こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

エクセルに詳しい方にお聞きします。

私はエクセルに関し、全くの素人です。足し算・引き算、掛け算・割り算程度しか解りません。
そこで質問ですが、5種類の色の違ったボールを縦4コマ、横8コマ、合計32コマのマスの中に均等に入れます。その5種類のボールは、A:500個、B:1,000個、C:600個、D:1,500個、E:3,000個です。32個のマスに均等にと言ってもきっちり割り切れないので、ほぼ均等で限りなくきれいに割れる分け方が理想です。また、5種類のボールが絶対に混ざってもダメです。
どうかエクセル(関数ですかね)に詳しい方よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2012-11-23 18:00:24

QNo.7812141

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

 後それから、ボールの数が

>均等にと言ってもきっちり割り切れない

という場合には、1箱に入っているボールの数が均等になる事を優先して、余ったボールは箱に入れずに済ますのでしょうか?
 それとも、全てのボールを箱に入れる事を優先して、例え同じ色のボールが入っている箱同士であっても、入っているボールの数が異なっていても構わないとするのでしょうか?

投稿日時 - 2012-11-24 03:53:07

ANo.5

>例えると、箱を6マスにします。ボールの種類を3種類にします。A:40個、B:80個、C:40個の場合、6個の内2個の箱にはAが各20個、Bが4個に各20個、Cは各20個と6個の箱には均等に色の違ったボールが入ります。

>この質問で理解していただいたでしょうか?

 いいえ、余計に解らなくなりました。
 6個の内、

>2個の箱にはAが各20個、Bが4個に各20個、

と入れた段階で、6個の箱全てに20個ずつボールが入っていしまいますから、もし1個の箱にボールを20個ずつ入れようとするのでしたら、Cを入れる箱が無くなってしまいます。

>Cは各20個と

という部分で仰っている「各」とは何処から現れた箱の事なのでしょうか?
 もしかしますと、A20個入りの箱が2個、B20個入りの箱が4個、C20個入りの箱が2個の合計8箱にしたいという事でしょうか?

投稿日時 - 2012-11-24 02:43:38

お礼

kagakusukiさん、申し訳ありません。
〉6個の箱に
ではなく、8個でした。言い訳になりますが、iphoneを使って電車の中で返答していたので落ち着いて出来ていませんでした。本当に間際らしい内容になり申し訳ありません。

Aが20個×2個の箱、Bが20個×4個の箱、Cが20個×2個の箱ですから8個の箱になります。
本当に知りたいのが、32個の箱(固定)に色の違ったボール(何時も色の種類は変わる)を均等に且つ、色が混ざらない様に全ての箱に収める様にしたいのです。

投稿日時 - 2012-11-24 10:56:52

ANo.4

失礼しました。
自分も分かりにくい回答をしていましたね。
では明確に答えてみます。

>どうかエクセル(関数ですかね)に詳しい方よろしくお願いいたします。

  「 そ ん な 関 数 は あ り ま せ ん 」

自分でどのような手順で考えて答えを出すのかを考え、
その手順通りに関数を並べて作るんです。
割り算を示したのはマス一つ当たりどのくらいの数が適当かを見分けるためです。
きっちり分ける数を示したのは、そこからマスの数を増減したとき入る数の目安を見極めるためです。
Excelどうのというよりも、どっちかというと算数の問題に近いですからね。
手順を考えることがこの場合必要になるんです。
泥臭い手順であっても、どのような場合でも対応できる「アルゴリズム」ってのは究極の答えになります。
その泥臭い手順ってが、紙の上に数字を書き込むときに手で計算した方法なんですよ。
どんな場合でも同じ計算方法で答えが出るような、そんな手順(アルゴリズム)をこの場合の答えとしましょう。

#え?それを教えてって…。条件が変わるんだよね。その条件については質問者さんしか分からない状態なので質問者さん自身で考えるしかないんですよ。


そんなですので、とりあえずExcelは忘れて
紙の上に書き込む場合の計算手順を自身で考えてみましょう。
…って、こんなアドバイスになります。

投稿日時 - 2012-11-23 21:37:35

お礼

Cupper-2さん何度も有難うございます。
なかなか難しいですね。と言うか「紙の上で書き込む」事は普段やっているのですが、時間を要するのでエクセルを使って瞬時に出来ないかと思いここに投稿しました。
仕事でこの様な事が頻繁に発生し、短時間で答えを出さなくてはならなかったからです。
エクセルで出来ないのであれば、これまで通りに紙の上で書き込むことをするか、社内にエンジニアがいるので、そのシステムを作成させます。
どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2012-11-23 23:14:40

ANo.3

>エクセル(関数ですかね)に詳しい方よろしくお願いいたします。

   ごめん。
   それってExcel関係あるか?

