こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

30歳での未経験転職・・・

表題の通りなのですが、やはり厳しいんでしょうかね。。
当方、女で独身です。

現職はSEです。七年間働いてました。まだ退職はしてません。
主にCとJAVAでの開発経験があります。
それなりに面白いと思える時もあるのですが、辞めるか続けるかずっと悩み続けており、今転職しなかったら十年後もウダウダ悩んでそうだなと自分に嫌気がさしております。
それぐらいならスパッと辞めて転職するか!と思うのですが、三十代で転職がそうそう簡単にできるのか?という不安もあります。

ただ、自分の中で挑戦してみたい仕事というのがあり、何と言う業界にカテゴリされるのか分からないのですが、例えば、「TSUCURU」という「ハンドメイド、アート作品を売りたい人と買いたい人をつなぐマーケットプレイス」のサイトとか、オイシックスみたいな企業の仕事に興味があります。
世に出れば需要はあるんだけど、知名度が低くて埋もれている物を世に出して、消費者や或いは企業とつなげてビジネスにする、みたいな仕事です。
お金を動かしたい訳じゃなく、そういう埋もれているけど素敵な物があるなら、世に出すお手伝いをして、必要としている人達と繋げて双方に喜んでもらう、そこからまた新しいアイディアとか商品とかが生まれる、そういうのってすごく面白そうだなと思っています。

SEなんて殺伐とした仕事続けてたから人と人を繋げる、みたいな仕事に憧れているのかもしれません。。
WEBの開発も経験があるので、未経験といえどアピールできるところはあるかもしれませんが、上記のような職種は未経験だと厳しいのでしょうか。(というか上記のような職種は正確には何というカテゴリに属すんですかね?流通??)

詳しい方いたら教えて下さい。(来年には31になってしまうので、挑戦するなら最後かもと焦ってます・・・)

投稿日時 - 2012-11-05 22:03:35

QNo.7783565

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

呼び方は人それぞれ、企業によりいろいろですが、
ECサイトのマーケティング、事業企画、新規事業開発、営業企画、
などのワードで探せばいいのではないですか?

小さな会社やベンチャーが多いですから、
「WEBも分かるしアプリケーションも作れるし、
ユーザーインターフェイスに提言できてマーケティングもできる」
というマルチに動ける人が重宝される世界だと思います。

ただし、浮き沈みが激しい業界ですから、
会社や事業の将来性、経営者を見る目は必要でしょう。

投稿日時 - 2012-11-06 17:06:34

お礼

やはり「ECサイト」とかそこらへんのワードなんですね。

浮き沈みは確かに激しそう・・・。
経営者を見る目はおそらく持ち合わせてないので、事業内容が自分の理想に近いものか、もしくは経営者の理念に共感できるかで判断するしかないかもです。。


他の方々もご回答ありがとうございます!
志が低くて申し訳ないですが、現時点で自分でそういうサイトを立ちあげようとか事業立ちあげようとかいう気はなくて。。
ただ、確かに自分で立ちあげることもできる訳ですから、転職するならそれぐらいの気概は持ってやらないと、事業企画とか営業企画とかは自分で新しいビジネスを提案してプレゼンしないといけない訳ですもんね。

30を節目に転職する人は多いと聞きますが、やはり何かと迷うものですね。
どんな仕事もやってみないと分からないから、この職業一本できてよかったのか(自分は大学時代の就活失敗組なので)、他にもっと人生が豊かになる天職があるんじゃないか、この仕事で定年まで肩身狭くならずに働けるのか、等々。考える事は皆同じだと思います(~~;)
しかしこうやって書きだすと全部自分可愛さの悩みですね。。
一生の仕事にするなら人の為、社会の為になるような仕事がいいといいつつ、こういう考えだから30になっても仕事で悩んでるんですよねー・・・。

40は不惑の歳といいますし、ちゃんともう迷わずに自立した大人になっていたい。。それか開き直って人生を謳歌する不良中年。
後者は性格的に無理なんで、前者目指して頑張ります。
ご回答ありがとうございました!!

投稿日時 - 2012-11-06 17:37:32

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

ANo.9

 経営コンサルティングをしています。現実的な話をすると、いまの仕事を何となく続ける気がしない、自分の中に挑戦してみたい別の仕事があるという曖昧な動機だけで、いまの職を辞すのは決して得策じゃありません。失敗するリスクが大きすぎます。

 でも、いまの仕事を続けてもプログラマー35歳定年説がいまだにありますから、40歳になってもいまの仕事が続けられるかは疑問です。会社幹部になれないかぎり、若い人に取って変わられ、行き場を失う可能性も多分にあります。

 だからと言って、いまの仕事の延長線上にないところに転職すると、一からのスタートになり、それでは頭が柔軟で体も元気な若い人にかないません。その若い人でも就活に苦労していますから、下手をすると転職浪人のまま30代を過ごすことになりますよ。

