こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日本語訳を!

お願いします
(19) Thumbs down for The Story of the Eloquent Peasant. Whining, complaining peasant makes a meteoric climb from poor peasant to the pharaoh's right-hand man in this unbelievable tale of rags to riches. After the ninth time, the peasant complains to the pharaoh about all the injustices he has suffered, the reader identifies much too closely with the line "while for him who longs to see it come, death comes slowly." The reader is wishing for a crocodile to come along and swallow the peasant just to shut him up. The pharaoh must be terribly bored to enjoy the peasant's story so much that he rewards him with wealth and status. At least the peasant stopped complaining.
(20) The Egyptians loved music, so there surely would be music reviews. "When I see you my eyes shine and I press close to look at you, most beloved of men who rules my heart. Oh, the happiness of this hour, may it go on for ever!... Never leave me!" If those love-song lyrics don't get your toe tapping, how about these lyrics from a New Kingdom love song? "Oh, night, be mine forever, now that my lover has come."
(21) No magazine would be complete without a horoscope. Herodotus writes, "The Egyptians have ascertained the god to whom each month and day is sacred and they can therefore tell, according to the date of the child's birth, what fate is in store for him, how he will end his days, and what sort of person he will become." The calender had lucky days and unlucky days. The unlucky days were "days of the demons." But if you were born on the 10th day nf the 4th month of the Inundation, your destiny was to live to a ripe old age―now that's a lucky day.
 That's it for this issue. Look for the next edition next millennium, when fall fashions take on a Greek look.

投稿日時 - 2012-11-03 21:19:36

QNo.7780283

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

(19) 「雄弁な百姓の物語」はお勧めできません。 泣き言を言って、不満を述べる百姓は、無一文から大金持になると言うこの信じがたい話の中で貧しい百姓からファラオの右腕の地位に華々しい出世をします。 9回目以降、その百姓は、彼が、被って来たあらゆる不正について、ファラオに、不平を述べます、「他方、それが訪れるのを待ち望むものには、死はゆっくりと訪れる」という一節に、読者は、とても一体感を持ちます。読者は、ワニが、やって来て、とにかく彼を黙らせるために百姓をのみ込めば良いと思います。 ファラオは、ひどく退屈して、その百姓の話を楽しめないので、ファラオは、その百姓に富と地位を褒美に与えます。少なくとも、百姓は不満を言うのを止めました。
(20) エジプト人は音楽が好きだったので、きっと、音楽批評があったでしょう。 「私はあなたに会うと、私の目は輝きます、そして、私はあなたに寄り添い見つめます、私の心を支配する男性たちの最も愛する人よ。 ああ、幸せなこの時間、それが永遠に続きますように! ... 私のもとを決して去らないように!」それらの愛の歌の歌詞で、あなたが、つま先でリズムを取らないないならば、新王国の愛の歌のこれらの歌詞はどうでしょう? 「ああ、夜よ、永遠に私のものでいてください。今、私のいとしい人が来たのですから。」
(21) 雑誌と言うものは、星占いがないと完全ではないでしょう。 ヘロドトスは書いています「エジプト人は、それぞれの月や日がどの神にとって神聖なのか突き止めました、そして、それ故に、彼らは、子供の出生の日付によって、どんな運命が彼を待ち構えているか、彼がどのように一生を終えるか、そして、彼がどんな種類の人物になるか見分けることができるのです。」暦には、幸運な日と不吉な日がありました。 不吉な日は、「悪魔の日」でした。 しかし、あなたが洪水の4ヵ月めの10日目に生まれるならば、あなたの運命は、実りのある高齢まで生きることになっていました ― だから、それは、幸運な日なのです。
この号はこれでおしまい。 千年後の次の号をお楽しみに、その頃には、秋のファッションは、ギリシアの様相を帯びているでしょう。

投稿日時 - 2012-11-04 06:29:52

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2012-11-04 21:24:39

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)