こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

日本とアメリカの大学進学について

こんにちは。

初めて投稿させていただきます。




私は日本に住む高校2年生です。

進学校に通っています。


先日3年次コース選択希望調査などがあり、進学についてとても悩んでいます。




実は私は日米ハーフです。




そこで私の悩みとは

日本の大学へ進学するのか、アメリカの大学へ進学するのか

どうしようかということなのです。




現在、私は国公立薬学部志望ですが、

正直言いますと、進研模試判定D~Eランクです。


志望校に合格する見込みはほとんどないでしょう。




そこで両親に相談したら、アメリカの大学の話があがって

最近、アメリカの大学にも興味をもつようになりました。


SAT(アメリカの入学試験)の対策の本を購入したり、

ホームページの会員になったりして

アメリカの大学について調べています。


SATの数学試験は日本でだいたい中学校レベルぐらいでしょうか。

数学が苦手な私でもほとんど解けます。


しかし、国語(英語)はとても難しいです。




両親、特に母親は、はっきり私にどうしてほしいのか言ってくれません。


母親は「そうねぇ。どっちがいいんだろうねぇ・・・と言うだけです。

しかし、二人の雰囲気からどうもアメリカの大学へ進学してほしいような気もします。




私の今の予定・計画を簡単にまとめておきます。

(1)国公立薬学部志望(センター・二次試験を受験)

(2)数III・Cまで習うコースを希望

(3)志望校不合格の場合、アメリカの大学に進学予定




もし、私がアメリカの大学に進学するとはっきり決めた場合、

数III・Cはいらないじゃないですか。



習うことは無駄だとは思いませんけど、

難しいこと習うより自分の勉強(SAT試験勉強etc)をしたほうがよいのではないかとも思うんです。



また、父親からアメリカの大学のことについていろいろ聞いています。


日本では経済学部、教育学部など学部がはっきりと決まっていて

変更するには一苦労かかりますが、

アメリカの場合は、たくさん科があって選択できるときいています。




私はハーフだと言いましたが、

実は英語は日常会話ほどしかできません。

将来、英語ができるようになるにも

1人アメリカへいって困ったほうが良いのかと思います。



ここで私が質問したいことは.....

(1)アメリカの大学進学を考えていることを担任の先生に相談すべきでしょうか。

(2)先ほど言ったように、
 日本の大学に落ちたからアメリカの大学へ行こうという考えは良くないでしょうか。
 はっきりと、どっちへ行くと決めたほうがよいのでしょうか。

(3)実際、日本の大学へ行かず、アメリカの大学に進学された方がいらっしゃいましたら、体験・お考え などお聞かせください。

長文で、ところところ説明不十分で分かりにくいと思いますが、どうかアドバイスをお願いします。

今月(12月)下旬に3者面談がありますので、早めのご回答は大変嬉しいです。

投稿日時 - 2012-12-04 17:38:13

QNo.7829615

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.2

(1)アメリカの大学進学を考えていることを担任の先生に相談すべきでしょうか。
 担任の先生がどんな方か存じませんので、軽率には言えませんが、あなたのことを考えてくれる方、学校の進学率を高めるという目的を持っていない方なら、相談すべきですし、そうでなくても、相談した方が無難だと思います。後に禍根を残さないこと、そして、堂々と自分の考えを語り、自分に間違いのないのなら、そこに進んでいってよろしいと思います。

(2)先ほど言ったように、
 日本の大学に落ちたからアメリカの大学へ行こうという考えは良くないでしょうか。
 はっきりと、どっちへ行くと決めたほうがよいのでしょうか。
進路の悩みはつきませんね。でも、あなたの文章を読んでいると、薬学志望だというのはわかるんですが、将来何をやりたいのか、将来自分はどのように生きたいのか、どこで生活し、何をやっていきたいのかが見えてきません。そこが大事です。
 日本の大学にもいろいろあるように、アメリカの大学にもいろいろあります。はっきり言って荒廃している大学、向学心に燃えた学生が集まる大学、保守的で誇りの高い大学(実は私はそういう大学で学びました)などいろいろあります。本当に行きたい大学があるのなら、そこを志望すればいいのであって、日本の大学に落ちたからという言い方は、私はよくないと思います。
日本のX大学が第一志望、アメリカのY大学が第二志望というような心意気があってほしい気がしました。(勝手なことを言ってすみません)

(3)実際、日本の大学へ行かず、アメリカの大学に進学された方がいらっしゃいましたら、体験・お考え などお聞かせください。
私は日本の大学もアメリカの大学・大学院(少しだけ)も行きましたが、先ほど言ったように、アメリカの大学もいろいろです。しかし、一般論で申し上げますと、しっかり勉強しないと、進級もできないし、何よりも読書力がついていないと、やっていけません。逆に、日本の大学はゆるいと言われますが、しっかりと勉強している大学、勉強している学生はいます。あなたが、何のために大学へ行くのか。考える必要があると思います。もちろん、大学へ行かないという選択肢もあるはずです。

日本では経済学部、教育学部など学部がはっきりと決まっていて変更するには一苦労かかりますが、
アメリカの場合は、たくさん科があって選択できるときいています。

かつてのアメリカの学部(4年制大学)卒は、今の大学院卒になっている感じがします。どういうことかと言いますと、大雑把ですが、4年の間に専門を見つけて、大学院で学ぶという考え方が大きくなってきたのです。日本では早めに(受験時に)決めてしまいます。これがいいのか悪いのか。日本の理系は6年(学部4年+大学院2年)が多くなってきましたが、文系は4年で社会へ出ることが多いですね。つまり、アメリカでは6年のところを、日本は4年、理系は6年が主流になってきたということです。専門分野は、後に遅らせても、結局それなりの時間がかかってしまいます。早めに専門分野をものにして、勉強できるのもいいかもしれません。いつまでも伸ばし伸ばしにしていると、結局専門分野の勉強ができないなんていうことにもなりかねません。
早めに専門分野を勉強したいのか
それを遅らせてでも教養を身につけたいのか(そういう人が理系をめざすのにもかかわらず数IIIを勉強しなくてよいなどと考えていてはやや矛盾かと思いますが)
ということでしょう。

あまりたいしたアドバイスにはなりませんが、少しでもご参考になればと思って書きました。

投稿日時 - 2012-12-04 18:19:34

お礼

遅くなってすみません。

進路についてまた新たな視点でみることができました。
自分が進路についてかたよった考えをもっていたことにも
気づかされました。

まだはっきりとどうするか決めてませんが、
とても良いアドバイスをありがとうございました。

投稿日時 - 2012-12-18 19:01:50

あなたにオススメの質問