 貴女が挑戦してみたい仕事は、ネットが普及しているいま、簡単にはビジネスにはならないと思います。埋もれている商品があってもネットをうまく活用すればその情報を広く発信できますし、そのような埋もれている商品を探し出したい人も、ネットで検索すれば簡単に見つけられますから。

 そういう情報の繋ぎ役あるいは斡旋役をビジネスにするのは、難しいでしょうね。価格コムやアマゾンのように大規模な組織に成長させて、大量の情報が集まり、大量の情報が利用されるようになれば、話は変わるかも知れませんが。でも、そこまで大規模な組織に育て上げる自体が難しい課題で、成功する確率はゼロに近いと思いますよ。もっとも挑戦しないと成功もありませんが。

 私が貴女の立場なら、いまの仕事を続けながら収入を得て、SEの経験を活かして埋もれている商品の情報発信と希望者がそれを発掘する手助けをするウェブをプライベートに立ち上げて、試験運用するでしょうね。

 1年それをやって成功する見通しが付かなければ、きっぱりと諦めることです。こういうのは自分でやらなきゃダメです。そのようなことをやっているどこかの会社(もしあれば)に転職して、そのビジネスを成功させるリスクを自分で負うことから逃げていては、うまくいきません。

投稿日時 - 2012-11-06 17:07:57

ANo.7

>表題の通りなのですが、やはり厳しいんでしょうかね。。
>当方、女で独身です。

厳しいかどうか聞いて、どうするんでしょうか???

厳しかったら、あきらめるんですか???

だったら、最初から辞めた方が良いですよ。

そんな人には無理ですから。

年齢もまだ30だし、子供がいるわけでも無いんですよね???

だったら、本当にやりたいならチャレンジすれば良いです。

子供がいるとか、住宅ローンがあるとか、そういう事情があればまた別ですが。

就職が厳しいと思うなら、パートでも無給でも、なんでもいいから雇ってもらえばいいじゃないですか。

就職してからが厳しいと思うなら、人の10倍、勉強すればいいじゃないですか。

それぐらいの覚悟がないなら、やめなさい。

投稿日時 - 2012-11-06 13:54:55

ANo.6

応援したいという立場にいることだけ最初にいいます。
31歳は思われているようなことをするのに最適の年令です。年寄りすぎもせず、若すぎもしない。

ただし、私自身がシステムの世界にいるのでちょっと一言。

自称SEとかプログラマという人たちに言いたいのです。「なぜいま行動しないのだ」と。
 Webを知っています
だったら、そういうサイトをいま作り上げることは簡単ですよね。
Javaでデプロイ、なんていう巨大なことは考えなくていい。javascriptとPHPで十分です。
あなたの思うようなことは、実現することは困難ではありません。

世に出れば需要はあるんだけど、知名度が低くて埋もれている物を世に出して、消費者や或いは企業とつなげてビジネスにする

そういうこと、給料をもらってやりたいと思うのですか。

PHPも何も無しで、無料のブログでやれば全く無料でできます。
URLなんかどうでもいいので、SEESAAだとかFCで作れば、サーチエンジンはすぐに動き出しますよ。

大震災のとき、缶詰のパンを被災地に届けるためのラインを作るようなことをした人がいました。
パンはある、欲しい人はいる、それを届ける費用が足りない、届けてくれる人がいない、というのを、Webでつないだのです。お金を出してくれるひともいて、配達してくれる人もできた。
たしかNHKにも取り上げられたことがあって、どんなに皆が喜んだかという話題だったと思います。

軽量で自在に動く車椅子を開発しようといって町工場はおろか台湾とも連絡してついにでかした人がいました。
ただし、これから打ち合わせに行く、楽しみだなあというメールを出した直後、津波で亡き人になったのですけど、

こういう人たちは、必ずしもWebのプロではなかったのです。
彼らは自分で自動車の修理ができないから車のプロではないといって運転も放棄するような人たちでなかっただけです。
修理はしなくても自在に運転してどこにでも行ったのです。

もしWebの開発法、動きの原理を知っていたら、そしてデータベースの扱いを知っていたら、かれらはどんなに楽に活動できたでしょう。

あなたの思われるようなことは、いままでつながっていなかったものを繋ぐ仕事ですから、既存の商社の範囲ではありません。
どこかに転職してやるようなことだと思わないように。

ボランティアではありませんよ。ベンチャーです。ニーズというものを生んだら、商社がでてきたり卸がはいったりできます。
そうしたら、コンサルの動きをすることでビジネスが発生し、あなたも潤います。

ベンチャーだということを認識してくださいね。
うまくいってもいかなくても月給いくらもらえるだとかそういう考えかただったらよろしくない。

給料もらわないでどうやって生活するんだ? 現職があるじゃないですか。そこからもらってください。
ベンチャー活動は帰宅後だとか休日に走りましょう。
そうしたら、今の仕事に意味が生まれますよ。張り合いになりますよ。

風が吹くところに落ち葉がたまり、堆肥になってゆくのです。
堆肥のあるところを探すのではなく、いまいるところに風を吹かせ落ち葉を集めましょう。
応援します。

投稿日時 - 2012-11-06 13:30:11

>世に出れば需要はあるんだけど、知名度が低くて埋もれている物を世に出して、消費者や或いは企業とつなげてビジネスにする

みたいなモノ、さらいはそれで仕事として継続できることがあると思いますか?

