こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

HTML4.01 それとも XHTML1.0

初心者ですが、自分なりにHTMLとCSSを勉強してきました。
そこで、Webクリエイター能力認定試験を受けようと思っているのですが、この試験には「HTML4.01対応版」と「XHTML1.0対応版」があり、対策用の書籍も2つに分かれています。
今後のことも考えると、どちらを選択すべきか教えてください。
HTML4.01 と XHTML1.0 の違いを簡単に教えてください。

投稿日時 - 2012-11-13 11:56:43

QNo.7795453

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>じゃあまずは、HTML4.01strictをしっかりと身に付けておいて、それを基本にして他の対応(必要に応じて)をするという姿勢でよいですね。
 それで良いとおもいます。
 HTMLの利点は、多少の文法ミスはブラウザが処理してくれることです。(HTML5では、そのようなときの処理の方法も統一されます。)もちろんそれに甘えてはいけません。
 XHTML--というよりXMLの知識は、HTMLを作成する上でも必要になるでしょう。

 すくなくともWebクリェーターと言う世界では、XHTML(XML)でなければならない理由はないでしょう。イントラネットやアプリケーション開発となるとXHTMLは便利です。
 Extensible (HT)MLですから
<body>
 <div>
  < mydoc:価格表>
   <mydoc:製品名>掃除機</mydoc:製品名>
とかが可能と言うことです。

 HTMLの一番の利点は、習得が早いということです。所詮--HTMLもCSSも手段であって目的じゃないのですから--

 繰り返しになりますが、必ずstrictに絞って学ぶことです。そのときに、HTML4の反省の元に作られているHTML5---(再掲)HTML5 における HTML4 からの変更点 ( http://standards.mitsue.co.jp/resources/w3c/TR/html5-diff )を利用しないてはありません。

★試験の世界は、とても古い世界です。--数年から10年は古いと思ってください。
 HTML4.01の勧告が1999年12月、XHTML1.0の勧告が2000年1月--もう10年以上前の規格です。

投稿日時 - 2012-11-15 11:44:22

お礼

ご回答いただきありがとうございます。
試験を受けるにせよ受けないにせよ、strictはしっかりと学んでおくようにします。
試験が全てではありませんからね。

投稿日時 - 2012-11-15 20:42:51

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

 10年位前は、こぞってXHTMLに移行して、HTML4.01がHTMLとしては最後の使用と言う風潮で、W3Cもそれを標榜していました。
・・・この世界では、なつかしい昔話です。
    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 いまは、世を挙げてHTML5へ突き進んでいます。
 HTML5は、HTML4.01strict!!(tansitinalやframesetじゃない)の改訂版です。
 HTML5には、XMLの文法に従った記述もできるようになっていて、かんぜんにXMLとして使える書き方も存在しますが、多分、よほど特殊な用途でない限り一般化しないでしょう。

 このあたりの事情は、
★HTML5が持つ本当の意味 - @IT ( http://www.atmarkit.co.jp/news/200801/25/html.html )
 などの記事を読んでください。

 私も以前は、一時期XHTMLへ移行の準備をし、いくつかはそれで書きましたが、数年前からHTML4.01strictに戻しました。
 それであっても、基本的にはXML(XHTML)の記述に合わせています。すなわち、閉じタグを省略できる要素であっても必ず閉じる。空要素は</>で括るなどです。これは、私自身がXMLとして他のアプリケーションで利用することもありますが、一番の理由はソースが見やすいからです。

XHTML1.0は、HTML4.01を、そのままXMLにしたもので本質的にHTML4.01と変わらず、strict,transitinal,framesetがありますす。違うのは最初にXML宣言をすること。空要素は</>であること。終了タグは省略できない。の三点です。XHTML1.1になると、transitionalやframesetはなくなり、プレゼンテーションに関わる要素や属性もなくなるなど、いくつか変更になっています。
 したがって、どちらのコースで学ばれようと大差はありませんが、今後のことを考えるとHTML4.01strictで学ぶほうが実利面では効率的かもしれません。しかし、XML(XHTMLの知識が不要と言うわけではありません。)
 HTML4.01strictを身につけておけば、HTML5は難しくはないでしょう。
★HTML5 における HTML4 からの変更点 ( http://standards.mitsue.co.jp/resources/w3c/TR/html5-diff/#toc )
 を理解すれば、すくなくとも(狭い意味での)HTMLについてはすむからです。

 大事なことは、必ずstrictを身につけることです。これはHTML4.01のは時代から変わりません。
『HTML文書を作る場合には、この仕様における、他のDTDセットではなく strict DTD に適合する文書を作るよう推奨する。 ( http://www.asahi-net.or.jp/%7Esd5a-ucd/rec-html401j/conform.html#h-4.1 )』

投稿日時 - 2012-11-13 17:52:51

お礼

ご回答いただきありがとうございます。
じゃあまずは、HTML4.01strictをしっかりと身に付けておいて、それを基本にして他の対応(必要に応じて)をするという姿勢でよいですね。

投稿日時 - 2012-11-13 21:39:08

ANo.2

人が書くならHTML 4.01,機械生成ならXHTML 1.0かなぁ,という気がします。
双方の機能に大きな違いがないので,簡略に書けるHTMLとXMLライブラリが利用可能なXHTML,という意味で。
# HTML 1.1にはruby要素が追加されました。

今後はHTML5へと移行していくことは間違いないのですが,これも
・HTML形式 (非SGML化された)
・XML形式 (XHTML, こちらはXMLのまま)
の2種類の形式がありますが,どちらも基本的な機能に差はありません。

投稿日時 - 2012-11-13 15:46:48

お礼

ご回答いただきありがとうございます。
基本的な機能に差はなくても、使いやすさという点ではHTML4.01ですかね。

投稿日時 - 2012-11-13 21:23:37

ANo.1

WEB初心者ですが・・

翔泳社版「HTMLタグ辞典- XHTML対応」によれば、『・・そこで1998年、より時代に合った規格としてXML(eXtensible Markup Language)が勧告されました。XMLはSGMLという強力なマークアップ言語のサブセットとして考案された、名前(eXtensible=拡張可能)のとおり拡張性・汎用性に優れたマークアップ言語です。・・・中略・・・
そして、XMLの登場でHTMLにも変更が加えられました。HTMLをXMLの文法で定義しなおした XHTML(eXtensible HyperText Markup Language)の標準化です。W3Cによって2000年1月26日にXHTML 1.0が勧告されました。・・』

ここに書かれているとおり、古い/新しいではXHTML 1.0の方が新しいです。

投稿日時 - 2012-11-13 13:25:08

お礼

早速ご回答いただきありがとうございます。
今後、HTML4.01 から XHTML1.0 へと移行していくのなら XHTML 1.0 の方で学習しておく方がよさそうですね。

投稿日時 - 2012-11-13 13:43:51

あなたにオススメの質問