こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

伝説のラジオ番組・・オールナイトニッポンの今と昔

今をときめく芸人や歌手・有名人がパーソナリテイ―を努めた・・

言わずと知れた深夜のラジオ人気番組、ニッポン放送のオールナイトニッポン

歴代パーソナリテイは数有れど・・やはりネットなど無かった80年代が

最も旺盛を極めた時代かと推察されます。

そこで・・幾多あまた居る歴代パーソナリテイの社会現象にまでなった

エピソード・伝説etc・・をお教えください。

当方は30代半ばなので話は聞いたことは有りますが、リアルタイムな様子は

残念ながら知りうることができません。

やはり王道は北野武?タモリ?所ジョージ?期間の長さならユーミン?

今をときめく福山雅治やナイナイは現在進行中・・

キラ星のごとく輝く歴代パーソナリテイとその当時の人気がうかがえる

エピソードを併せて是非お教えください。宜しくお願いします

投稿日時 - 2012-12-03 22:53:48

QNo.7828541

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

当方、48歳です。オールナイトの出会いは昭和50年代です。オールナイトの帝王と言えば、やはり笑福亭鶴光師匠でしょう。
女王は、中島みゆきさんだと思います。
私の時代には他に
所ジョージさん、長渕剛さん、桑田佳祐さん、谷山浩子さん(2部)などがいらっしゃいました。

投稿日時 - 2012-12-03 23:26:36

お礼

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-12-09 23:24:39

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

オールナイトニッポン、開始当時の4時間時代から聞いていましたが、つい最近、聞くのを止めてしまいました。最後まで聞いていたのはナイナイでしたね。中学の頃からですから、ほぼ40年ですね。

私にとっては、オールナイトニッポンの顔と言えば、カメ、アンコーと並んで糸居五郎さんですね。糸居さんは日本のディスクジョッキーの元祖の一人だと思います。「こんばんは、糸居五郎ですよ、ゴーゴーゴーアンドゴーズオン」
糸居五郎さんの最後の放送(このときは4時間ぶっ通し)を録音したオープンの10号リールが残って今史が、デッキが壊れちゃったので聞けません。

誰も覚えていないので、幻聴かも知れないんだ土、4時間時代の吉田拓郎のオールナイトニッポンで、泉谷しげるが吉田拓郎のふりをして最後まで喋り通したことがあります。今なら一発でわかるのですが、当時は二人とも若く、割と似たしゃべりで最後にカミングアウトするまで「こいつ、拓郎じゃないけど、一体誰だ」と悩みました。
最近だと、くりぃむしちゅーのオールナイトで小坂大魔王を名乗らせずに登場させて2時間リスナーを不安の渦に巻き込んだのが似ていますね。

鶴光のオールナイトでは、何度かスタジオ収録に行ってクイズで賞金やニッポン放送のボールペンをもらいました。

後、個人的に好きだったのはつボイノリオさんですね。最終回を録音した120噴火セットは宝物です。


もっとも、本音を言うと、谷村新司のセイヤングから始まった「天才秀才バカシリーズ」のファン、こちらは、コーナーだけ抜粋して30時間近いテープが残っている。ナノで、谷村の日はセイヤングを聞いていた。

投稿日時 - 2012-12-05 02:35:55

お礼

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-12-09 23:24:24

ANo.3

こんにちは
オールナイトニッポンは随分昔になりますが、一時期どっぷりつかりました。
いろいろなパーソナリティのものを聴きました。

その中で、タモリの「つぎはぎニュース」のコーナーはご存知でしょうか?
1980年ごろだったと思います。

内容は、聴取者が、某局のニュースをつぎはぎに編集して全く内容の異なるニュースにしてしまい、
笑いを誘うコーナーだったのですが、某局からクレームがきて、3週ぐらいで中止になったコーナーでした。
現在でも 「つぎはぎニュース」で検索するとヒットしますので、内容はそちらで確認してください。

知る人ぞ知る有名なコーナでした。
こんなことが深夜のラジオで許された古き良き時代でした。(結果的にはストップがかかり、許されていませんが・・・)
これを深夜に聴きながら、一人で爆笑した覚えがあります。
よかったら聴いてみてください。

投稿日時 - 2012-12-04 04:15:05

お礼

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-12-09 23:24:32

ANo.1

私にとってオールナイトニッポンと言えば、ニッポン放送の社員がパーソナリティをやっていた1970年前後が一番記憶に残っています(まだ中学生でしたが)。

この時期には、カメ&アンコー(亀淵昭信(後の社長)と斉藤安弘(アナウンサー))が「水虫の唄」(フォーククルセダーズの曲のカバー)をレコードとして出して、オリコンにチャートイン、20万枚以上売れたそうだす。
タレントならいざ知らず、社員がレコードを出してこんなに売れるとは、当時の人気の高さを現していると思います。

投稿日時 - 2012-12-03 23:23:20

お礼

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2012-12-09 23:25:04

あなたにオススメの質問