こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

「とすれば」と「たら」の違い

外国人に日本語を教えています。
「とすれば」を使って文を作ってもらったら、

お金があるとすれば、家を買いたい。
飛行機で行くとすれば、もっと速いでしょう。

のような「たら」を使うべき文がたくさんありました。
どう説明したらよいのか、困っています。
「とすれば」と「たら」の違いを分かりやすく教えていただけないでしょうか。

投稿日時 - 2012-12-07 16:21:25

QNo.7834055

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

参考URLに、文法的な説明があります。
http://okwave.jp/qa/q841716.html
(一部抜粋させていただきます)
1. 【…としたら】
 接続詞「と」+動詞「する」(連用形「し」)+助動詞「たり」(未然形「たら」)で、口語体。原則として順接の仮定条件を表す。
2. 【…とすれば】
 接続詞「と」+文語は動詞「す」(已然形「すれ」)、口語は動詞「する」(仮定形「すれ」)+接続の助詞「ば」。文語・口語とも同体。
 原則として順接の確定条件や恒常的条件だが、逆接の確定条件を表す場合もあるが、一方ではいわゆる仮定条件がないとも見れるか。

【…としたら】の用法は非現実的な仮定条件の場合でも使用可能だが、【…とすれば】の用法は非現実的な仮定条件では使わないという事でしょうか。
例文をみると、
1 「お金があるとすれば、家を買いたい。」
  実際にはお金がないがお金があった場合には、という非現実的な仮定の話ですから、「お金があったならば、家を買いたい。」となる。
2 「飛行機で行くとすれば、もっと速いでしょう。」
  実際には飛行機では行けないが飛行機で行けた場合には、という非現実的な仮定の話ですから、「飛行機で行くならば、もっと速いでしょう。」となる。

【…とすれば】の使用例としては、「本を1冊選ぶとすれば、夏目漱石の『こころ』を勧めたい」。この場合は非現実的な仮定ではなく、単なる条件ですから、【…とすれば】でも【…としたら】でも使用可能です。

英語で言えば、仮定法過去のif文は【…としたら】であり、【…とすれば】ではないということでしょうか。

投稿日時 - 2012-12-07 17:55:21

お礼

大変分かりやすく説明してくださいまして、どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2013-03-20 15:04:46

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ごめんなさい。
例文のところが、【…としたら】になっていなかったので訂正します。

例文をみると、
1 「お金があるとすれば、家を買いたい。」
  実際にはお金がないがお金があった場合には、という非現実的な仮定の話ですから、「お金があったとしたら、家を買いたい。」となる。
2 「飛行機で行くとすれば、もっと速いでしょう。」
  実際には飛行機では行けないが飛行機で行けた場合には、という非現実的な仮定の話ですから、「飛行機で行ったとしたら、もっと速いでしょう。」となる。

投稿日時 - 2012-12-07 18:52:41

あなたにオススメの質問