 見て、使って、欲しくなるようなモノなら、ニッチな需要であっても口コミで広がらないということはありません。ネット以前でも、口コミは非常に大きな力があり、企業活動では重視されていました。今の情報の伝わり方は、その当時と比べ物になりません。

 しかし、そういうモノが無いわけではないです。そして、もうあちこちに店があります。たとえば、百均です。殺伐としていますよ。買い叩いて商品を集めてきますから。

 それでも、質問者様が掴んでおられる情報で確かなルートがあるなら、そちらに移ってもいいかもしれません。

 そういうルート自体が、知名度が低くて埋もれているのでしょう。そうであれば、そういう商売方法自体を掘り起こすわけですから、商業的なインフラ作りから始めるわけであり、どうしてもリスキーではありますが、面白いのかもしれません。

 ちなみに、30歳と31歳はほとんど何も違いません。もう20代ではなくなっています。しかし求人などを見る限りでは、35歳までというところも多く、35歳が次のターニングポイントとはなり得るでしょうね。焦ることはありませんよ。

投稿日時 - 2012-11-05 22:40:34

 1と同じ意見だな。 職場に何か不満があるのか?
大抵のことは割り切って適当に流しながら現状の職場のほうがいいじゃないのか?

 どうしてもいうのなら収入はがた落ちですぜ。 だって、そうだろー! 
逆に考えてみてください。 20歳と30歳どちらも未経験といったらどちらでしょうね?極端な例だけど。

 その前に他業種といったら最底辺の介護の仕事しかないと思います。需要が多い割には低賃金だし重労働、だが馬鹿職員は医者並みにプライドは高い(笑) 世間からみたら見下されますよ^^;
 へたすりゃ、コンビニの時給よりも安い。

 悪いことはいわん。現状でいったほうがベターだと思う。

ごめんな、介護の仕事をしている連中には不機嫌かもしれないがオレ的な考えなんで勘弁してくださいなぁ。 でも、事実ですよね?

 わかりやすく介護の例をあげたげど年齢的にも考えて無難に過ごしたほうがいいぞ!

投稿日時 - 2012-11-05 22:37:37

ANo.3

一からになるので出世は確実に遅いとおもいますが、そのような分野は割と外部からの受け入れも柔軟なのかな?というイメージもあります。
たとえばイメージに近いとこだとバイヤーなどの職種も、フリーで自分でやってる人もいるし、会社に所属してやってる人もいますが。webの技術は強いですね。
そういう意味では、飛び込む先としては、『その年齢では遅い』とは思いません。『やりたい』が買われる分野じゃないかな。ただ、給料や条件は今より格段下がり、独身者一人の生活を支えるのもやっとの覚悟はいるかと思います。だから賃貸なら、安い家賃のとこに引っ越すとかも視野にいれていくことも必要かと思います。

投稿日時 - 2012-11-05 22:36:27

ANo.2

40過ぎの会社員です。

「埋もれているけれど素敵なものを世に出すお手伝い」素敵ですね。
ただ、そういった職業は、自分起業すくらいの心構えと人脈、くわえて自分自身のスキルでないとダメです。
「面白そう」とか「アピールできるかも」というのは、雇われる側の発想です。
正直に申し上げて、それでは無理なんです。

そういった仕事は、かなり年配になってからスタートなさって、それなりに成功なさる方もいらっしゃいます。セレクトショップなんて、小規模ですけれど、そういったものですよね。
ただ、そういった職業で成功なさる方は、その仕事を始めるより前から、可能性を持っているんです。
「知名度が低くて埋もれている」けれど「素敵なもの」「一部の人にとっては必要なもの」、それを、どうやって見つけだしますか?
必要としている人を、どうやって見つけだしますか?
その部分こそが大事で、そこを持っていない人には、残念ながらできない仕事です。

あるいは、質問者さまのSEとしてのキャリアでバックアップに回ると仰るなら、先に挙げたような「見つけだす」才能を持っている人と手を組む必要があります。
それもそれで、非常に難しいことです。

そんなレベルではなく、そういった潤滑油的な役割を果たしている企業にSEとして勤めると仰るなら、やめておかれた方がいいですね。
結局、今と同じ内容になってしまいます。

投稿日時 - 2012-11-05 22:35:54

私自身、転職経験者ですが人間関係等で悩んでいない限り
転職は勧めません。

年齢的にも厳しいというか遅いです。

どの業界でもまず未経験で採用してはくれませんよ。

同然、重要なポストに付くことも出来ませんし。

今は貴方が思っている以上に不況です。

同業種に転職するのも厳しいのが現状ですし、仮に出来ても条件は
今より良くないですよ。

投稿日時 - 2012-11-05 22:09:54

あなたにオススメの質問