こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ゲーセンのパチ・パチスロは破産予備軍製造機では?

概要
パチンコ屋においてある機械と同じものがゲームセンターにありますが、
あれでパチンコを覚えた子供たちが将来パチンコで身を持ち崩さないかどうか、心配です。
なぜゲームセンターにあのような機械がおいてあるのでしょうか?


詳細
時々ゲームセンターに行きますが、今ではどこでもパチンコ、パチスロ機がおいてあります。
酷い所(私の主観での、ひどい所)では、子供連れ、親子連れ、おじいちゃんおばあちゃん連れで行くような、ショッピングセンター内のゲームコーナーにもパチ・パチスロ機がおいてあります。
せめて、ショッピングセンターのような家族連れで行くようなところには設置しないでほしいと思うのですが・・・。

あれらの機械は、直接出玉に触れないように特別な設定になっていたり、パチンコ店で使うメダルとは違うメダルを使っていたりします。

しかし、設置されている機械は紛れもなく本物のパチンコ屋パチスロ屋に設置してある機械と同じものです。
(こういうことを言うと、詳しい人が、「いや、あれはそれぞれ別個に風俗営業法の承認を受けているので、厳密にはゲーセン用とパチンコ屋用とは別の機械なのです、云々カンヌン」と知識をひけらかすでしょうが、それは無視します。見た目は全く同じ機械であることには間違いありません)

小中学生が、ハンドルに爪楊枝を差し込んでハンドルを固定して、大人のパチンカー気取りでふんぞり返って腕を組んで台を眺めていたり、幼稚園ぐらいの子がおじいちゃんおばあちゃんと一緒にパチンコをしていたりする姿を見ると、
「この子らは、今、頭の中で
 『あー、こんなゲーセンのパチンコじゃなくて、本物やりてぇ
 せめて高校生ぐらいになれば年を誤魔化してパチンコ屋に入っても店員も見逃してくれるのになあ』
 などと考えているのではあるまいな」
と思ってしまいます。

ゲーセンのパチンコパチスロの大当たり確率の設定がどうなっているのかは知りませんが、
少なくとも
『ゲーセンで鍛えた腕でパチンコ屋に乗り込めば、俺もパチプロだ!!』
などという夢が叶うほど世の中甘くはないでしょう。

ゲームセンターにおいてあるパチンコパチスロ機はパチンコ屋への誘い水なのでしょうか?

パチンコ屋にとって、小中学生のころからゲーセンのパチンコに慣れ親しんでもらって、
『早く大人になって本物のパチンコをやりたい!!!』
と思ってもらうのは願ってもない事なのでしょうか?

投稿日時 - 2012-12-30 20:16:05

QNo.7868717

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

依存症に陥りやすく危険です。

パチンコにしろ在日韓国朝鮮人経営です、日本人を堕落させ楽しんでいるような物です。

パチ屋の経営者に聞いた話です、日本人は文化水準が低く馬鹿が多いだからパチンコが流行る、3人ほど知っていますがみんな似たような事を言っています。

パチンコ好きは馬鹿にされるために無駄にお金を使い堕落していくにすぎません、それを見てあざけり笑っているのは経営者です。

ゲームセンターにしろ避けたほうが賢明です。

投稿日時 - 2012-12-31 18:49:13

お礼

ご回答ありがとうございます。

馬鹿にされながらお金も巻き上げられているんですね。
情けない限りですね。

ゲームセンターのパチンコ設置は止めてもらいたいですね。

投稿日時 - 2012-12-31 19:22:41

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

確かに小中学生が打ってるとキレイな景色ではありませんね。

でもどうだろ?
実際玉が出てくる訳じゃないし(カウンターで計数ですよね)、換金する訳じゃないから、
そこまでの依存性はないように思います。

投稿日時 - 2012-12-31 04:51:17

お礼

ご回答ありがとうございます。

そこまでの依存症は無いですか。本当にそうならいいんですけどね。

投稿日時 - 2012-12-31 10:39:29

ANo.1

>ゲーセンのパチ・パチスロは破産予備軍製造機では?

↑イイエ、破産予備軍機ではありません。

パチ・パチスロで破産した馬鹿者達は「安易な貸付けを行ってた消費者金融(サラ金)」に安易に手を出して遊んでたから破産するような馬鹿者を大量に作り出したのです。

その、証拠に大型パチンコ店の近くには「サラ金各社の無人契約機」が当たり前のように設置されてたことをご存知でしょうか?

一般的には、パチンコ&パチスロは小遣いの範囲内で遊ぶものですが、手軽にサラ金各社が貸付けてたことで、多くの多重債務者を出してしまったからパチンコ破産者を増やしてしまっただけです。

なお、私自身は40数年前の電子専門学校生時代にゲーセンでバイトをしてた経験と電子回路の知識を活かすために、某ゲーム機製造メーカーに就職しましたが、パチンコ台を改造して定められた時間内に10個以上入賞させると景品が景品口から出るゲーム機を出しました。

しかし、思ったほど人気がなくヒット商品にならなかったことで、このパチンコゲーム機は製造打ち切りになりました。

その後、他社で出した「スペース・インベーダー」というテレビ・ゲーム機が大ヒット商品になりましたが、インベーダー機に長時間興じて1日に1万円以上のゲーム代を費やす馬鹿者もいたのです。

ただ、当時のパチンコ機は「役物がチューリップ」で手打ちハンドルだったせいか、短時間で大量出玉を期待することが出来ず、長時間に亘り夢中になって遊ぶ人は少なく、借金してまで遊ぶ遊技性ではありませんでしたから、パチンコ遊びで破産した人は聞いたことがなかったです。

ところが、この数年後に「フィーバー機」という、絵柄が揃うと一気に大量出玉が得られるパチンコ機が世に出されると、一攫千金を夢見る馬鹿者が夢中になってしまい、時を同じくしてサラ金各社が増え始めました。

当然、借金してまで大当たりを夢見る馬鹿者が激増したので、パチンコ業界やサラ金業界は急成長したのです。

しかし、サラ金の「グレーゾーン金利」が問題視されるようになってからは、サラ金の貸付け基準が厳しくなり、借金が出来なくなったことで4円パチンコ&20円パチスロ客が激減し、今では「1円パチンコ&5円パチスロ」が当たり前のように増えてます。

要するに「安易な借金が出来ない世の中なら」パチ・パチスロ破産者を生み出すことはないのです。

投稿日時 - 2012-12-30 22:15:42

お礼

ご回答ありがとうございます。

確かにパチンコ中毒者に安易に金を貸すサラ金闇金もいけませんね。
だからと言ってパチンコ屋にパチンコによる中毒者、生活破綻者を産み出す原因、責任が全くないとは言えないでしょう。

投稿日時 - 2012-12-31 10:38:57

あなたにオススメの質問