こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

スポーツのトレーニング

最近『巨人の星』を読んだのですが、うさぎ跳びをしたり、バスの中で足のつま先で立って足腰を鍛えたりするトレーニング方法が見られます。
また、『あしたのジョー』には鍬を片手で持って畑を耕して手首のスナップを鍛えるトレーニングが出てきます。

昔の漫画を読むと、腕立て・腹筋以外のこういう「非科学的」に思えるトレーニングが結構出てきますが、こういうトレーニングは実際に行われているのでしょうか?
うさぎ跳びが身体によくないのは知っていますが、他のトレーニングも身体によいとは思えません。

また、この手のトレーニングをしないとすると、どういうトレーニングをするのですか?

投稿日時 - 2012-11-25 21:52:47

QNo.7815833

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

今から4-50年前だと、学校の部活でも兎跳びをやっていましたよ、その頃のスポーツの指導メソッドは「根性養成」ですから、科学的トレーニングなどそもそも存在しませんでした。

ウォーターローディングの考え方もなく、練習中に水を飲むことも禁止(ラグビー部だけは魔法の薬缶の水を飲んでいましたが)、練習が終わると水道の蛇口から水を飲んだものです。

栄養面も滅茶苦茶で、試合前は敵に勝つにかけて、ステーキととんかつを食べていました。カーボローディングなど言葉もなかったです。

初めてアメフトの中継を見たとき、緑色のコップで何か飲んでいましたが、それがゲータレードを恥じる手知ったときです。その頃、後楽園球場のベンチにはコカコーラがあって、選手達がそれを飲んでいる姿がテレビに流れていました。スペシャルドリンクとしてコーラの炭酸を抜いた物を飲むという考え方もなかったようですね。

と言うように、スポーツ科学自体がほとんど存在しなかった時代なのです。

投稿日時 - 2012-11-25 22:18:12

あなたにオススメの質問