その質問はExcel以前にどんな手順で分けるかを考えなきゃダメ。
その手順からどういった手法で表を作成するかを決めるんだよ。
素人は素人なりに考えて問題を解決する。
紙の表の上に自分で計算して数字を書き込む方法とかあるよね。
何が何でもExcelの機能を使って解決する必要は無いと思うんだ。

さて、質問者さんならどうやって紙の表の上に数字を書き込みますか。
Excelの機能を使えないなら、それは紙に書いているのと同じ状態ですから
そのつもりで考えてみましょう。

(500+1000+600+1500+3000)÷32=206.25
この結果から各升には200個前後の玉を入れれば良いと分かるはず。
#本当に綺麗に分けたいなら、66個のマスを用意して100個ずつ入れればOK。

投稿日時 - 2012-11-23 19:38:15

お礼

Cupper-2さん、早速の回答有難うございます。
私の質問が下手で申し訳ありません。
今回の質問で5種類の色、個数の違うボールを・・・・としましたが、色の種類が4種類であったり8種類であったり色の種
図で表すともっと説明はしやすいのですが、申し訳ありません。類は頻繁に変わります。また、その個数も変わります。ただ、32個のマスの箱は変わりません。説明がうめくできないのですが、もう少し数を減らして例えると、箱を6マスにします。ボールの種類を3種類にします。A:40個、B:80個、C:40個の場合、6個の内2個の箱にはAが各20個、Bが4個に各20個、Cは各20個と6個の箱には均等に色の違ったボールが入ります。
なぜ、エクセルで自動計算を使いたいかというのは、前述にも述べましたが、色の違ったボールはその都度種類の数が変わったり、ボールの数が変わり、箱の数は32個が固定になるので自動計算が必要です。
この質問で理解していただいたでしょうか?

投稿日時 - 2012-11-23 20:17:57

ANo.2

 仰ることに矛盾があります。

>5種類のボールが絶対に混ざってもダメです。

という事は、ボールをそれぞれの色毎にまとめて配置しなければならないという事ですから、例えば、32コマのマスの中に、Aは左上の隅にまとめておき、Bは右下の隅にまとめておき、・・・・
等という具合に偏って配置しなければならないという事ですが、偏っていながら均等になるように分けるとは、一体どのような入れ方の事を意味しているのでしょうか?

投稿日時 - 2012-11-23 18:49:54

お礼

kagakusukiさん早速の回答有難うございます。
私の質問が下手で申し訳ありません。
今回の質問で5種類の色、個数の違うボールを・・・・としましたが、色の種類が4種類であったり8種類であったり色の種
図で表すともっと説明はしやすいのですが、申し訳ありません。類は頻繁に変わります。また、その個数も変わります。ただ、32個のマスの箱は変わりません。説明がうめくできないのですが、もう少し数を減らして例えると、箱を6マスにします。ボールの種類を3種類にします。A:40個、B:80個、C:40個の場合、6個の内2個の箱にはAが各20個、Bが4個に各20個、Cは各20個と6個の箱には均等に色の違ったボールが入ります。
なぜ、エクセルで自動計算を使いたいかというのは、前述にも述べましたが、色の違ったボールはその都度種類の数が変わったり、ボールの数が変わり、箱の数は32個が固定になるので自動計算が必要です。
この質問で理解していただいたでしょうか?

投稿日時 - 2012-11-23 20:17:11

ANo.1

ちょっと設定がよく判らないのですが、こういうことでしょうか?
・一つのマスには一種類のボールのみが入る
・32個のマスに入るボールの数は出来るだけ等しくなるようにする

32を500:1000:600:1500:3000に比例配分すると2.4:4.8:2.9:7.2:14.4に(ほぼ)なるので、
マスの分配は
A:2個
B:5個
C:3個
D:7個
E:15個
になるのかなと。

投稿日時 - 2012-11-23 18:31:14

お礼

gohteawさん、早速の有難うございます。
私の質問が下手で申し訳ありません。
今回の質問で5種類の色、個数の違うボールを・・・・としましたが、色の種類が4種類であったり8種類であったり色の種
図で表すともっと説明はしやすいのですが、申し訳ありません。類は頻繁に変わります。また、その個数も変わります。ただ、32個のマスの箱は変わりません。説明がうめくできないのですが、もう少し数を減らして例えると、箱を6マスにします。ボールの種類を3種類にします。A:40個、B:80個、C:40個の場合、6個の内2個の箱にはAが各20個、Bが4個に各20個、Cは各20個と6個の箱には均等に色の違ったボールが入ります。
なぜ、エクセルで自動計算を使いたいかというのは、前述にも述べましたが、色の違ったボールはその都度種類の数が変わったり、ボールの数が変わり、箱の数は32個が固定になるので自動計算が必要です。
この質問で理解していただいたでしょうか?

投稿日時 - 2012-11-23 20:16:15

あなたにオススメの質問