こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

「なれました」の解釈

「コスプレをバカにするな」益若つばさのセーラームーンに非難の声
http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20121126/Cyzowoman_201211_post_291.html

益若つばささんが、Twitterで『夢のセーラームーンになれました』と発言したことに、
コスプレイヤーやアニメファンから
「コスプレでもなければ、もちろんセーラームーンになれてもいません」と叩かれたそうです。

益若つばささんの「なれました」は国語的に見てどうなのでしょう?

投稿日時 - 2012-11-26 12:44:23

QNo.7816603

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

> 益若つばささんの「なれました」は国語的に見てどうなのでしょう?

 「国語的」 も何も、普通の日本語だと思います。

 益若つばさ という名前は初めて見ましたが、非難の趣旨は、彼女がその衣装を着たんじゃセーラームーンのイメージが台無しになる、という意味合いで行われたのではあるまいかと想像します。

 彼女の発言の内容に対する非難というよりも、「おめーなんかがセーラームーン気取りになって、何様だってんだ!」 という、やっかみに近いものだったのではないでしょうか。

 たとえばマリリン・モンローのそっくりさんが出現したとしても、あくまでも 「真似ている」 だけで、ファンにとっては、本物のイメージを損ねるものだという反感を招くかもしれません。そのような、ファンの心理を反映したものではないでしょうか。

投稿日時 - 2012-11-26 14:23:51

お礼

ご回答ありがとうございます。

益若つばさという名前を初めて目にした点も含めて、ニュースに対しては、ほぼ回答者様と同じ感想を持ちました。

投稿日時 - 2012-11-26 14:47:50

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

セーラームーンのファンとつばさのファンとが重なっていたら特に問題はなかったのでしょう。
セーラームーンはコスプレの定番ですし、コスプレーヤー達には特に思い入れのあるキャラなのだと思います。それを異質な世界から入ってきたつばさが即席に衣裳をかぶっただけで「なれた→(なりきった)」と宣言したのだから、セーラーファン、特に従来のイメージと異なったセーラームーンを見せられたコスプレファンが幻滅し(そんな甘いものじゃあねえだろ!)反発したのだと思います。
いわば、つばさは彼らの世界「コスプレ道」とでもいうものを理解していなかった、わきまえていなかった。そういったことではないでしょうか。
つばさ自身はそのとき「なれた」と感じてそういったのですから、国語的には問題はない表現だと思います。

投稿日時 - 2012-11-26 22:24:13

お礼

国語カテゴリで3名の方が国語的には問題はないと考えるなら問題はないのでしょうね。
私もこの状況での使用法に問題があるとまでは思っていないのですが、国語的に見た場合は・・・。
いや、細かいことを言ってもせんないことですね。

ご回答、ありがとうございました。
参考になりました。

投稿日時 - 2012-11-26 22:32:00

ANo.2

96-nさん、こんにちは。

「配慮」ができない。「立場」を理解していない。と言ったところでしょうね。

「気配り」「失礼のないような言動」はとても大切ですね。

日本語としてはなんの問題もありません。

参考にしてください。

投稿日時 - 2012-11-26 15:09:03

お礼

ご回答ありがとうございます。

ニュースの感想としては、私もほぼ回答者様と同じ感想を持ちました。

投稿日時 - 2012-11-26 15:18:20

あなたにオススメの質問