こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

黒い画用紙もしくはイラストボードに色鉛筆で絵を描き

先ずは簡単に花のカラーを描きたいと思い花と茎の部分を黒い画用紙なのでアクリル絵の具で白く数回重ね塗りしました。
それから色鉛筆で色を塗り始めたら既に滑ります。
重ね塗りはできません。

次はアクリル絵の具を水彩絵の具に変えてみたら、今度は描けるものの、色鉛筆の染料がカスみたいになって定着しません。
何か方法はないでしょうか?

黒い画用紙かイラストボードで花や野菜を描いてみたいのです。
宜しくお願いします。

投稿日時 - 2013-01-05 00:42:56

QNo.7875991

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

僕も絵を描きますので少しアドバイスをいたします。油絵、水彩画、アクリル画、ガッシュ、パステル、色鉛筆、クレヨンなどが一般的な絵画の表現手段です。普通これらの各方法は他を交えません。油絵の上に水彩絵具で描き足すことはしません。ただ、わざと効果的に他の方法を取り入れる場合はあります。

たとえば、透明水彩の絵にある部分だけガッシュ(不透明)で描く。人物の目などがそうで、透明水彩で淡い透き通る光彩をみずみずしく描き、瞳孔の中のハイライトは滲むとマズイので瞳とハイライト(ホワイト)はガッシュを使う、というように。

絵を描く道具はそれぞれ特色を持っています。アクリル絵具は速乾性で水で溶けますが、乾くと水を寄せ付けません。つまりアクリルの膜を張ります。ですからその上になにを塗ってもはじかれます。(シンナーやアクリル溶剤は除く)クレヨンで輪郭を描いて中を水彩で色付けしようとしたら、クレヨンで描いた輪郭線の上だけ色がのらないのと同じです。

基本は他の絵の道具を併用しないということです。どうしてもしたいなら色面と色面を区別して交わらないように時間をおいて描きわけるしかないですね。そもそも、何故黒の画用紙なのか僕にはまったく解りません。どんな画家でも普通白い画用紙ですよね。色を塗るなら白色を下地にしないと発色がよくなりません。また、色鉛筆というのは色を塗るのに適してませんね。描線ならかまいませんが、線は描くうちに色面となり、無くなります。ですから、色鉛筆は最初に下書きとして薄くアウトラインだけ使って、あとは筆で油や水彩で描いていくわけです。

まず黒い画用紙はやめたほうがよろしいかと思います。どうしても使いたいなら、描く部分を全部白(油かガッシュ)にして、そのうえに色をのせていく。なぜなら、油もガッシュも不透明で下地の黒色を隠してくれます。

投稿日時 - 2013-01-08 02:52:07

ANo.1

オイルパステルはいかがでしょうか。
チョークアート用にたくさん出ています。

http://www.rakuten.co.jp/chalkart/

投稿日時 - 2013-01-05 01:05:21

あなたにオススメの質問