こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

英文の和訳で困っています 和訳を教えてください

英文の和訳で困っています 和訳を教えていただきたいです よろしくお願いします!!

In fact, Moscow’s readiness to take part in negotiations in Western capitals was minimal, even though the events in the GDR before 17 June were seen to reflect completely the Soviet intention of pressing for a Four Power conference on the German question.


The actual losers were the weakest element in the game: the Germans behind the Iron Curtain and all those who had hoped for the restoration of Germans unity.

The planned summit of the Big Three in 1953 was reduced to a conference of the three Western foreign ministers.

He had been convinced that the West could negotiate with the Soviets based on a ‘position of strength’ in order to ward off the danger of an nuclear war.

投稿日時 - 2013-01-16 22:17:48

QNo.7895448

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

事実、6月17日より前のドイツ民主共和国(※1)での事件(※2)が、ドイツ政策に関する四カ国会談を強く要求しようとするソビエトの意図を完全に反映したものであるとしても、西側主要都市での交渉参加へのクレムリン側(※3)の積極姿勢は見られなかったのでした。

このゲーム(※4)の最弱者、つまり鉄のカーテンの向こう側で、ドイツ再統一を願っていたドイツ国民こそが、本当の意味での敗者でした。

1953年、予定された3か国トップ会談は3カ国西側外務大臣協議へと縮小されました。

彼は西側が核戦争の危険を回避する為に、「強い立場」に基づきソビエトと交渉できるだろうと確信していたのでした。

※1:旧東ドイツと訳してもかまいません。
※2:6月17日に終息した東ベルリン各地での暴動を指しますので、「事件」と訳しました。
※3:この場合のMoscowとは、具体的にクレムリンにあったソビエト政府を指します。
※4:西側連合国とソビエトとの政治的駆け引きのことです。

投稿日時 - 2013-01-17 11:37:50

お礼

とてもわかりやすかったです。

ありがとうございました!!

投稿日時 - 2013-07-31 23:20:03

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

実際、たとえ6月17日以前のGDR(ドイツ民主共和国)での出来事が完全にドイツの問題に関する4強国会議を迫るソビエトの意図を反映している様に見られたとしても、西側諸国の首都で交渉に参加しようというモスクワの熱意は最小限のものでした。

実際の敗者は、ゲームの最も弱い要素でした: すなわち、鉄のカーテンの背後にいるドイツの人々で、再びドイツが統一されることを望む全ての人々でした。

予定されていた1953年の3首脳の会談は、西側3カ国の外相会議に格下げされました。

彼は、西側諸国が、核戦争の危険性を回避するために『強い立場』に基づいてソビエトと交渉することができると、確信していました。

投稿日時 - 2013-01-16 23:48:49

お礼

とてもわかりやすかったです。

ありがとうございました!!

投稿日時 - 2013-07-31 23:20:28