rf を知りたい時)
 
 混合物や不純物の Rf を知りたい時は相応量の
 スポットが必要。

蛇足: テーリングする場合は、展開液を水と有機溶媒
の混合液にするとテーリングしなくなることがある。

投稿日時 - 2013-01-24 22:23:12

お礼

遅くなりましたが、回答ありがとうございました。
おかげさまでレポートを無事提出することができました。

投稿日時 - 2013-02-08 22:16:30

ANo.2

濾紙は文献と同じ市販のクロマト用濾紙を使った
とすると、Rf値に影響する因子は
1.展開溶媒の組成     一番重要
2.試料を溶かす溶媒   1 に関係する
      できれば展開溶媒と同じにする
3.試料をスポットする量と仕方
      できるだけ少量が良い
      ガラスキャピラリーを使う
4.スポット後の乾燥の影響がある場合もある
      スポット後すみやかに展開する
5.気温    少ないと思う?

展開は密閉器内でするので湿度は関係なし。

投稿日時 - 2013-01-24 12:54:24

補足

スポット後の乾燥かもしれませんね。
少量のほうがいいとは。少し多量につけてしまったかもしれません。

展開液はリン酸緩衝液でした。
ろ紙はクロマト用かどうかは不明です。

投稿日時 - 2013-01-24 15:38:26

ANo.1

溶媒によって違うし、ペーパークロマトであればその「紙」によっても違います。
温度や湿度も要因の一つにはなるでしょうけど、さほど大きな要因にはならないでしょう。

具体的なRf値について、詳細に議論するのは無意味です。あなたがあげたようなもののRf値は知りませんし、そもそも溶媒を特定せずに語るのはナンセンスです。

投稿日時 - 2013-01-24 11:59:23

あなたにオススメの質問