こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

彼氏の転職

30歳 年収250万の正社員の彼氏が
年収350万の契約社員の仕事に転職したいと言ってるのですが正直応援できません。

私としては年収が低くても正社員の方がいいのでは?
と思います。

彼氏としては、
私と結婚して、経済的に心配かけたくないから今よりお給料の良い所に転職したい
と言っています。

皆さんが私の立場なら彼を応援しますか?
彼氏は事務職です。

投稿日時 - 2013-01-05 09:57:14

QNo.7876352

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

目先の事にとらわれないで社会保険等が完備されている方を選択するのです。

投稿日時 - 2013-01-05 14:05:47

お礼

どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2013-01-14 10:40:23

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

こんにちは。

あなたの立場なら応援しますか?という質問ですね。

もちろん応援します。

彼の価値は年収や雇用体系にまったく関係がないからです。


彼がもし仕事をやめてアルバイトをしながら夢を追いかけたいといいだしたらどうしますか?

30歳といえば世間的にみれば十分大人かもしれませんが、これからの人生のほうが長いわけですし、自分が本当にやりたいことを出来ずに死んでいく人がほとんどです。

今回の彼の言動やあなたがここで質問したことは、ふたりの今後についてを話し合うためにはいい出来事だったと思います。

僕なら応援は当然しますが、その前にその仕事が彼にとって本当にやりがいがあるのかどうかということを聞くでしょう。年収は関係ありません。


正社員なら安定するという考えは、一昔前のことだと思いますよ。

会社が自分達の幸せを保証してくれると考えるのではなく自分たちがその時その時を幸せだと感じることが大切だと思います。


ふたりで楽しい時間を過ごされることを祈ってます。

お幸せに。

投稿日時 - 2013-01-06 11:41:12

お礼

どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2013-01-14 10:40:27

ANo.3

金額的なことでしか、書いてありませんが、どこまで、理解しているかですね。

簡単に言うと、正社員は、金は少ないけれど、年収の税金、都民税、健康保険、組合があれば、組合費、

厚生年金、などが引かれて、今の給料だと、年齢から、並です。

契約社員の場合、「保障」はありません。 必要がなければ断られます。

それと、年収の税金、 年金(厚生年金ではありません)今15000円ぐらい、月ずきかける。健康保険、都民税もかけるよう

になると、安定した職業ではなくなり、不安定となります。  今より少なくなります。


給料=基本給+昇給手当て+査定手当て+役ずき手当て  で決まります。


係長で、役ずき手当て5000円ぐらい。 部長で3万円ぐらいです。

ただ、事務職は、一般に安いです。  技術のほうで「英検3級」を、もっていると、月一万ぐらいの差があります。

これは、ボーナスにも影響いたします。

基本給は、年齢級なのでその人の、カーブ、中、高、大と違います。それが55才のとき、一気に落ちます。

それは、電気労連、繊維業界、機械関係も、おなじです。  ボーナスは基本給のX何か月分です。

そのことがわかれば納得がいくとおもいます。

投稿日時 - 2013-01-06 05:39:20

お礼

どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2013-01-14 10:40:25

ANo.1

彼氏の転職の理由が本当に、結婚を前提として生活を安定させたいというのであれば
その気持ちはよくわかります。

ただ、「正社員から契約社員への転身」では言ってることとやっていることが逆なので
本当は違う理由で転職したがっているのではないかと勘ぐってしまいます。
まずは、転職の理由が本当にそれなのか確認したほうがよいのでは?
と思います。

その結果、本当に生活の安定を望んでいるというのであれば
ちょっと考えが浅いような気がしますのでアドバイスすると
まず給料というのは単純に金銭的なものだけではありません。
福利厚生も含めて給料となります。
代表的なのが住宅手当ですが
わかりやすく例をあげると
A社:基本給20万円 住宅手当10万円
B社:基本給25万円
だとすると一見するとB社のほうがたくさん貰えそうですが
支給額が多いのはA社ですよね。

このように福利厚生のようにいわゆる基本給には含まれないけど
実質は支給額に入るというものは結構あるので
単純に基本給だけ見てしまうと転職した結果、生活がきつくなるというのは
十分起こりえます。

特に正社員と契約社員ではこういった部分に歴然とした差が出ることが多いので
よくよく比較しないと、本当に手取り額が増えるのかが見えにくいです。

またいくら不景気といえど、正社員はそうそう簡単にクビを切れません。
派遣社員は違います。契約満了でサヨナラになるわけですから
無収入の期間が出来てもおかしくありません。
こういった定期的な収入という意味でもだいぶ意味合いが変わるので
そのあたりも含めてよくよく相談したほうがいいと思います。

細かい話を聞かなければ、判断しづらい部分もありますが
反対するほうが正解だと思いますよ。

投稿日時 - 2013-01-05 11:31:10

お礼

どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2013-01-14 10:40:21

あなたにオススメの質問